The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
GINJI-300FNの光軸調整など  撮影機材

GINJI-300FNの光軸調整とミラー洗浄を行いました。
十字線入りコリメーションアイピースにて調整。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

斜鏡のオフセットはこのようになっていました。
クリックすると元のサイズで表示します

斜鏡を貼り付けているセンターピースはオフセットしていません。
クリックすると元のサイズで表示します

イプのように斜鏡全体を接眼部と反対側にオフセットするのではなく、
斜鏡の貼り付け位置を6.36mmずらしています。
結果的にスパイダーセンターからは4.5mmオフセットしていることになります。
さっそく斜鏡の型紙を作り、オフセット位置に穴を空けて黒マジックでポッチを
付けました。これがあると接眼部と斜鏡の位置がハッキリします。

はじめからやや曲がっていたスパイダーを修正。
クリックすると元のサイズで表示します

バッファー板は入っているものの、スパイダーの固定方法がネジ止めです。
しかも、L字に曲げた
鉄板(1.5mm厚)なのでテンションを掛けると根元が
浮きます。そりゃそうだわな・・・
クリックすると元のサイズで表示します

スパイダーの材質がおそらく、鉄材です。
簡単に塑性変形します。1.5mm厚の真鍮やリン青銅、ステンレスだったらっもっと
バネ性が強い筈です。塗装品なので断言は出来ませんが簡単に塑性変形します。

主鏡も洗浄しました。(これは洗浄前)
クリックすると元のサイズで表示します

主鏡押さえはゴムですねえ。
クリックすると元のサイズで表示します

黒い逆L字の部品がゴムで、金属板を介して固定されています。
根元が3mmほど浮いています。遠征で運搬すれば光軸がズレるでしょうね。
鏡筒を座席に寝かせて運搬する訳ですから。
圧迫しないようにそっと締めただけでは、ネジのガタ分くらいはヨレヨレと
動くでしょう。かと言って強く締め付ける訳にも行きません。
コリャ遠征用鏡筒としてはかなりヤバイ構造です。

う〜ん、まだまだやることが沢山ありそうです。

0
タグ: GINJI-300FN



2015/6/6  23:50

投稿者:☆男(hoshiotoko)

WCC.No3さん今晩は。
貴重なアドバイスをありがとうございます。
サイボーグGINJIを参考に精進してまいります。
あのスパイダー周りの補強塩ビ管加工がカッコいい
ですねえ。ステンレス定規のスパイダーにも惚れました。
今回初めて主鏡などを外しましたが、
案の定ヤレヤレ┓( ̄∇ ̄;)┏ですよ。
笠井の製品は機材ヲタクに無限の楽しみを与えてくれる
ようです。谷底にぶん投げるにはチト重いですが・・・

2015/6/6  11:08

投稿者:WCC.No3

☆男さん、こんにちは。

300FNと250Nの主鏡セル構造は主鏡支持方法を除いてほぼ同じです。
黒いゴム部品のネジのガタは私も対策をしました。
差し出がましいかもしれませんが、プラスネジをずん切りネジに交換して奥まで締め込んで完全に固定し、L字ゴムの押さえはダブルナットを使ってガタ無くかつ圧迫の無い状態で完全固定します。この方法でかなりしっかりすると思いますが、いかがでしょうか。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ