The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
堂平の宇宙(そら)から10  堂平の宇宙(そら)から

本記事は2018年03月07日の調査によって加筆・修正されています。
修正箇所を青文字で記入。


極軸調整不可の図
クリックすると元のサイズで表示します

技師長の笠原です。
今回は堂平天文台91cmイギリス式反射式望遠鏡のダメ出し第一弾です。

まず結論から言いましょう。
上記のごとく極軸調整が出来ない構造であります!

・北端・南端軸受け共、二つ割りのメタル受け機構。
    
    +−>自動調芯ボールベアリング受けでした。

・南端はいくらかの球座受けになっている可能性もあるが、
 見たところソリッドに固定されていた。
   |
   +−>球座ではなく、自動調芯ボールベアリングでした。

・北端には方位・高度調整機構が備わっているが、これは据え付け時に
 36°00’22”に調整するためのものであり、設置後に極軸を微修正
 してはいけない。
 |
 +−>理由は・・・ギアトレインが全て極軸ベースプレートに固定
          されているからです。

つまり、北端の調整機構を動かそうものなら、
追尾用ウォームホイールとウォームギアのクリアランスも傾きも
狂う構造である。同様に粗動モータ用平ギアもガリガリ・グチャ!
である。
クリックすると元のサイズで表示します

まさかの二分割メタル受け!
自動調芯ボールベアリングが入っています。
クリックすると元のサイズで表示します

南端部も二分割メタル受けだが、やや球座か
自動調芯ボールベアリングが入っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何故こうなったのか?

この構造では、据え付け時以外の極軸調整が出来ない。
しかも、据え付け時でさえ、極軸を調整後に各ギアトレインの
アライメントを決めなければならない。
なんという構造だ!有り得ないぞ。
私が6時間調査をして、どう考えても、どうひねっても調整不可能だった。
もちろん、南端ピラーごと方位・高度調整など出来る構造物ではない。

<結論>

60年前の設計時、望遠鏡の極軸が何であるのか?
調整機構をどのように作るべきなのか・・・
誰も知らずに作ったと思われる。
地球の歳差運動とか、地震によるズレ、地盤沈下などなど。
全く考慮されていない。
それでも観望会程度はクリアできている。
3.11の時、北端ピラーが一部欠け、ドームがレールから外れたが、
極軸は岩盤に載っているピラーで守られた模様。

当時の機械屋さんを責めても仕方がない。
機械としては良く出来ています。

ベアリングを使っていないぞ
使っています。
60年前の設計時、直径1m越えのテーパーローラーベアリングは
無かった模様。NTNが1.15mの”超大径”ベアリングを作ったという
ヒストリーがあった。これ、ボールベアリングだろうねえ。
よって、
この望遠鏡、大きなベアリングが一切使われていないのです!

”まさかの二分割メタル受け”は、そのような時代背景があってのこと。
円筒コロぐらいは入っているかもしれないけどね。

軸構造に関しては2018年03月08日の記事、
”堂平の宇宙(そら)から12”で詳しく書いています。


良く見ると、ギア軸受けも全部メタル受けです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<機内配線整理を開始>

現状使われていないケーブルがゴチャゴチャと這いずり回っており、
実にうっとおしい。
クリックすると元のサイズで表示します

配電盤の中をチョキチョキぶった切った。
クリックすると元のサイズで表示します

今回はスター・トラッカーケーブルとBNCコネクタバーを捨てた。
クリックすると元のサイズで表示します

赤経軸エンコーダと、
絶対に動かしてはならない方位・高度、調整機構もどき。
クリックすると元のサイズで表示します

ドームは三井造船が昭和37年8月11日に納めた模様。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回はここまで。
2
タグ: 堂平天文台



2018/2/15  8:53

投稿者:☆男(hoshiotoko)

星爺さん

おはようございます。
あまり墓荒らしはやりたくないのですが、
間違った常識、理不尽な圧力があると燃えちゃうんですよね私。
林業の世界でもそうですが、エライ肩書きがあるセンセが出て、
これでいいのだ!って言うと、何故か日本人はひれ伏す。
マスコミもヨイショする。
お医者も学者も、プライドをグチャグチャにするような言い方
で詰め寄ると崩れる人が多いです。
そういう人は本当の先生ではなく、センセですね!
真の実力者は私のツッコミなど余裕で押し返してきます。
74HC132の件など、流石はTさん。
納得しましたから、Tさんは私の先生です。

過日はプロドイトの件有り難うございました。
行ってみましたが、残念ながら油圧リフターは扱っていません
でした。ミスミとモノタロウに相当品がありましたが、
500kg仕様は10万円コースでしたので国立天文台で買ってくれ
とお願いしました。

で、

何をやろうとしているかというと、
公開用50cmカセグレン鏡筒の主鏡バッフル延長なのです。
台内にも意識の高い有能な若者がいて、このバッフルは
やや短いので延長したいとの申し出があったのです。
自分で設計し、工作室で作ってもらって付けるとのこと。
なんだか嬉しくなってお手伝いしているところです。
在野にも有能な若者がいるのですね!

2018/2/15  6:45

投稿者:☆男(hoshiotoko)

minerさん

おはようございます。
世の中触れてはならない不都合な事実ってのがある・・・ん
でつね。ハワイのでっかくて青いのもイロイロ逸話がある
ようですが、私が言える立場にないのでナイショ。

2018/2/15  2:58

投稿者:星爺

岡山天体物理観測所の英国グラブパーソンス社の188cmは、専門メーカーの量産機でまともですが、日本のメーカー製の研究者用は、星男さんのおっしゃる「見よう見まね」が多いですよ。メーカーの責任よりも天文学者の指導が悪いのでしょうね。編集者が墓まで持ってゆくネタですが、最近は白日の下に晒したほうが天文界のためになると思っています。
バッフルについては、昔はどちら様も「無し」のカセグレンばかりだったです。呆れて、脱力して、天文をやめようか? と思った(笑)
バッフルは迷光防止だけでなくケラレを生じさせる絞りでもありますが、ビネッティングで収差が変わるという概念などなかったみたい。もしかしたら、天文書の各種光学系のレイアウト図が、光学エレメントだけで鏡筒やバッフルを描いていないからなのか? と思って、30年ほど前から光学系の図に鏡筒やバッフルも加えるようにしましたが、今はどうなってるんでしょうか? 引退した身なので知りません(笑)

http://tentai.asablo.jp/blog/

2018/2/14  20:32

投稿者:miner

うーうーむ。
なかなか考えさせられる事実ですね!

また機会を作って見学に行ってみます。

http://miner.at.webry.info/

2018/2/14  12:40

投稿者:☆男(hoshiotoko)

星爺さん

今日は。
やはりそうでしたか! 流石 業界生き字引ですね。
それにこの望遠鏡、主鏡バッフルが無いのですよ(-_-;)
星爺さんが泣いて喜ぶようなツッコミ処満載です。
60年前の日本の技術者が、天文学者の指導の下に見様見真似で作ったから
こうなってしまったのでしょうね。
ときがわ町に移管された初期のころ、サポートのアマチュアさんがFLIの
冷却CCDをプライムに付けて撮影しています。
それが現在のパンフレットにあるM1やM81ですが、
私が30cmF4+2/3inch冷却CCDで撮った画像の方が解像しています。
拡大率は同じくらいで、フルサイズ機換算4800mm相当です。

でも圧倒的な集光力はあるし、F18で16300mmというカセグレン焦点での
木星像は案外まともです。カセグレン焦点は流石に測光や分光用途だった
ようですが、本機は”天体写真儀”となっています。
プライムに乾板を付けて撮影するのが主な目的だったようです。
なので主鏡バッフルは不要だった・・・と思いたいですね。(^^♪

2018/2/14  0:53

投稿者:星爺

40年ほど前にTM先生に詳しい説明を受けた時、取材ではないので世間話でよく覚えていないのですが、極軸調整ができそうもないので質問したら、「極軸調整はできるが、ギヤの噛み合せがズレるので、実際にはやれないしやったことがない」とおっしゃっていました。
ギヤの噛み合わせとは、おそらく赤経軸のウォームホイールと周辺のギヤのことだと思います。まぁ、仰角は治具をうまく作れば搬入の時になんとかなるのでしょうね。方位はたぶんアンカーボルトのバカ穴の範囲で動かすのでしょうね。乱暴ですね(笑)
この91cmでKH先生が撮った写真集が出版されたことがありますが、とんでもないほど非道い写りだったので、その程度の望遠鏡だった可能性もあるのかも?



http://tentai.asablo.jp/blog/

2018/2/12  21:28

投稿者:☆男(hoshiotoko)

minerさん

今晩は。
そう思って階下のピラー下部を見て回りましたが、
ありませんでしたねえ〜。
本機のメタル受け部は素晴らしく良く出来ておりますよ。
与圧のかけ方や、抜け止めロック機構など感心しました。
ベアリングを使わない、そもそもベアリングが入手出来ない
場合、材料の知識も総動員ですね!

2018/2/12  19:18

投稿者:miner

40年近くプロ用機材として稼働していたので、その間の歳差運動は無視できないですよね。
ひょっとして床下に調整機構付きのフレームとか隠れてませんかね?

ボールベアリングも良いですが、メタル軸受もバカに出来ませんよ〜!

http://miner.at.webry.info/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ