The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
GN-26S改シェイクダウン at 埼玉県民の森P  撮影機材

昨晩はGN-26S改+GINJI-300FNという重機材を持って埼玉県民の森駐車場に
出没いたしました。予報通り一晩中快晴に恵まれました。

30cmF4を載せて尚、多少の風ではビクともしませんでした。
総重量180Kgはだてではありません。
クリックすると元のサイズで表示します

極軸を追い込んだので天頂付近はノータッチトラッキングでOK。
まだウォーム軸に付いているスパーギアの芯取りをやっていない為、
もう一段高精度化できます。
クリックすると元のサイズで表示します

PCD=258mm , 歯数430枚の赤経ウォームホイルは別次元の安定性でした。
今回はまだ赤緯微動が機能していません。
そのため、ドリフト法にてじっくりと時間をかけて極軸を追い込み、
天頂±45度の範囲であれば赤緯軸の修正が不要になるようにしました。
赤経側はE-ZEUSのオートガイドを利用して修正が出来るることも
確認でき、実写テストでは赤経だけPHDを掛けました。

しかし、
実際の運用では赤経・赤緯共にオートガイドが必須です。
昔の様に1カット完結ではなく、多数枚コンポジットを行う現在の
天体写真では、天頂付近だけで完了することが希だからです。
今回も高度が下がるにつれ、どんどん赤緯方向にズレて行きました。
赤経のオートガイドを切ると、赤経方向も大気差の影響でグングン
ずれて行きました。高度30度以下ではノータッチなんて無理です。
大気差補正追尾、機差補正追尾を行っているシステムでも、
基本、低空はガイドを行います。計算通りにならない不確定な揺らぎ
が発生したりするからです。

LX7にて
クリックすると元のサイズで表示します

<目盛環導入について>

このGN-26Sには恒星時目盛環が付いています。
これは、常に恒星時”だけ”で回転しているウォームホイルに赤経側
目盛環が付いているものです。一旦何かの星で赤経値をセットすれば、
常に目盛環が恒星時で駆動されると言う構造です。
なので、
導入の際は目標天体の赤経値をそのまま赤経目盛環に合わせれば良い
訳です。赤緯は固定ですから他の赤道儀と同じですが、現在、
使える恒星時目盛環を装備した赤道儀は無くなってしまいました。
GN-170も同じく恒星時目盛環を備えていますし、歯数も430枚で
まるで時計の様です。GN-170を一回り大きくしたのがGN-22型、その上
がこのGN-26型となります。その上がGN-30型、GN-40型と続き、
GN-50以上は目盛環が廃止されてコンピューター制御になりました。

今回の撮影は当然目盛環導入です。
赤経5分、赤緯1度の大径目盛環は黒地に白線で良く見えます。
300FNの直焦点は1220mmですが、K-3の写野であれば全く問題なく一発
で導入できました。自動導入の必要性を感じない赤道儀ですね。

朝になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ニューアトラクス改+ひのきスーパーピラーよりも65Kg重いです。
足を蹴飛ばして極軸が狂う・・・な〜んてことは皆無です。
ダメんず極望で大まかに合わせ、ドリフト法で煮詰めた訳ですが、
大きな赤道儀は修正が楽で安定しています。なんと言うか、
グニョンっといった動きが無い。全てソリッドなんです。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもは夜明け前に撤収するのですが、
寝ぼけた暗闇でこの重量物をバラすのは危険過ぎます。
革手と安全靴で明るくなってからバラしました。

しかし・・・

徹夜明けに、まるでリフティングをやっているような重量。
背筋とももの筋肉、それから握力が不足しているのは明らかです。
星を撮影するために筋トレが必要になるとは思いませんでした。

次のテーマは・・・自分の改造のようです。


-------- 以下は今回撮影したテスト画像です。---------

NGC4567&4568 衝突銀河 , ISO1600 , 5X300s , 25min Total
クリックすると元のサイズで表示します

NGC4565 , ISO1600 , 4X300s , 20min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M64 , ISO1600 , 4X300s , 20min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M86付近(おとめ座銀河団), ISO1600 , 2X300s , 10min Total
クリックすると元のサイズで表示します

先日の三峰でも感じましたが、K-3はノイズが多く赤いアンプノイズ
またはSR機構の発熱ノイズ?が画像の四辺にかなり出ます。
氷点下でも出るし、今回は1.5℃だったのでかなりウルサイです。
この調子では夏場はアウトかもしれません。
ダークを撮るのは当然ですが、熱ノイズが少ないに越したことはありません。
K-3Uが出るようですので、この辺りが改良されていると良いですね。

------------------------------------------

撮影日時:2015/04/17-18
撮影場所:県民の森駐車場
天候:快晴、中風、低湿度
気温:3℃(22:06) → 1.5℃(2:18)
星空指数:60点
シーイング:3/5

カメラ:K-3
フィルター:LPS-P2

赤道儀:GN-26S改
ガイド:RFT80+QHY5L-UM+PHD(赤経のみ)

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

撮像ソフト:***
画像処理:SI7 , Photoshop cs5

------------------------------------------
2



2015/4/19  20:51

投稿者:☆男(hoshiotoko)

demioさん

二つもコメントありがとうございます。
県民は私を含めて4名でした。
もっと沢山いらっしゃると思っていましたが、
夕方の雨で諦めてしまったのでしょうかね?
流石にガリバーは寒いですねえ。
昔は朝霧高原へ行っていましたが、タヌキに顔を舐められて
からは行っていません。確かハレー彗星のころです。
丁度道の駅がある辺りで撮っていましたが、今ほど
人気もなく、青木ヶ原が近いこともあって夜な夜な一人
では心細かったです。
当然ガリバーも無かった頃のお話です。
半自動ガイドに疲れ、寝袋にくるまって居ると、
突然野鳥が一斉に騒ぎ出したんです。2時頃でした。
なんだなんだ??と思っていると、誰かがこちらに
歩いて来るんです。火山岩質の砂利をザッ、ザッっと
蹴りながら近づいて来るんです。
紛れもない山靴の固いソールで歩いているのがわかり
ました。やだなあー、誰だろう?やだなあーっと思って
いると、とうとう私の頭の側まで来てしまった。
怖くて固まっていたら、なんと顔を舐められた!!
両手足寝袋の中なのでイモムシのように跳ねて転がり
ましたよ。そうしたら、なんとタヌキが走って逃げていく
じゃああーりませんか!
私、酒は飲んでいませんでしたし、寝てもいません
でした。不思議な体験でした。

2015/4/19  16:42

投稿者:demio

☆男さんはドリフトも得意なご様子。
もしかして頭文字Dのお仲間ですか?
今度暇があったらご教授下さい。(むろん極軸合わせの方です)
私も昔、YAMAHAのDT-1でジャンプや逆ハンの真似ごとをして遊んでいました。

2015/4/18  21:40

投稿者:demio

超重量級の機材登場で県民の森も驚いたことでしょうね。
シェリクダウンも上手く行った様子。
私も見に行きたかったのですが当夜はガリバーでした。
現地も北風がやや強く、明け方は-4℃と冷え込みましたよ。

2015/4/18  18:50

投稿者:☆男(hoshiotoko)

WCC.No3さん

ハイ、剛性写真です!
昨晩は夜半頃まで風が結構強かったです。アトラクスに300FNだったら
失敗カットを量産していたと思います。これだけ剛性が高いと嬉しくなります。
セッティングが大変なので3日ぐらい居座りたい感じですね。
小型システムと同じペースでは動けません。
まあ、移動できることは確認できたので、次は赤緯微動を完成させて栃本で
本気撮りかな? その時は広場の方でテント張って居座りますよ。
むかしRX-7を2台乗り継いだので、ドリフト法は結構得意だったりします(V)o¥o(V)

2015/4/18  15:48

投稿者:WCC.No3

 ☆男さん、こんにちは。

 ついにやりましたね! バックの県民の森駐車場が、冗談で合成した写真に見えてきま した。

 赤道義の積み下ろしの為に、なんらかの補助器具があるといいですね。

 いずれにしても腰や落下による怪我には、十分に気を付けて下さい。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ