The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
堂平の宇宙(そら)から9  堂平の宇宙(そら)から

堂平天文台91cm反射望遠鏡改イギリス式

クリックすると元のサイズで表示します

技師長の笠原です。
イヤ、この”改”ってところが大変で難儀するんですよコレハ。

スペックと経緯です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現在、月2回の定期保守を実施しているのですが、
1日で出来ることはごく僅かです。
少しずつ、チョットずつ悪い所を直して行きます。

2017年12月25日 主鏡カバー開閉電源用スライダック交換
クリックすると元のサイズで表示します

55年前の東芝製スライダックですが、もうボロボロでした。
右が交換した新しいものです。

主鏡の蓋は花弁式開閉機構となっています。
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、これが副鏡部
クリックすると元のサイズで表示します

プライム焦点には2インチカメラが付くように改造されています。
クリックすると元のサイズで表示します

副鏡を取り外してコレクターレンズなどを入れますが、
上のホイストを使って行います。最近はやっていないようです。
クリックすると元のサイズで表示します

赤緯軸粗動機構はバランスウェイトの中に組み込まれています。
まずは、バランス崩れ対策。ロープも張ります。
クリックすると元のサイズで表示します

ウェイトの蓋をクレーンで吊って外します。
クリックすると元のサイズで表示します

キャットウォークへ退避
クリックすると元のサイズで表示します

これが赤緯軸の粗動モータです。
クリックすると元のサイズで表示します

分かりますかね?右下奥のギザギザクラッチ。
直動ソレノイドで粗動モータの動力を繋げたり、切り離したり
しています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

赤緯軸ロータリーエンコーダがこんな所にあります。
クリックすると元のサイズで表示します

赤緯軸のスリップリング機構
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エンコーダケーブルは流石に直出しです。
クリックすると元のサイズで表示します

赤緯軸微動はタンジェントスクリュー式で、±2度しか動きません。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何枚ものフロッピーメディアがディスク面クラッシュしていました。
今時はフロッピーメディアの取り扱いを忘れていても・・・
いや、もしかして知らなくても? 全く不思議ではありません。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フォフォフォ、 露骨に書いてしまった。(V)o¥o(V)

動態保存が出来れば良いと言うけれど、
それってか〜なり大変なことですよ。55年前の機械ですから。
今日のドーム内は、−1.5℃と大した冷えではありませんでした。
それよりも、雪が凍結して道が怖いですよ。
本当にツルッツル!!
1
タグ: 堂平天文台



2018/2/19  6:33

投稿者:☆男(hoshiotoko)

星雲志さん

おはようございます。
黄色いテープは実に役に立っております。
この望遠鏡はもう観測用ではありませんが、動かせる
限りは動いていてもらいたいです。
街の予算も付かないため、必要最低限の動態保存に
なっています。でも、それでは仕事として成り立たないため、
イロイロ工夫をしています。

2018/2/18  16:33

投稿者:星雲志

FDDドライブは懐かしいですね。初期の東芝ワープロ機は8インチのFDDで、データを読み取る音がギコギコしていたものです。

黄色は注意喚起の書き込みには最適の色ですね。FDD全盛期の時は、この注意書きは不要でしたが、今時のパソコンしか知らない人にはこの通りに操作してもらう必要があります。

2018/2/9  0:00

投稿者:☆男(hoshiotoko)

minerさん

まだドライバ関連が出来ていないので、今週は無理ですねえ。
また、IMX294MCを使ったカメラを買ったので、
それが来てからですね。このセンサのポテンシャルは高そうです。
裏面照射CMOSなので、C-14直焦点でも撮れるかも?

2018/2/8  0:45

投稿者:miner

仕事とはいえ大物の整備は大変そうです〜。
イギリス式つながりとはいえ、例の奴はそういう経緯でレストアされてるんですね。
早ければ今週末登場でしょうか。

PICのアセンブラは16F84A,16A873辺りを使ってましたが、なかなか独特な命令でした。
あとDOS/Vといえば漢字フォントをオフスクリーンエリアに置いてがんばってましたが、当時はそのつくりが好きになれませんでした。(汗)
そんなこともあってPC-98のあとはUNIX系(SONYのNEWSや、NECのEWS等)に行ってしまったので、DOS/VはPentiumPro+WindowsNTくらいまで縁なしでした、私の場合。


http://miner.at.webry.info/

2018/2/7  21:24

投稿者:☆男(hoshiotoko)

星爺さん

今日もドーム内はマイナス3℃一定でした。
天体写真を撮っているときと違い、大きな金属を触る仕事は
かなり寒いですね。
ブログリンクを張らせて頂き・・・って、あれ?
まだ張っていませんでした! すっかり張った気になって
いました。昨日は平時の3倍もアクセスがあったのは、
星爺さんのブログでご紹介頂いたからだったのですね。
凄いなあ〜。
おかげさまで正月早々楽しませて頂きました。
昨日正確に重量を測定したところ、C-14コミで205Kgでした。
北ピラーはなんと61Kg! イイ感してました。

堂平天文台91cmは、今日の調査で大変に面白いことが判明
しました。60年前の設計時、大径ベアリングは一般的で
無かったようです。他にもアレコレ・・・
書いて良いのか悪いのか、え〜い書いちゃえ!
乞うご期待。

2018/2/7  5:32

投稿者:星爺

星男様 すっかりリストアされたスカイマックスのイギリス式赤道儀を拝見しました。楽しみですね! 拙ブログでもご紹介したので、ぜひ見てください。内容に間違いがあったらご指摘ください。シェイクダウンの日には見学に行きたいです。
堂平の91cmの整備もがんばってください。
下に拙ブログ「星爺から若人へ」のURLを掲げます。

http://tentai.asablo.jp/blog/

2018/2/6  8:47

投稿者:☆男(hoshiotoko)

minerさん おはようございます。

堂平天文台のドーム内ロッカーにあった5インチFDをチェック
していたら、N88 BasicコンパイラやQuick Cが出て来ました。
一太郎なども有り、時代を感じました。
PICは私も出現当初からいじっていて、16F84Aで何処まで出来る
のかイロイロ試しました。90s用モータドライバ2軸を1個の
16F84Aで実現するにはアセンブラじゃないと無理でした。
PIC Basic Proも使いやすいですが、追尾周波数生成などの
クリティカル制御が出来ませんでした。

Dos/V黎明期からWindows3.1が出るまでが最高潮に楽しかった。
FIBM_PROの話とか、誰か知らないかなあ〜。

2018/2/5  22:07

投稿者:miner

91cm凄いですね〜。
DSOを撮影してみたいものです!

そして昔話...
じぶんはもう少しだけこっちの世代ですかねえ。
PC-8001mk2でN80-BASICがとっつきでした。
かえってアセンブラを本格的に使ったのは最近でPICマイコンだったりして...。
最近は横着してArduinoですが、なかなか楽しめます!




http://miner.at.webry.info/

2018/2/4  22:45

投稿者:☆男(hoshiotoko)

taki0652371さん

天文屋で8インチと言えばC-8な訳ですが、
FDDとなると、例のズモー、ズモー、ズモー、ガッション、
ガッション、ガッション!って奴でつね。
しかし、
昔掘った蟻塚を、こんな所で再発掘するとは・・・思わなんだあ〜
Zー80とマクロアセンブラには、だいぶ喰わせてもらいました。
さじアストロパークの特製大型デジタルカウンターは、
ROM Disk化したPC-9821からの8bitパラレル信号を4つの
カウンターにカスケード接続してアドレッシングしました。
CPUはZ-80系の高速バージョンだったと記憶しております。
最終的にGUI用PCをPICMGの産業用19inchラックPCに変更し、
WindowsNT4.0にアップグレードしました。
ここまでが私の仕事で、1999年完結です。
今はどうなっているのだろうか?

未だに思うことは、PC-9801系とhpベクトラ系は本当に
良く出来たパソコンだったと言うことです。
PC-AT系の電源や鈑金、アース処理など、どれひとつとして
良いと思ったことは有りません。
でもソフトウェア資産が凄かった。
だから私は1992年以降、Cバスを使わなくなりました。

2018/2/4  22:10

投稿者:taki0652371

☆男さんこんばんわ
私は、TK-80から入ってFM-8、PC-9801といきました。
そして気が付くと、某IT機器のフォームウエア屋さんになってました。
さすがにもう自分では書いてませんが。
アセンブラがあたりまえの時代に育ったのですが、最近の人たちは
ファームウエアでもC言語なので、もちろんアセンブラも知りません。
デバッカーで1ステップずつ解析してた、なんて言っても「何言ってんの?」
の世界です。
ちなみに、まだ個人的には8インチのフロッピードライブ持ってます。
さすがにいつ壊れるかわからないので、媒体は3.5インチに全部コピーしましたが。


http://masumi-taki.at.webry.info/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ