The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
県民の森で春の銀河撮り  天体写真(冷却CCD)

昨晩は絶対晴れの気圧配置だったので重機材を持って県民の森へ
行って来ました。demioさんやsekitaさんともお話が出来、久し振りに
楽しい一夜でした。ただし、とても寒かったです!なんと氷点下ですよ。

まずは筒慣らしでM63を撮影中(北東方向はかなり明るいです。)
クリックすると元のサイズで表示します

撮像時間は全て1カット5分です。

M63 , L=10,R=4,G=3,B=3 , 100min Total(シーイング悪いです→5"角ぐらい)
クリックすると元のサイズで表示します

L画像
クリックすると元のサイズで表示します

反転画像(内部構造が面白いほど分かりますね)
クリックすると元のサイズで表示します

NGC4565を撮影中(この方向は結構使えます。)
クリックすると元のサイズで表示します

NGC4565 , L=11,R=2,G=4,B=3 , 100min Total(シーイング良いです→2"角くらい)
クリックすると元のサイズで表示します

L画像
クリックすると元のサイズで表示します

反転画像(NGC4565の向こうに無数の粉銀河が見えます。宇宙は不思議だあ〜)
クリックすると元のサイズで表示します

------------------------------------------

撮影日時:2016/04/11-12
撮影場所:埼玉県民の森駐車場(標高800m)
天候:快晴、強風、結露無し
気温:3℃ -> -2℃
星空指数:60
シーイング:2/5 -> 4/5 , 夜半までは5"角くらい暴れていた。

撮像鏡筒:GINJI-300FN改(30.5cmF4 , fl=1220mm)
カメラ:Orion StarShootMonoV(Sony ICX285AL 2/3inch)
フィルター:Orion 1.25"LRGB Filters
コマコレクター:MPCCV

赤道儀:GN-26S赤道儀改+E-ZEUS改
ガイド:50mmF4ファインダーガイド鏡 + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.50

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

ASCOM Platform 6.1 SP1-6.1.1.2627
撮像ソフト:MaxImDL_Pro Ver6.10
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------

大陸からの高気圧前衛で春の全線が出来、夜半までは5mくらいの風が
吹いていました。上層大気も暴れてシーイングは最悪。
23時頃からはスッポリと高気圧の中に入り、風も止んでシーイングが一気に
改善されました。明け方4時にはもう高気圧の後端となって再び強風が吹いて
来ました。春の天気を読むのは難しいですね。

ダークもフラットも撮りませんでした。
おかげで画像処理に難儀しました。やはり、ちゃんと撮らないとイケませんね。
こんな明るい空では背景がムラになるし、今回は何故かダークムラ?みたいな
シェーディングノイズがかかっていて難しかった。いつもはこんなの無いの
ですが、何か間違ったことをやったか??

バードストライクならぬ、エアプレーンストライクを4発もくらいました。
この狭い写野に見事に一晩で4発。そう言うカットに限って良く撮れていたり
するんだよねえ〜。
0
タグ: 天体写真 PENTAX



2016/4/14  23:51

投稿者:☆男(hoshiotoko)

WCC.No3さん

お褒めいただき恐縮ですm(__)m
自分としては赤緯軸タンジェントスクリューガイドの挙動が許せない状態です。
一応定電圧回路を組んでいますが、サーボではないのでDCモータの回転が
思うように制御できないのです。つまり負荷変動に弱い。
35年前のオリジナル構成のままレストアしたため、現代のオートガイダーとは
相性が悪いのです。天頂に向けるとこのモータがピラーに当たるため、
撮影範囲が制限されるなど、色々問題があります。

NGC4565も、ホントはもっと解像して欲しかったのですが、ガイドグラフが
RMS=1.5"角くらい暴れていましたから、もう一声シャープに写るはずです。
赤経軸はステッピングモータにしてあるので問題なくガイドできています。
あと、
やっぱり空ですよねえ〜・・・
栃本とは雲泥の差です。特に透明度というか、抜けの良さで奥秩父とココとでは
随分と差があると感じます。
なので、街中天文台で系外銀河を狙っても大した画にはなりませんね。
このシステムを持って入笠山の1800m地点まで行きますが、たまに凄いカットが
撮れるものの、まだ安定運用できていなかったためにものにできていません。
長距離の移動も気が引けます。
理想は栃本に3日くらい居座ることでしょうかね(^^♪


2016/4/14  23:02

投稿者:WCC.No3

 こんばんは!

いつも思うのですが、☆男さんの気象予報士もビックリのピンポイント予報と、少ないチャンスをモノにされる絶対的な行動力には脱帽です!! NGC4565はもう天文台レベルの画像ですね。私もいつかはこのような強拡大の深宇宙を撮影できたらと思います。




2016/4/13  13:24

投稿者:☆男(hoshiotoko)

matagonさん

田んぼの方も順調に進んでいるご様子。
matagonさんの生活環境は私から見てほぼ理想ですね!
出来れば大型赤道儀を観測所に据え付け、ホタルと一緒に30cmクラスで
じっくりと撮影されることをお勧め致します(^^♪

埼玉県の空は絶望的に明るいです。
大口径であればある程、それを実感しますね。
あっという間に真っ白にかぶってしまいますから。
やはり、1500m以上で光害の無い場所が理想です。
平地で30cmクラスを使っている人は沢山いますが、1500m以上での撮影は
別世界を感じるに十分ですよ。なんと言うか、悪い水蒸気が少ないので
抜けが良い。Hα輝線とて同じこと。
★は高所で見ましょう。それが一番です。特に眼視では。

2016/4/13  13:14

投稿者:☆男(hoshiotoko)

KENさん

富士山麓はマイナス5℃!でしたか。それは寒かったでしょうね。
ご作例を拝見させて頂きました。SSoneも順調そうで何よりです。
日本の空では私が使っている組合せが最大級の拡大率だと思っています。
30.5cmF4,FL=1220mm + 2/3inch CCD。
これ以上の長焦点・拡大率ではシーイングが支配的となり、満足に使える日は
ほぼ無くなります。このCCDの対角は11mm、フル機は44mmですから、
フルサイズ素子で撮るならば100cmF4、あるいは80cmF6レデューサ付きRC辺りが
限界でしょうね。要するに5000mm相当前後ってことです。

堂平の91cmをプライムフォーカスで使うと4500mmですから、私のシステムの
方が拡大率は上となります。FLI冷却CCDでM81を撮った画像がありますが、
私が撮った画像と大差ありません。
但し、
大きな望遠鏡の良い所は圧倒的な集光力。これに尽きます。
例えばTOA130は素晴らしい望遠鏡ですが、たった13cmしかありません。
一方、ε180は18cmです。解像度はどちらも日本の平均シーイング2.5"角を
上回っていますから、実はイプで撮った画像を拡大すれば大変な高解像
画像が得られます。この辺りは当夜、sekitaさんとも話した部分です。
望遠鏡は大口径で明るいこと・・・これが一番ですね。

2016/4/13  12:58

投稿者:☆男(hoshiotoko)

demioさん

こんにちは。
JPEGで撮ってしまいましたか・・・
当夜はお会いできて良かったです。かなり積極的に遠征されているのですね。
sekitaさんはNinjya320で観望されていましたが、空が明るくて駄目だと言って
おられました。寒いので帰りますと、demioさんがお見えになる前に撤収され
ました。私はいつも余裕が無いのでゆっくりお話ができなくてすみません。
何せ殆ど自作機なもので、皆さんのようにホッタラカシでは上手く行くか
不安で不安で仕方ないのです。この辺りを改善しないと楽は出来ませんね(^^♪

2016/4/13  7:24

投稿者:matagon

M63、NGC4565共に良く撮れてますね。
特に反転画像で確かに構造や小さい銀河が見やすいです。
30cmで冷却、いつかはやってみたいです。

2016/4/13  0:47

投稿者:KEN

こんばんは!
M63、綺麗な渦巻き銀河ですね〜
NGC4565も良いな〜、570mmでも撮れるかな?

県民の森、直前まで行こうと思ってたんです
ただGPVで見ると風が強そうだったので場所を変更
GINJI-300、覗いてみたかったです
(富士の裾野は-5℃まで下がって激寒でした)

2016/4/12  22:06

投稿者:demio

昨夜は重機材を持っての遠征、お疲れ様です。
GN26s拝見させていただきましたが如何にも鉄の塊みたいですね。
やわな場所だと地盤沈下するのではと余計な心配をしてしまいました。
sekitaさんも来ていたとは知りませんでした。
ひょっとして上の段に居た方か?
sekitaさんには先日も三峰でお会いしたばかりでその時はninja320を覗かせて頂きました。
現場ではNGC4565のL画像を拝見しましたがシーイングが改善されたためか見ごたえのある画像に仕上がっていますね。
私の方はオフアキのガイド星が見つからないなど準備に手間取りまして1天体だけの撮影でしたが何とJpegで撮っていた事が判明(泣)
ま、☆男さんの機材が見られたこととお話ができたので良しとしましょう。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ