The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
標高1810mの寒空から(その2)  天体写真(PENTAX K-1&K-1U)

いくらK−1が良く写るからと言っても、天体専用カメラには適いません。
HU領域からS2の要素が多くなるエリアは、やはり写りが悪いです。

IC1805 , ISO3200 , 13X180s , 39min Total , SkyFlat=7 , NoDark
クリックすると元のサイズで表示します

IC1848 , ISO3200 , 13X180s , 39min Total , SkyFlat=7 , NoDark
クリックすると元のサイズで表示します

NGC2264 , ISO3200 , 12X180s , 36min Total , SkyFlat=4 , NoDark
クリックすると元のサイズで表示します

うーん、サッパリ写りません。
写っていないものをSI7で処理すると悲惨です。
なので、
CameraRAWでFlatを含めて全部処理したのがコレ↓
クリックすると元のサイズで表示します

エライ差です。
まあ、たった36分で出そうって所が間違っていますが・・・
IC1805やIC1848もCameraRAWで処理すれば結構マシになりそうです。

これらの画像は11月4日にスライディングルーフ内で撮影しました。
E-ZEUSU化したJ型赤道儀にZWO-CN15F4+K-1で撮りました。
当夜は快晴、微風、-5℃でシーイングも4/5と好条件だったため、ガイドも
RMS=0.7"角程度でした。写野中心付近の星像がやたらと小さいです。

そもそも15cmF4にSkyWatcherコマコレF4+K-1ですから周辺減光とケラレが
避けられず、本当なら24mm角で切り出したいところです。
星像も四隅では円周状に伸びています。
それで全画面のフラットを当てているのでキビシイ訳です。
0
タグ: 天体写真 PENTAX K-1



2016/11/12  11:51

投稿者:☆男(hoshiotoko)

demioさん

キャノン系でもノイジーなのですか?
もっともRAWデータというモノはノイズだらけな訳で、
カメラメーカーの画像処理エンジンの腕の見せどころって
領域ですからね。冷却CCDの生データなんかひどいものです。
CameraRAWでの現像時に、カラーノイズと輝度ノイズを50%
削減すると良い感じに仕上がるようです。
フラットは星の画像データと同じ設定で現像し、SI7で処理
しています。Tiff16bitです。
K-1はダークノイズが非常に少ないため、冬期は手抜きでも
良いかもしれません。ダーク減算はRAWでやらないと妙な
ノイズまみれの画像になってしまいますから完璧には仕上がり
ません。まあ、私的には十分ですが。

2016/11/11  22:31

投稿者:demio

こんばんは。
やはりSIで処理すると彩度や透明度が今一ですね。
flatもCamera Rwaで処理できるんですか。
自分もPSは持っているのですがCamera Rwaは使った事がありませんでした。
少し勉強してみようかなと刺激を受けました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ