The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
庭撮りサイトの製作4  撮影機材

庭撮りサイトがあっという間に出来たので、早速機材を設置しました。
クリックすると元のサイズで表示します

結局、電気系統はプラ箱に入れて常設としました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

北側から見たところ。
クリックすると元のサイズで表示します

内寸で3.6m×2.7mありますが、狭く感じます。
遠征では壁が無いので自由に歩き回れますが、”観測室”の中では動きに
気を付けないとケーブルなどを引っ掛けてしまいそうです。

冬季限定で鏡筒も付けっ放しにする予定です。
パソコンと冷却CCDだけ持って行けば直ぐに撮影に入れます。
電源はディープサイクルバッテリーですが、太陽光パネルでも付ければ
昼間に勝手に充電できて手間要らずになりそうですね。

昨晩は26S改のセッティングとファーストライトを行いました。
PHD2のドリフトアライン機能で極軸も詰めてあります。
Ready to useな環境は、やっぱ良いわ〜(^^♪
0



2017/1/29  23:05

投稿者:☆男(hoshiotoko)

星雲志さん
昨晩のお山は冷えませんでした。
25Eも無事ASCOMドライバー経由のステラ10で動作しました。
晴れると季節風の西風が強くなるため、SkyMax+イプシロン
が吉だと思います。300FNはチト無理かと。
そんなわけで庭撮りサイトと相成った次第です。
黄色テープを10本置いてきました。

2017/1/29  18:56

投稿者:星雲志

さすがですね。冬季限定とはいえ、極軸までセットしてある望遠鏡は電源を入れればすぐに撮影できるので、観測所という感じですね。春の銀河撮影には最適と思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ