The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
SkyMaxエルボ改造図面第2案総合  SkyMax改イギリス式

SkyMaxエルボ改造図面第2案です。
どうせやるなら赤緯軸をもっと下に配置し、ウェイトを減らす
方が良いと思いました。そのため、赤緯軸を一旦バラシて与圧や
不確定な要素を見直しました。
具体的には与圧板をフライスで削り増しし、妙な片当たりを無く
しました。そして鏡筒取付けプレートを90mm延長し、300FNを
付けた時にお尻がヒットしないようにしました。
また、
イギリス式での使用を考慮し、北端アダプターを取り付けたまま
としました。センター出しが大変で取り外せないからです。

クリックすると元のサイズで表示します

思った程にはアンバランス感がありません。
ウェイトを100mmピラー側へ寄せたのが効いているようです。

晴れにゃいなあ〜
1



2019/7/14  13:13

投稿者:☆男(hoshiotoko)

takiさん

梅雨らしいと言えばそうですけど、日本の天文マニアは実働日数少な過ぎですよね。
機材に走ると言っても、現在は中国や台湾に押されっ放しで、特に制御やソフト対応
の面で非常に遅れてしまいました。ASCOMドライバーやWiFi関連など、
もっと沢山のベンチャー企業が出ても良いと思います。
一方で、
はやぶさ2のタッチダウン中継には笑ってしまいました。( ̄▽ ̄);
NECのリクルート中継かと思っちゃいましたよ。
JAXAとNECの偉業に拍手です!
でも、
スターマンを火星軌道に乗っけてしまうイーロンマスクみたいな人、
日本じゃあ出ないんだろうなあ〜。
根本的な教育システムから変えないと、ああいう個性的な逸材は出てこないのでしょう。

SkyMaxエルボ改のアルミ材料が揃いました。
これだけで結構な重量です。もしかしたら、C−11では鏡筒側が軽くなっちゃうかも。
今回のポイントは、何と言ってもバランスウェイトを100mmピラー側へ寄せていること。
これにより天頂付近を撮影する際、ウェイトが赤経軸の高度調整支持ポイントよりも
南側に来ることです。
タカハシのメリディアンは、何故ウェイトを寄せなかったのでしょう?
鋳物は得意なのですから、バランスウェイトシャフト受けを増設するくらい
朝飯前でしょうに。あれじゃあ、機械としてバランスが悪すぎます。

2019/7/14  10:13

投稿者:taki

☆男さんこんにちは。
なるほど、イギリス式と共通構造という訳ですね。
でもこの安定感だと相当重い鏡筒を載せない限り、イギリス式する必要もなさそうですね。
あと、この赤緯の首を長くする構造は、ご自身でレストアされた赤緯ユニットに相当自信がないととれない勇気のいる構造だと思います。
おみそれしやした。
あー、自分も何か作りたい。




https://masumi-taki.at.webry.info/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ