The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
堂平の宇宙(そら)から13  堂平の宇宙(そら)から

技師長の笠原です。
2018年03月13日に接眼部他のバラシを行いましたので書きます。

まず、アチコチ頭をぶつけて危ないので対策。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これで観望会の時に子どもが頭をぶつける確率が減るでしょう。
私でもしょっちゅうやっちゃうので、見た目より安全重視ですよ。

接眼部はサポートスタッフが製作したと思われる改良品が付いています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

メーカ品よりも良く出来ています。
アイピース固定も厚めのリングが入っていて感心しました。
クリックすると元のサイズで表示します

さて、問題は回転機構が全く動かなくなっていることです。
もう、グリスなんかとっくに切れており、ビクともしません。
クリックすると元のサイズで表示します

バラせるところまでバラシ、グリスアップしました。
これで回転は大丈夫。
クリックすると元のサイズで表示します

接眼部が根元からカタカタするのですが、ここは簡単には
バラせず今回は見送り。まあ、脱落はしない構造なので後回し。

コレね、元々の接眼部合焦機構。
クリックすると元のサイズで表示します

今は使っていませんが、ここで合わせた方が数倍、イヤ数十倍
ガッチリすると思いますよ。まだまだ動きました。

えーとですね、
例のバッフル無し鏡筒がどうなっているかと言うと・・・
クリックすると元のサイズで表示します

おお、見事にお空が見えてしまう!
厚い主鏡と秀逸なセル機構があるため、一応はバッフル効果のような
ものはあるでしょう。取説には、なんと手動絞り機構なるものが
あることになっています。
この主焦点は光電測光や分光器で使った訳ですが、ことによると
それぞれに専用の絞り機構を内蔵していたのかもしれません。

カメラをズラすと更に夜空が良く見えます。
クリックすると元のサイズで表示します

主鏡側に1mくらいのバッフルを付けたい感じです。
格段にコントラストが上がると思うのですがね〜。
今年は火星も大きくなるし・・・どうでしょうか?

今日のドーム内は4.5℃と春の陽気で、もはやPCも正常起動。
クリックすると元のサイズで表示します

起動から自動導入操作まで全部確認しました。
3月9日(金)は残念ながら悪天候で観望会が中止になってしまいました。
次は3月23日(金)です。晴れてほしいなあ。
望遠鏡のコンディションはバッチリですよ〜(^^♪
0
タグ: 堂平天文台



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ