The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
堂平の宇宙(そら)から2  堂平の宇宙(そら)から

技師長の笠原です。
私がブログでこれらの記事を書くのは、Nikon望遠鏡へのリスペクトと
後世への情報継承のためです。この望遠鏡は日本天文学の歴史そのもの
だと思っております。
なお、堂平天文台関連作業はボランティアではなく、私の会社である
有限会社エイエフテックが、ときがわ町(星と緑の管理委員会)から
正規に受注した仕事であります。

今回は1992年に更新された望遠鏡コントロールラックをバラシ・清掃・チェック
しました。その他にも色々と検討中。

メインコントローラを引き出す。
クリックすると元のサイズで表示します

驚異のフルロジックIC(Nikonオリジナル基板)
静電気でやっちゃわないように丁寧に清掃。
クリックすると元のサイズで表示します

その下の段には三菱シーケンサとパワーリレーが鎮座。
まずは全ケーブルやラック、内部をくまなく清掃し、コネクタやらジャックを
丁寧に見て回ります。
クリックすると元のサイズで表示します

三段目はPOWER LINE CONTROLLER。
クリックすると元のサイズで表示します

綺麗な配線だね。
クリックすると元のサイズで表示します

四段目は赤経・赤緯粗動モータ用電源だな。
このセクションの配線は上手では無い。担当者が異なるのだろう。
クリックすると元のサイズで表示します

ケーブルも全部綺麗に拭き上げ、24年分の汚れを落とした。
クリックすると元のサイズで表示します

なんだか新品のようになった。
クリックすると元のサイズで表示します

hp-1920A マルチファンクション・シンセサイザー。
クリックすると元のサイズで表示します

これが一体何をやっているのか謎だったのですが、本日判明。
なんとHP-IB(GP-IB)でPC-9801RXと接続されており、恒星時、太陽時、任意周波数
を作り出していたのである。コントロールラック側だけでも恒星時や太陽時追尾
が出来るし、PC-9801RXが無くても(電源OFFでも)望遠鏡は使えます。
PC-9801RX側の制御ソフトが起動すると、主導権をパソコン側が握る仕組みに
なっていました。操作パネル側がローカル・ロックアウトになったりします。

PC-9801RXはリミットセンサーなどを直接は見ておらず、コントロールラック内の
三菱シーケンサとPIO24/24を使って通信している。うーん、やるなあ〜。
但し、ハイデンハイン社のロータリーエンコーダはPC-9801RXのエンコーダI/Fに
直結で入っていた。つまり、コントロールラックは位置管理をやっていない。
自動導入はPC-9801RX無しでは実現できない構造である。
しかも・・・
約360倍速での導入(粗動)は、クランプ切り替え動作が入ってインダクション
モータで行っていると言う複雑さ。更に、赤緯にはタンジェントスクリュー機構
まで付いていてメンドクサイことこの上ない。

クリックすると元のサイズで表示します
1992年(開発は1987年ごろからか?)であればマイコンも使えるようになった
時代である。枯れ果てたZ80システムやHD64180が全盛期。
ボチボチとH8系も出始めた頃だった筈。
が、
あえてフルロジックでオリジナル基板をおこしたNikonは凄い・・・
まあ、いろんな意味で凄いのである。
何しろ軸の駆動はジョイスティックで行い、アナログ的に可変速なのである。
それがコントロールパネルにもあり、ハンドボックスにもある。
V-F変換ICが見えるだろうか? 超メンドクサイねコレハ。
更に、PC側から来る制御パルスや恒星時パルスを切り替える為のマルチプレクサ
までロジック組みの感動作だ。Nikonオリジナル基板。
ワンオフかねコレハ。

機械原点基準で天頂出しを行っているようだ。
コントローラでほぼ天頂に向け、PC-9801RXの制御ソフトを起動すると自動的に
原点検出(エンコーダのゼロ点出し)を行い、終了後にこの画面になる。
クリックすると元のサイズで表示します

先のhpシンセサイザーはこの画面で制御している。
HP-IBコマンドが飛んで行くんだねえ〜(^^♪
クリックすると元のサイズで表示します

前回の誤認で赤経・赤緯の座標表示が無いと書いたが、別画面に有りました。
クリックすると元のサイズで表示します

以下は覚書き動画








今回の調査でほぼ制御内容を把握出来ました。
それでは次回をお楽しみに!
1
タグ: 堂平天文台



2016/3/12  16:21

投稿者:☆男(hoshiotoko)

mobazouさん

遊星ギア萌えあざ〜す!
でもねえ、今時は必要ないんですよねえコレ。
デジタルモータの進化は素晴らしいモノがあり、0〜最高速まで数値制御
しながら任意に可変速出来てしまう。もはやシンクロナスモータやインダクション
モータを使ったデファレンシャルギア機構は不要なんですよねえ〜。
でも、遊星ギアをはじめ昔の機械は美しいです。
電気の力を一切利用せずに目的を達成しようと努力していた人々に敬礼!

2016/3/12  14:08

投稿者:mobazou

遊星ギア萌え〜。マニアックすぎですがなww

2016/3/12  0:09

投稿者:☆男(hoshiotoko)

マサカリクサオさん

こんばんは、ようこそ!
なーんてしらじらしく言ってみました(^^♪
今ね、K-1を買うために一生懸命に働いているんですよ。
こうやって仕事してるんだーって言いふらせば逃げられなくなり、
結果的にマジメに働いてめでたくK-1が買えるかなあ? なんて考えていますよ。
なんつーか自分、モチベーション維持にやたらと金が掛かる人間のようです。
もっと質素に生きられんもんかのお〜。

2016/3/12  0:00

投稿者:☆男(hoshiotoko)

KENさん

電気科でしたか!ご同輩ですね。
世の中、電気の知識があると何かと便利ですよ。
でも、機械系も光学系もソフトウェアも知っていた方がもっと便利です。
”電気屋ですから・・・”みたいな逃げ口上を言わないようにしています。
全方位エンジニアを目指して日々精進ですね!
でも、一番厄介なのは人間関係だったりします・・・org


2016/3/11  23:51

投稿者:☆男(hoshiotoko)

sekitaさん

毎月第二、第四金曜日に観望会をやっているようですよ。
http://www.town.tokigawa.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=11574
今期からは予約申し込み制になったようです。
こういうシステムをいじっていますと、30cmクラスをファインダーとして同架
したくなってきます(^^♪

2016/3/11  23:45

投稿者:☆男(hoshiotoko)

demioさん

噛めば噛む程に味が出るスルメみたいなシステムですよ。
こうやって整備してみると、何ら問題なく現代に蘇ってくる感じです。
ロジック回路が懐かしいとは、demioさんも腕に覚えが御有りなのでは?

2016/3/11  8:08

投稿者:マサカリクサオ

NIKONから回路図出してもらえたりしないんですよね・・・
清掃と解析だけで一月以上かかりそう
すぎょいです(電気ワカラナイ人より)

2016/3/11  0:06

投稿者:KEN

sekitaさんと同じく、全く解らないけど(笑)・・・
凄いですね〜
高校で電気科だった自分は、こう言うの大好きです!

しかし好きな事(勝手に決めつけてますが 笑)を仕事に出来るって素晴らしいですね
次回とオーバーホール完成、共に楽しみです
あ、公開日の情報があったら是非!

2016/3/10  22:51

投稿者:sekita

ぜんぜん、解らないけど、なんか凄いですね〜
公開日でもあれば、見学にいきたいです。

2016/3/10  20:35

投稿者:demio

こんばんは。
懐かしいロジック基板。
TTL-IC、CMOS-IC。AND、OR回路など昔の記憶が蘇ります。
そういえば多層基板のIC交換には半田が上手く吸い取れなくて苦労したことを思い出しました。
モニターもCRTとは泣けてきます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ