The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
HyperStar for C-11  HyperStar for C-11関連

HyperStar for C-11がやって来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

製作元のSTARIZONA社によると、HyperStarのカメラアダプターは注文時に
指定するシステムで、かなり特殊なようです。
何しろ、標準的なTマウント接続が確立していない!
えっ!?Tマウントリングが使えないのかあ?
上の写真はNikon Fマウント専用であり、Tリングが付いているのでは
ありません。同様にCanon EFマウント用、Atik用、SBIG用、QSI用などなど、
各カメラ専用に接続アダプターを作っている模様・・・org
Tリング接続仕様にしておけば汎用性があるのに、なぜ故(-_-;)

ま、それならTリングアダプターを作ってしまえば済むことではあります。
現在イロイロと準備をしている最中で、どうやらK−1を付けて
×0.63レデューサ撮影はすぐにでも出来そうな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

ガイド鏡も取付けました。
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえずは、庭撮りサイトのニューアトラクスに載っているVISACと
載せ替えて試写しようと思っています。
クリックすると元のサイズで表示します

------ 追記 2017/02/22 -----

先ほどアトラクスにC-11+HyperStarを取付けたところ、やや重くて
バランスが悪かったため、急きょダンベルウェイトを追加して来ました。

さて、

T2 Adaptor for HyperStarなる商品がドイツのTeleskopService社に在りました。
http://www.teleskop-express.de/shop/product_info.php/info/p4898_T2-Adator-for-HyperStar-C11---EHD1100.html
これが有ると汎用Tリングシステムで使えるので便利ですから、
早速ドイツへ発注を掛けました。作る必要が無くなりました。
本体75.63EUR+送料その他46EUR=121.63EUR(約¥15,000.-)でした。
既に決済済みなので、中3日くらいで届くと思います。

ドイツTelesKopService社のwebによると、このT2アダプターは
T2ネジ付け根から50mmでPerfect focus positionだ!と書いてあります。
HyperStarのバックフォーカスは、HyperStarネジ(M67P0.75?)の付け根
から59.7mmです。私の実測でそうなりましたが、調べていたら
趣味人さんの仕様説明にも59.7mmと書いてありました。
このHyperStarネジ部が7.5mmあり、現在付いているNikon Fアダプター
を実測すると、Fマウント付け根からHyperStarネジ付け根までが13.2mm
となっています。
よって、このT2アダプターの厚さは9.7mmだと思われます。
HyperStarネジが7.5mmのオスですから、かなりギリギリな設計です。
それでもT2ネジの付け根から50mmでPerfect focus psitionならば、
必要なTリングの厚さは、

Canon EF : 6mm
PENTAX K : 4.54mm

ということになりますね。
Canon用は一体型極薄1mmのT2リングが笠井に存在しますが、Kマウント用は無し。
汎用T2リングを削るしかないですねえ。
一般的にT2ネジ付け根から55mmと言うのが汎用T2リングシステムの仕様です。
だから汎用T2リングはNikon_9mm、PENTAX_9.5mm、Canon_11.5mmとなって
いる訳です。適当な製品は全部10mmだったりしますが。
なるほど、
HyperStarの設計者は汎用T2リングのバックフォーカスを知らなかったのか・・・
どうりで正規には汎用T2リングアダプターが存在しない訳ですね。
それでも、バックフォーカス50mmのT2ネジ接続が出来ればどうにでもなります。
EFとKの汎用T2リングを買って内側にM42_P0.75ネジのインシュレータを作り、
厚さをEFは6mm、Kは4.54mmにすれば良いだけです。
はあ、そうだったのかあ・・・
1



2017/2/22  20:39

投稿者:☆男(hoshiotoko)

demioさん

こんばんは。
追記で書きましたが、なんとHyperStarには汎用T2リングシステムが無いのです。
ドイツのTeleskopService社に発注したものでもT2ネジ根本からBF=50mmです。
汎用T2リングは約10mmで、各カメラのBFが45.5mm程度あるため、55mmぐらいに
なるのが普通です。でも、50mmなんですねえ〜コレガ・・・org
まあ、そうと分かれば作れば良いだけの話です。
イメージサークル=φ27mmなのでAPS-Cまでですから、K-1のAPS-Cクロップか、
理想的にはPENTAX KPでしょうか・・・(^^♪
ZWOからはK-5に使っていたSony IMX071を使用したASI071MC-Coolが発売されま
したが、どうなんでしょう?
KPの方が5万円ほど安いし・・・などと他愛もないことを考えております。
いずれにせよ、
HyperStarを活かすには庭撮りサイトでは話になりませんね。
どんな画が出てくるのか楽しみです。


2017/2/22  16:36

投稿者:demio

HyperStarのシステムだとF2と猛烈に明るくなるみたいですね。
補正版に重いカメラを着けると強度やケラレが心配ですがどうなんでしょうか?。
Atikなどの筒状のカメラだと影響が少ないか?。
いずれにせよ、どんな画像が撮れるか興味深々であります。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ