The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
IMAGE Transmitter2の使い勝手について  撮影機材

天文ガイド8月号で西條善弘さんがK−1とIMAGE Transmitter2について
書かれていますね。K−1の評価は概ね私が感じていることと同じです。
IMAGE Transmitter2については実際に使っている人が殆どいないため、
私が人柱となってご報告を致します。天ガ記事と合わせてお読み頂くと
理解が深まるかと思います。

IMAGE Transmitter2使用中の図
クリックすると元のサイズで表示します

・K-1 , IMAGE Transmitter2共にアップデートパッチを当てること。

・Win10_64bit , Win7_64bit(32bit) 共に動作検証をパスした。

・LV画像を見ながら構図決め、約16倍程度の拡大画像でピント合わせが可能。

・バルブ撮影時、ISO、絞りの設定が可能。

・撮影画像はSD1、SD2、PCへの同時記録が可能。

・バルブ撮影はマウスでクリックしてシャッター開、もう一度クリックして閉
 なので1カットずつしか撮れない上、撮影時間も人間が決める必要がある。

・タイマーリモートコントローラ機能がない。
 但し、IMAGE Transmitter2を起動したまま市販のタイマーリモートコントローラ
 を使用することができた。これは今回の発見である!
  |
  +−>LVテザーでピントと構図決めを行い、LVをOFFしてタイマーリモート
       コントローラで普通に撮影できる。注意点は撮影間隔を30秒くらい
       空けないと画像転送が上手く行かずにK−1がフリーズする。
       その場合、バッテリーを抜かないと復活しないというオマケ付き。

・IMAGE Transmitter2とPDCU5は連動できる。
 連動させるという指定ができ、1カット撮影するごとにPDCU5へ画像が転送
 される。ここで100%拡大などもできるため、詳細な画像チェックが可能。

・画像転送を行う関係上バッテリーの減りが早い。
 できればACアダプターを使用したい。

ざっとこのような感じです。
ステラショットが対応してくれると有り難いですね!

それでも市販のタイマーリモートコントローラが同時に使えたのは発見でした。
これならばピントと構図をPCで確認後、いつも通りに撮影を行う手順が
成り立ちます。プライムフォーカスなどでは実用的です。

---------------

<今回のテスト環境>

・PC:ThinkPad SL510 Celeron , Win7_32bit , 4GB Memory

・IMAGE Transmmitter2

・E-ZEUS(RS-232C仕様)<-> Buffalo USB-RS232C変換ケーブル
  <-> Buffaloセルフパワー4Port USB HUB <-> Buffalo USBリピーター5m

・K−1(4Port USB HUBへ接続)

・QHY5L-UM(4Port USB HUBへ接続)+ PHD_2.61

・FilterWheel(4Port USB HUBへ接続)但し未使用

・SUPER STAR X

この環境にて常時 SUPER STAR X、PHD_2.61、IMAGE Transmitter2を起動
させたまま、バッテリーが無くなるまでイロイロ検証できました。

4月28日の発売日からの連続検証にて、K−1のポテンシャルは
ほぼ解りました。センサーと画像エンジンはD810Aレベルの性能を持ち、
赤い星雲もかなり写る。ダイナミックレンジが広く画像処理耐性が高く、
フレキシブル・チルト式液晶パネルで防塵・防滴、耐寒-10℃。
念願のテザー撮影ができてGPSとアストロトレーサーも内蔵済み。
RRSで超解像画像が撮れて25万円で買える。

こりゃー凄いカメラですよ。

最近の冷却C-MOSカメラも気になりますが、K−1クラスのフルフレーム機
を使ってみると、デジイチと言うのは凄いのだと感じます。

とは言え・・・

ASI1600MM Coolが気になって仕方がない今日この頃。

ポチリヌス菌に感染しないよう、身の周りを塩素消毒しています。う〜


1
タグ: PENTAX K-1 天体写真



2016/7/10  21:50

投稿者:☆男(hoshiotoko)

demioさん

すごい出撃回数ですね!
この時期は晴れたら出かけないと撮れませんよね。
K-1になってからフラットが難しくなりました。
FSQやCCAなら良いでしょうが、普通の鏡筒では周辺減光とのトレードオフで
せっかく写っている中心付近の画質を落とす結果となっています。
6Dはマウントが大きいのでケラレに強いし、ステラショットもフル対応
なので良いですね。キャノン機はソフトを含めた外堀が埋まっているので
羨ましい環境です。Coold 6Dなど良く出来ていると思います。

2016/7/10  21:05

投稿者:demio

こんばんは。
昨日は私も出かけてきました。
21時頃空を見ると星が出ていたので慌てて出発。
現地には5、6台の同業者がいました。
天の川も見えて県民としては良い星空でしたよ。
実は今週3回も県民に出かけまして2勝1敗。
6日が一番良かった感じです。

K1は天体撮影のポテンシャルが高そうですね。
810A、K1・・悩みますが良く考えてみると自分には6Dがあるのでこれを何とか活用しなければ。

2016/7/10  16:51

投稿者:☆男(hoshiotoko)

星雲志さん

え〜っ! 県民は晴れたんですか?
行けばよかったです。

他にも結構おられましたか?
梅雨の晴れ間は案外空が黒いことがありますからねえ。
県民と言えども侮れないものがあります。
さて今夜は・・・
うーん、微妙なGPVですねえ。栃本晴れるかなあ?

2016/7/10  16:39

投稿者:☆男(hoshiotoko)

eiさん

おお、K−1をポチりましたか! 素晴らしい。
一般写真も天体写真も素晴らしい写りですから楽しみは尽きませんよ。(^^♪
早く遠征デビューさせてあげて下さい。
しかし、
”ポチリ”と入力すると、私のIMEは一番上に”ポチリヌス菌”と表示するのは
何故だろう? ま、いいや。

2016/7/10  14:28

投稿者:星雲志

県民は晴れていました。
24時にはさそり座は沈んでいきます。夏も終わりの雰囲気です(梅雨明け前ですが…)
雨上がりの空だったせいか銀河が比較的よく見えてビックリしました。
南は光害で仕方ないですが、天頂近く、白鳥座の銀河がはっきりと認識できて、こと座周辺の夜空が暗く見えました。

2016/7/10  14:26

投稿者:ei

詳しいレポート参考になります。
ついに私もK1ポチりましたが、天候と休みの折り合いが悪くまだ天体未使用です。
いつの日か遠征をと悶々している今日この頃、☆男さんのK1記事だけが楽しみですw

2016/7/9  22:01

投稿者:☆男(hoshiotoko)

あまぶんさん

冷やしたって下さい!

う〜、アレ? 晴れてんですか? 飯能はベタ曇りですよ。
おー、コレハ栃本晴れて三峰曇るパターンでつねえ。
もう22時かあ・・・
県民は晴れてるのかなあ〜?
明日はエアコンを買いに行く約束だしなあ。

2016/7/9  20:46

投稿者:あまぶん

☆男さん、再度こんばんは。

すみません。先ほどの書き込み軽率だと反省しております、言い訳がましいですが☆男さんが熱くなっていると言う意味で書いたのではなく、ただ冷やすものの一つといえば○○みたいな感じで他意はございません。

ただいま、きれいに晴れてきたようですが、出かけられたのでしょうか、私は明日たまたま仕事なので、庭にて光軸の調整でもと思っています。(これが決まらないから購入に踏み切れない理由の一つです。)

失礼いたしました。

2016/7/9  19:41

投稿者:あまぶん

レポートに感謝!。

これなら、カメラ本体に触れることなく撮影も可能のようですね。

菌の繁殖を抑えるためにも、頭も“ カメラも丸ごと ”冷やしましょうなどと言ってみたりして。(工作!工作!。あっ、梅雨が明けちゃうか?。)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ