The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
HyperStar 実は凄かった!  HyperStar for C-11関連

光軸を正しく合わせたHyperStar for C-11の威力炸裂です。
まずは、この1枚が全てを物語っているでしょう。

M38付近 , K-1フル画像 , ISO800 , 30sec , JPEG1枚撮って出し原寸
クリックすると元のサイズで表示します

これはC−11で撮った画像であり、28cmF2=560mmです。
30秒のノータッチトラッキング。
原画像は11.8MBのJPEGですが、星団なので殆ど劣化なく1.87MBまで圧縮
出来ました。是非、等倍でご覧ください。

FlatAideでフラット補正。

ISO800 , 8X30s , 4min Total
クリックすると元のサイズで表示します

合焦前のHyperStar画像。
K-1が付いているので同心円状ではありません。ケーブルも3本あります。

K-1フル画像 , ISO200 , 30sec , JPEG1枚撮って出しリサイズ
クリックすると元のサイズで表示します

今回は FUJI X-A1 ミラーレス機でも撮ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します

それではK-1 vs X-A1 HyperStar比較です。

共通データ:ISO800 , 30sec , JPEG 1枚画像

M42 ( K-1 )
クリックすると元のサイズで表示します

M42 ( X-A1 )
クリックすると元のサイズで表示します

M45 ( K-1 )
クリックすると元のサイズで表示します

M45 ( X-A1 )
クリックすると元のサイズで表示します

IC434馬頭星雲付近 ( K-1 )
クリックすると元のサイズで表示します

IC434馬頭星雲付近 ( X-A1 )
クリックすると元のサイズで表示します

NGC2237バラ星雲 ( X-A1のみ )
クリックすると元のサイズで表示します

このバラ星雲は良くピンが来ています。
このくらいバリピンだと素晴らしい結果が期待できます。

K-1とX-A1をとっかえひっかえHyperStarで撮影してこの画像。
どうやら、それ程神経質に扱う必要は無さそうです。
とにかく、しっかりと光軸を合わせること! これに尽きます。

-------------------

続いて直焦点撮影と×0.63レデューサ撮影の結果です。

NGC2419 , ISO12800 , 8X30s , 4min Total ( K-1 直焦点撮影 )
クリックすると元のサイズで表示します

NGC2419 , ISO1600 , 4X120s , 8min Total ( X-A1 ×0.63レデューサ撮影 )
クリックすると元のサイズで表示します

この結果は興味深いです。
直焦点でISO12800のK-1では、球状星団部分が分解できていません。
一方、×0.63レデューサでISO1600のX-A1ではつぶつぶ感が分かります。
良く写る感じがするK-1のISO12800は、やはり解像度と言う観点では良くない
ということです。ISO3200で1カット2分とすべきでした。
K-1直焦点とX-A1のレデューサ撮影では、写野がほぼ同じで比較しやすかったです。

但し、X-A1の方は甘ピンです。
何しろLVで星が殆ど見えず、構図もピントも苦労しました。
K-1ではF10にもかかわらず微恒星が良く見え、とても楽でした。
もちろん、K-1はテザー環境なのでPC上で見ています。
また、×0.63レデューサ・コレクタは周辺星像がサッパリ改善されて
いないようです。APS-Cでも満足ではありませんね。

と言うことで、X-A1での拡大撮影は大変すぎるのでオシマイ。
以下はK-1での撮影です。

トラペジュームにて再度光軸微調整
クリックすると元のサイズで表示します

トラペジューム付近等倍 , ISO800 , 15sec
クリックすると元のサイズで表示します

M42 , F10_2800mm直焦点 , ISO3200 , 7X30s , 3m30s Total
クリックすると元のサイズで表示します

M81 , F10_2800mm直焦点 , ISO3200 , 13X180s , 39min Total
クリックすると元のサイズで表示します

あれま、M42からM81へ振ったら光軸がズレた模様(ミラーが動いたかな?)。
この辺がシュミカセの問題点ですね。大きく振ったら光軸の再調整が必要
と言うのでは辛すぎます。
でも、スパイダーが無いというのはDeepSkyに適していますね。
シュミカセ良いかも・・・

このM81、やはり飯能市郊外でフィルター無しではSNが上がらず厳しい
感じです。天気は良かったので、光害の影響は無視できないということ
でしょう。ちなみに冷却CCDで撮ったM81はこんな感じ↓
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/695.html

今回と同じくらいの処理をした画像がコレ。
クリックすると元のサイズで表示します

ダイナミックレンジという観点で冷却CCDが光害に強いのは確かです。
FITSファイルの処理でバックグラウンドと星雲部分を切り分けることが
明確に出来ますが、今回のK−1ではCameraRAWでRAWから処理したものの、
どうにも切り分けが甘く、全体的に持ち上がってしまいました。
やはり、長焦点でもデジイチには暗い夜空が必要なようです。

M97 , F10_2800mm直焦点 , ISO3200 , 2X180s , 6min Total
クリックすると元のサイズで表示します

2時近くで既に雲が多数出ており、僅か2カットしか撮れませんでした。

以上で今回の”HyperStar検証 ”は一旦終わります。
3
タグ: HyperStar



2017/3/5  16:54

投稿者:☆男(hoshiotoko)

北斗の犬さん

今までは風評でシュミカセを敬遠していましたが、
ちょっと待てよって感じです。HyperStarは傾けても、光軸さえ合わせておけば実用範囲内の像劣化だと感じました。
光軸が合っていないとお話にならないと言う両極端ですね。
F10の直焦点もスパイダーが無いのでスッキリ高解像でした。
今時のデジイチを使えば、もはやF10も十分実用域ですね。
今回の私の作例レベルならミラーシフトも鏡筒の温度変化も
問題となる前に完了してしまいます。

Edge1100だと70万円越えなので、
ノーマルC-11は魅力的です。
太いスパイダーだと系外銀河や微恒星のディティールが出ない
ですから、シュミカセの丸く綺麗な星像は美しいと
感じました。F10の焦点距離ではシーイングが支配的ですから、
太いスパイダーではDeepSkyはボケボケで美しくありません。

2017/3/4  13:13

投稿者:北杜の犬

☆男さん

HypaerStarの100%の実力を引き出されたこと、おめでとうございます。そして、その能力を引き出すことの出来る☆男さんのこれまた才能と努力がまた素晴らしいです。

私は、おっくうな性格なのでニュートン反射ですら光軸をシビアに追い込むことはしません。ニュートンならそれでも使えますが、カセグレン系となると副鏡の倍率がニュートン斜鏡と違って数倍ありますから、調整の難しさがシュミカセの像が甘いのという所以なのでしょうね。ニュートンもカセグレンも中央に遮蔽があることには変わりはなく、遮蔽部分の波に及ぼす影響は同じなんですから。

シュミカセ、できるものならメーカーアジャストでばっちり決まっていて、ユーザーが調整をしなくても良い構造と調整ができないものですかねー。

一つ質問です。大型のシュミカセは姿勢が傾くと光学エレメントが撓んで星像が歪むというのが通説ですが、HypaerStarには影響がありましたでしょうか?もし、なければシュミカセ最高ですね!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ