The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
GN-26S改_電気系統改造完了  撮影機材

先日のシェイクダウン時には、なんと赤緯微動回路が無い状態
でした。そのためにドリフト法にて極軸の追い込みに苦労した訳です。
そこでアレコレ考え、結局E-ZEUSの箱の中に追加回路を押し込む作戦
としました。

こんな感じ
クリックすると元のサイズで表示します

緑色の基板が元々のE-ZEUS基板です。茶色いユニバーサル基板と配線、
パワートランジスタとボリュームの追加、純正ハンドボックス復帰
の改造を行いました。赤緯のオートガイドはE-ZEUSのRJ12ジャック
からパラに拝借して機能させています。赤経はE-ZEUSの機能をそのまま
使っています。

拡大
クリックすると元のサイズで表示します

ふたを閉めるとキレイです。
クリックすると元のサイズで表示します

赤経・赤緯のタンジェントスクリュー式微動機構の配線も全部やり直しました。
クリックすると元のサイズで表示します

赤経側リミット機構
クリックすると元のサイズで表示します

赤緯側リミット機構
クリックすると元のサイズで表示します

DCモータのノイズ対策として47Vのバリスタを入れる予定です。
今は120Ω5Wのセメント抵抗で強制的に回生スパイクを消しています。
   |
   +−>47Vのバリスタを入れたところ、予想通りノイズによる
       E-ZEUSのリセット問題は解消されました。
       このバリスタは千石電商で売っているKOA社製のもので、
       1個53円です。電子回路の誤作動防止に効果的です。


PHDからのマニュアル駆動テストもクリアし、後は実践投入を待つばかり
となりました。晴れにゃいかなあ〜(=^・^=)
2



2015/4/21  21:25

投稿者:☆男(hoshiotoko)

素早いコメント有難うございます!
demioさんもこう言う仕事をやられていたのですか?
昔はみなマイクロスイッチでしたね。モータの電流を直接流せるので便利です。
配線がゴチャゴシャしてしまいましたが、なんとか納まりました。
早く使ってみたいです。

2015/4/21  21:07

投稿者:demio

二階立て基板構造でケースにバッチリ収まりましたね。
リミットスイッチの構造が昔会社で担当した製品に
そっくりなので懐かしく拝見しました。
この頃はフォトカプラーなどの無接触センサーでなく
マイクロSW全盛でした。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ