The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
堂平の宇宙(そら)から5  堂平の宇宙(そら)から

技師長の笠原です。
私がブログでこれらの記事を書くのは、Nikon望遠鏡へのリスペクトと
後世への情報継承のためです。この望遠鏡は日本天文学の歴史そのもの
だと思っております。
なお、堂平天文台関連作業はボランティアではなく、私の会社である
有限会社エイエフテックが、ときがわ町(星と緑の管理委員会)から
正規に受注した仕事であります。

前後しますが91cm反射望遠鏡を動態保存する命題により、
制御用パソコンであるPC-9801を入れ替えました。

PC9801-RX21からPC9801-DX/U2に改装。2台納品です。
OSはNEC MS-DOS Ver,3.30Dの未使用新品。
クリックすると元のサイズで表示します

完全にリニューアル、電源強化仕様です。
需要があるので、まだまだ入手可能です。
クリックすると元のサイズで表示します

望遠鏡コントロールラックとはコンテックのPIO24/24によってI/O通信
を行っています。1992年の大改修でハイデンハイン社のロータリーエンコーダ
を直接PC9801で読み込んでいます。これにより、自動導入の位置決め管理
はPC9801の仕事となっています。
クリックすると元のサイズで表示します

アイ・オー・データ機器のPC9801対応液晶モニタです。
クリックすると元のサイズで表示します

背面です。
PC9801が無くともこの望遠鏡は動きます。
Nikon望遠鏡コントローラとはコンテックのPIO24/24でI/O通信制御を
行っています。追尾周波数はhpのマルチシンセサイザーが作り出しており、
HP-IB(GP-IB)で制御しています。赤経・赤緯にはドイツ・ハイデンハイン社
の超高級ロータリーエンコーダが付いており、PC9801で直接読み取って
位置管理を行っています。数値制御ボードは八王子のメレック社の
C-851を使っています。赤経・赤緯の追尾と微動はオリエンタルモータの
デジタルサーボモータに改装されており、これの数値制御をC-851で
行っています。
クリックすると元のサイズで表示します

1990年にNikonが設計し、1992年に稼働したシステムですが、
まるで私が設計したような構成です。
私が設計しても、おそらくは、ほぼ同じ構成になったと思います。
なので、見ただけで何をやっているのか直ぐに解ります。

望遠鏡の自動導入ソフトはOPDESK.exeというものです。
クリックすると元のサイズで表示します

国立天文台からときがわ町に移管されて以来、この望遠鏡はアマチュア有志
によってサポートをされて来ました。現在でも観望会をはじめ、アマチュアの
サポートが欠かせないです。
ただ、肝心の望遠鏡システムに関してNikonのサポートが得られておらず、
これもアマチュア有志に委ねられて来ました。
私が調査したところ、望遠鏡制御ソフトの原本が何処にあるかわからず、
たった1枚のフロッピーディスクだけでずっと運用して来たようです。
恐ろしい状態ですね・・・

早速システムディスクから複製をつくりました。
クリックすると元のサイズで表示します

この辺は昔掘ったアリ塚とやらで、目をつぶっていても出来ます。

今回はここまでです。
0
タグ: 堂平天文台



2016/10/30  17:54

投稿者:☆男(hoshiotoko)

taki0652371さん

1988年くらいになると仕事でもPC-9801VmとかRX21やDXを使うようになりました。
自分ではアキバの東映無線で買ったUX21を使い、microcosmの24Kモデムでパソコン通信
にハマっていました。NASAのサーバからランドサットや気象衛星で撮影された地球の
画像をダウンロードしていましたね。インターネットメールの署名が4行を超えています
なんて文句を言われた時代です。

ところが、
1990年を境に、いわゆるIBM-PC/AT互換機の黒船がやって来たのです。
Dos/V magagineが創刊され、これまた各号ボロボロになるまで読み漁りました。
Hi-Textや24bitカラーを出せるグラボの衝撃は大きかったです。
何しろ、いままでは16色や256色だった地球の画像がフルカラーになったのですから!
それから画面の解像度。西川和久が出てDisplayDispatchDriver(DDD)を発表。
Vzエディターなどの画面が1280X1024の解像度で出たときはぶっ飛びましたね。

丁度Windows3.0が出て盛んに日本語化が進んだ時代です。
佐治アストロパークの103cm望遠鏡は、丁度その頃から設計に入りました。
98で行くかDosVを試すか・・・
個人ではアキバの若松通商から分離したQuarestCenter若松に入り浸り、
486DX33Mzのスーパーマシン一式を85万円も出して購入しています。
この判断が無ければ、佐治の103cmはWindowsでは動かないシステムとなったのです。
結局メカを98系産業用PCで組み、UIをWindows3.0で仕立てて納品しました。

98かDosVか・・・すべての場面で葛藤があった時代です!

2016/10/30  2:27

投稿者:taki0652371

いやー、懐かしいのがいっぱいてできますね(と、おじさんたちの会話は弾む)。
そうTKですね。モニターに1文字出すのも苦労した時代です。
私もFM-8買いましたよ。というか買ってもらいましたよ。バブルメモリまでは買えなかったので「ピー、ヒョロヒョロ、ピー」でしたが。FM-8もたぶん物置の奥に埃かぶってます。
そのあとPC-9801Eを買いました。FOTRANコンパイルするために当時何十万円もした10MBのバードディスクも。あと当時はオプションだったフローティングプロセッサ。あの頃は16色しか出なくて、衛星画像を可視化するのに色が足りないので、G-RAMにアセンブラで直接ドットを打って、ディザーで疑似カラー表示してました。
当時は、その手の処理をするコンピュータは、HPとかのミニコンでしたから、パソコンで実現したのに驚かれて、教授から「それ卒論にしていいよ」と言われ、嬉しくて夜もほとんど寝ずにプログラミングしてました。
LANDSATがセマティクマッパーを搭載したり、NOAAの画像を処理したり、当時実験段階だった合成開口レーダとかの可視化するのにもっと色がほしくなります。
富士通からFM-77AVが出て当時画期的な32万色でした。これ自体はゲーム機なのですが、これとPC-98をパラレルボードでつないで、FM-77AVをPC-98のグラフィック端末に仕立てたりしました。
当時はPC-98全盛でしたからC−バスにいろんなサードパーティのオプションが次々開発されて、ほどなくPC-98でもフルカラー表示できるようになり、PC-98スタンドアロンで画像処理システムができようになりました。
Windows時代では当たり前のことも、MS-DOSの時代では工夫しないとできませんでしたが、それはそれで出来たときの喜びは大きかったように思います。





http://masumi-taki.at.webry.info/

2016/10/30  0:33

投稿者:☆男(hoshiotoko)

taki0652371さん

さすがにイロイロ持っていらっしゃいますね!
ランドサットの画像は興味津々でした。
将来は壁掛けテレビになってコンピュータ通信で仕事が
在宅となり、山手線がガラガラになるぞなんて言っていた時代
ですね。私はNECのTK-85と言うマイコンキットで育ち
ました。PC-8001が¥168000で発売されたのは衝撃的でした。
Z-80系は未だに新品ボードが買えるという、凄い事実が
あります。中野主一さんが書いたPC-8001による
マイコン宇宙講座はボロボロになるまで読みましたよ。
FM-8のアーキテクチャの美しさに魅せられ、大金¥218000を
出して買いました。実際にはモニターやプリンター、
バブルカセットなどで総額60万円の5年ローンでした。
中野主一さんはFM-8でも天文計算本を出され、大いに楽しませて
頂きました。CP/MからMS-DOSに変わる頃で、ビルゲイツが
IBMに通い詰め、アスキーやソフトバンクが起業されました。
私の卒論、と言うか卒業研究は人工衛星の追尾システムです。
ベアリング1個から買い集めて変形フォーク式赤道儀を作り、
TK-85で当時出たばかりのステッピングモーターを制御
しました。

その後就職して旧態依然とした望遠鏡の制御システムを
片っ端からデジタル化しました。
佐治アストロパークの103cmを設計した時はDOS/V黎明期で、
制御を98にやらせるかIBM系で行くか悩み、制御を98、
ユーザーインタフェースをWindows3.0で組みました。
カウンターやパネル制御はZ-80を6個使っています。
その後すぐにWindows3.1となって安定稼働し、17年前に
98をPICMGの産業用バスコンピュータに置き換え、
WindowsはNT4.0として長期安定システムになりました。

ぐんま天文台の三菱電機製150cm経緯台は未だに98で制御を
やっていますよ。私が作った65cmは納入当初からIBM系FA
ボードパソコンがインテリジェントコントローラとして機械を
動かし、GUIは現在Win7ー64bitです。
三鷹にある国立天文台の公開用50cm望遠鏡もほぼ同じ構成で、
Win10-64bit、SSD駆動のテストを終えた所です。

イヤー、こう言う話を分かって下さる方とのお話は楽しいです!

2016/10/29  11:34

投稿者:taki0652371

☆男さん、KENさん面白そうなので仲間に入れてください。
NikonにしてもPC9801にしても、古き良き時代の作りのいいものは何とか動くんですよね。
実は、私もPC9801DAとPC9821AP2を可動状態でもっています(実はPC9801Eもあるのでが、対応ディスプレイがないので動かせない)。同じPC98でも古い型番の方がしっかり動きますね。PC9821型番は部品の原価を下げたせいか、自分で基板上の電解コンデンサを交換しなければ動きませんでした。
まぁ、PC98なんて今実際に使用することは無いのですが、学生時代の専攻が画像処理で、主にLANDSATなどの衛星画像を処理するシステムをPC98上に作りました。MS-Fortran
とアセンブラで5万ステップを超えるソフトなので、青春時代の思い出としてそれが動く環境を残しかたったためです。悲しいかなその画像処理システムでできることは、現在の市販の画像処理ソフトで、いとも簡単にできてしまうのですが・・・・・。
今も、冷却CCDやデジカメの天体写真を処理するときに、たとえ位置補正やコントラストやガンマ補正をかけるのも昔はどれだけ大変なことだったか、みんな知ってるのかなーと年寄りのような思いを持ちながらやってます(実際歳いってますが)。
そんなPC98も今ではパソコンの世界から消え、今ではみんなLenovo。
でも、FAマシンやこういった制御用コンピュータとして今でもしっかり動いているPC98があるのを見ると、懐かしいというよりうれしく思います。




http://masumi-taki.at.webry.info/

2016/10/28  15:42

投稿者:☆男(hoshiotoko)

KENさん

今時PC-9801だなんてビックリでしょ?
でもWindowsマシンと違って素晴らしく良くできたパソコンなんですよね。
コンデンサひとつ、板金の面取りひとつとっても丁寧な作りです。
グローバルスタンダードとか言う、知ったようなワードに翻弄されて
日本の良い物が消えてゆく。
車だって日本の道を走るにはレクサスよりもベンツよりもクラウンでしょ?
押しなべて平らな世界標準品より、どんなものでも専用品の方が贅沢に
決まっています。KENさん専用に仕立てた望遠鏡とか・・・

な〜んて言うとカッコ良いですけど、
堂平の望遠鏡は二つと無いスペシャルメイド品な訳ですよ。
全方位エンジニアのアンテナびんびんに張り巡らして作業に当たらないと、
とんでもないポカをやることになります。
電気屋ですからとか、メカ屋なもんでとか、光学屋さんだからとか、
ソフト屋ですからとか・・・全部言い訳だよね。
全部できなきゃ車は走らないし、この望遠鏡だって動かない。
何より専門家を寄せ集める予算なんてある訳がない!
プロ機材を譲り受けた地方自治体というのは大変だと思いますよ実際。
私が後世に引き継げるように道筋を付けますから見ていてください。


2016/10/28  3:51

投稿者:KEN

技師長の笠原さん凄いっす!
(何をやっているのかは、実はよく分かってませんが^^;)

それにしても・・・
PC9801&フロッピーが懐かしいぃぃ!
高校の授業(工業高校です)で使ってたのが、確か一番初期のPC9801でしたよ
今でも現役で動いてるんですね〜
なんか感激


http://blog.livedoor.jp/ken196712/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ