The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
K-3 on 300FN ファーストライト  天体写真(PENTAX K-3)

昨晩チョットだけ近場の有間ダム堰堤へ行って撮って来ました。
23時頃まではシーイングがボロボロで星像がデカイでかい。
23時30分頃から急に安定して来たのでM81を数カット撮ってみました。
ただ、既にお月さんが昇っておった!
なのでバックグラウンドがめちゃ明るいです。

こんな感じ。

K-3 , ISO800 , 4X600sec , 40min Total
クリックすると元のサイズで表示します

超低コントラスト! う、写ってないじゃん ぐらい言いたくなる。

無理やり引っ張り上げたのがコレ。
左側が暗いのはなんだろう・・・?
  |
  +−>この方向にオフアキがあるよ・・・
      もしかしてケラレてる? F4の光束は角度がキツイのであり得る。
      と言うことで、カメラ下部から出すように組み替えました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、
StarShootMonoVと比べてみましょう。

左:SSMonoV(栃本ヘリP)、右:K-3(有間ダム)
クリックすると元のサイズで表示します

SSMonoV=140万画素、K-3=400万画素相当で切出し。
撮影条件が違い過ぎるのでK-3は可哀想ですが、解像度的には結構イケる
感触です。赤いのもまあまあ出ているし。
月明+悪シーイング+有間ダムでこのくらい出るので、栃本で本気撮り
すればかなり良いのが撮れるでしょう。
ちなみに、接眼部強化合宿によって星像とガイドは安定していました。

シーングがメロメロの時に撮ったオマケ画像です。

NGC1973付近 , ISO800 , 10min 1枚画像
クリックすると元のサイズで表示します

NGC2237バラ星雲の中心部 , ISO800 , 3X600sec , 30min Total
クリックすると元のサイズで表示します


K-3にはPCリモートソフトがありません。
バリアンもありません。

で、

300FNにくっ付けて特定の方向に向けるとですね〜・・・

な〜んと、LCDがお空を向いちゃって見られないんです!
いや、マジで困った。
鏡筒がデカイ上に、VISACやアポ鏡筒でも使える高さのひのきスーパーピラー
に載かっているもんだから、高い所へ行っちゃうんです。
645Z用のPCリモートソフトをK-3でも使えるようにしてくださいm(__)m
対応してくんなきゃ6D買っちゃうぞー。


0
タグ: 天体写真 PENTAX



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ