The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
国立天文台三鷹の宇宙(そら)から4  国立天文台三鷹の宇宙(そら)から

東京都三鷹市にある国立天文台。
ここの社会教育用公開望遠鏡(50cmフォーク式)を保守。
クリックすると元のサイズで表示します

毎年何かしらやっていますが、今回は主に下周りから攻めます。
クリックすると元のサイズで表示します

床を全部ご開帳するのは、ここに設置後はじめてかもしれません。
もの凄い埃、ゴミ、錆びでした。
錆びてはいけない(極軸調整用ボルトなど)部分を特に。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

赤経ギアの心臓部は毎年やっているので流石にキレイです。
クリックすると元のサイズで表示します

オイル循環式だとダラダラ漏れるため、二硫化モリブデングリスに
変更済みです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

駆動モータは、赤経軸・赤緯軸共にPanasonicのデジタルサーボモータ
に変更しました。当初の設計では、日揮電装のモータでしたが、
これのエンコーダが定期的に壊れるためです。
2006年にPanasonicに交換後、一度も故障がありません。
クリックすると元のサイズで表示します

電源系統はそのままに、制御系は全て入れ替えてあります。
クリックすると元のサイズで表示します

Windowsパソコンが無くても、インテリジェントコントローラだけで
動作するのは同じコンセプトです。
クリックすると元のサイズで表示します

インテリジェントコントローラも全部バラシます。
こうすることで接触不良トラブルを未然に防げるのです。
クリックすると元のサイズで表示します

WindowsPCの中も清掃します。
クリックすると元のサイズで表示します

予備に廻ったWindows7_64bit環境HDD。
クリックすると元のサイズで表示します

現在はWindows10_64bitで元気に動いています。もちろんSSD。
この望遠鏡は稼働率が高く(当然ですね!)HDDトラブルから解放
される意味は大きいです。

納入当初はPC-9801をインテリジェントコントローラ、Windows3.0_16bit
をユーザインターフェイスに使っていました。(たぶん日本初)
Windows用PCはIBM製で、不安定な日本語環境に泣かされたものです。
ほぼ同時期にさじサストロパークの103pも作りましたが、
あちらは1999年にWindowsNT4.0に変更してあります。
インテリジェントコントローラはPC9801BXのままとしましたが、
高価なシリコンディスク(今で言うSSD)に変更済みです。
その後は私の手から離れたので分かりませんが。

昨年は火星大接近というイベントが長期にわたってあり、
この50p望遠鏡も大活躍したとのこと。
人目に付く望遠鏡だけにホッとしました。
1994年に稼働し、今年で25年目に突入です。
ちゃんと整備していますから、まだまだ新品同様に活躍できますよ!!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ