The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
観測所のSkyMaxW_E-ZEUSU改+C-14で試し撮り  天体写真(冷却CCD)

10月7日から8日に掛けて観測所へ行きました。
晴れるかと思いましたが、なんとほぼガスの中・・・org
2:30〜4:40だけ晴れ、その後すぐに再び雲の中へ。

今回の目的は、観測所のSkyMaxW_E-ZEUSU改+C-14で何かを
撮影することでした。

やっとC-14を載せられるようになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


試しにM27を撮ってみると・・・デカイ
クリックすると元のサイズで表示します

薄明直前にはM33の中にある、NGC604と言うHU領域付近を撮影。

画像差替え(恒星をよりハッキリと表現)2018/10/10
L=14X300s , R=1X300s , GB=each 4X300s , 115min Total
クリックすると元のサイズで表示します

L画像の半分はガスのために超露光不足ですが混ぜて使いました。
R画像なんか1枚しか撮れませんでした。

NGC604の場所はココ。
クリックすると元のサイズで表示します

600万画素のAPS-Cワンショット冷却CCD+25cmF5.6ニュートン反射で
撮影し、今回のC-14と同じ拡大率にするには450%拡大となります。
クリックすると元のサイズで表示します

APS-Cで2700万画素あれば同等の解像度になるのかな?
う〜ん、やっぱりC-14はいつもの森で粉銀河を撮っていた方が
幸せかもしれません。フード+デュアルドライエア噛まして尚、
補正版が曇るほどの夜露攻撃!!

しかしながら、
極軸が合っている赤道儀に載せて使うことの有難さは感じます。
C-14を安定運用するには、毎回ドリフト法で詰めなければ
なりません。しかも、観測所のSkyMaxWの方が自宅の青いヤツより
何かと調子が良いです。赤緯軸周りが特に。


------------------------------------------

撮影日時:2018/10/07-08
撮影場所:入笠山天体観測所(標高1810m)
天候:2:30〜4:30のみ晴れ、夜露多い
気温:10℃程度
星空指数:80(晴れ間部分)
シーイング:4/5

撮像鏡筒:C-14(35.5cmF11 , fl=3910mm)
カメラ:Orion StarShootMonoV(Sony ICX285AL 2/3inch)
フィルター:US_Orion 1.25inch_LRGB FilterSet
コマコレクター:ジャイアント・イージーガイダーにてF7(fl=2489mm)

赤道儀:観測所のSkyMaxW改_E-ZeusU仕様
極軸合わせ:***
ガイド:50mmF4ガイド鏡 + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.6.5

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:2
フラット画像:L=20 , RGB=each5
フラット用ダーク画像:***

ASCOM Platform 6.4
撮像ソフト:MaxImDL_Pro Ver6.16
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------

0



2018/11/15  6:56

投稿者:☆男(hoshiotoko)

minerさんへ

おはようございます。
コメントは削除してメールを送りました。

2018/10/12  21:56

投稿者:☆男(hoshiotoko)

北杜の犬さん

今晩は。
CCA250にフルサイズだったら最高の結果を期待出来ますが、
粉銀河狙いだと、輝星が四角くなってしまうのですよ。
強拡大で強い画像処理をやるからです。
シュミカセの直焦点撮影は、惑星と同様に光条が邪魔をしません。
支配的なのはシーイングですが、厚いスパイダーは最高の
シーイングでもガッカリな星像になります。
この辺りの感覚は、惑星の眼視観測に通ずるものがあります。

2018/10/12  15:54

投稿者:北杜の犬

遮蔽率はCCA250よりもシュミカセの方が大きいと思いますが、スパイダーの影響が中央遮蔽よりも大きいとは驚きました。目から鱗です。

2018/10/11  20:05

投稿者:☆男(hoshiotoko)

minerさん

今晩は。

”口径なりの描写というか情報量があるように見えます。”

この情報量があるっていう所がイイですね。
なんでC−14と小さな冷却CCDで撮っているかと言うと、
とにかく処理が軽いからです。出来れば100カットくらいスタックしたいので、
フルサイズなど問題外なのです。
後でトリミングするにも、そこに至るまでが大変すぎます。
一連の写真はC−14+F7レデューサーでfl=2489mmで撮っています。
35mm換算では9956mmにもなります。
シーイングが全てと言って良い領域ですが、決まるとぞくっとしますよ!
F7だとやや暗いので、やはり30.3cmF4がベストかなあ?と思っています。
でも、30pと25cmってエラく大きさが違います。
遠征では25cmF4ってのがお勧めです。
CCA250だとスパイダーが厚くて光状が太いのでチョットなあ〜。
強拡大撮影では、やはり薄いスパイダーが良いです。
その点でシュミカセって案外良いですよ。
C−11が1本あると良いかもです。


2018/10/10  23:53

投稿者:miner

C-14の焦点距離は4000mm近いんですね。
この口径だと解像度はシーイングに依存してしまうのでしょうが、口径なりの描写というか情報量があるように見えます。

うちももう少し大口径を導入したいところですが、架台が課題です。
赤道儀の方が運用は楽そうですが、経緯台+ローテータも軽量そうで...

https://miner.at.webry.info/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ