The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
C-14+ZWO-ASI294MCで撮ったM100_その2  SkyMax改イギリス式

今朝方撮って来た画像です。
光軸調整後のC-14と、シーイング4/5、Gain250です。

2018/03/13 画像差替え
M100 , Gain=250 , 2X2ソフトビニング , 29X180s , 87min Total
Dark=12 , Flat=4
クリックすると元のサイズで表示します

前々回のデータはココ↓
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/752.html

Gain=400に比べてダイナミックレンジもフルウェルキャパシティーも
約4倍。更にソフトビニングしています。
空の暗さによるDSO天体表現はどうにもなりませんが、銀河中心部の
諧調が確保されているのが分かります。
本当はGain=200で10分の予定でしたが、前記事の通りです。

ゲインを下げて好シーイングで撮ると、発色が改善されるようです。
今回は銀河中のHU領域も表現できています。
Gain=200で10分なら、更に2倍の諧調が確保できそうです。

ZWO-ASI294MC

カラーフィルタがあるとはいえ、最新の裏面照射CMOSでDSOも
狙えることが判りました。
今回はC-14のF7ですから、30cmF4辺りなら余裕の撮影が出来そうです。
1カット露光時間を減らせるため、ラッキーイメージングでなくても
失敗が減り、歩留まりも上がりますね。
1分以内の露光だと、どのカットも結構シャープな星像ですからねえ。


------------------------------------------

撮影日時:2018/03/11-12
撮影場所:埼玉県民の森P(標高830m)
天候:快晴、弱風、結霜無し
気温:-1℃
星空指数:60
シーイング:3/5夜半から4/5

撮像鏡筒:C-14 , 35.5cm F11 SC , fl=3910mm (F7_fl=2489mm)
カメラ:ZWO-ASI294MC (Sony IMX294 Back Side Illuminated CMOS m4/3)
フィルター:無し
コマコレクター:ジャイアント・イージーガイダー
内蔵レデューサをF7位置で使用

赤道儀:SkyMax改イギリス式_E-ZEUSU仕様
ガイド:80mmF5ガイドスコープ + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.6.3
    途中から50mmF4ガイドスコープに変更。

極軸合わせ:PoleNavigator + QHY5L-UM + CCTVレンズ25mmF1.4

ASCOM Platform 6.3
撮像ソフト:Sharp Cap 3.1(Free版)
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------

0
タグ: ASI294MC



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ