The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
GINJI-300FN用高剛性オフアキ試写  撮影機材

GINJI-300FN用高剛性オフアキの庭撮り試写を行いました。
結論から言うとガイド歩留まり100%。
オフアキって凄いですね。
その分、接眼部と鏡筒の弱さがハッキリと露呈しました。
M42付近→M81,M82へ移動させた段階でピントも光軸も狂っていました。
ひとつずつ解決して行こうと思います。

尚、飯能市郊外で庭撮りですから電線が入り込んだり街灯が煌々とあったりします。
画像のムラムラは気にしないことにします。

NGC1977 , 1X10min(左下に電線ありのため、余計な光条が発生)
クリックすると元のサイズで表示します

M81_M82 , 3X10min(街灯直射を受けながらの撮影)
クリックすると元のサイズで表示します

---------------------------------------------------

撮影日時:2015年01月13日 23:44:08〜02:07:14
撮影地:飯能市郊外で庭撮り(標高220m)
星空指数:80点
気温:-2℃ → -5℃
湿度:沢沿いのため多少の霜霜が発生するも主鏡・斜鏡とも曇らず
シーイング:4/5 , 高気圧後端のため良好

冷却CCD:ORION StarShootPro Ver2.0(SONY ICX413AQ)
撮像鏡筒:GINJI-300FN + 笠井フラットナー , 1220mm , F4
フィルタ:LPS-P2

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

赤道儀:ニューアトラクス改 E-ZEUSU仕様 + ひのきスーパーピラー
ガイド:笠井コマコレ専用高剛性オフアキ+QHY5L-UM
CCD制御:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:SI7 , cs5

----------------------------------------------------

VISACでの製作経験があったのでアッサリ完了。
これでガイドミスのイライラからは開放されます。
それにしても30.5cmF4の集光力は凄いですね。
この古くて低感度なワンショット冷却CCDでこんなに写ってしまう。
高感度なSONY ICX系モノクロCCDだったら、系外銀河は1カット5分で十分でしょう。
6DのISO3200で10分スタックなら分子雲もモクモク出ることでしょう。
3
タグ: GINJI-300FN



2015/1/18  1:50

投稿者:eti_forest(☆男)

saekiさん

星専用ならばキャノン機を改造して使った方が
適しています。Kマウントレンズがあるから
ペンタを選択するなら、よく考えた方がイイです。
古いレンズは盛大に青ハロが出たりします。
また、天文沼にハマったらPCライブビューが
できるキャノン機は羨ましく思えてきます。
いま観測地からスマホで書いています。
今夜はK7の方とK-5Usの方がいらっしゃいました。
案外ペンタも多いですよ。

2015/1/17  21:20

投稿者:saeki

 こんばんは、詳しい解説ありがとうございました。
 最新のK3よりもK5Uの方が天体適正があるというのは意外でした。
 デジタル物は新しい方が良いと思っていたので。

 なにぶんペンタックスでの星の作例がほとんどないのです!
 そこまで天体適正があるならもっと話題になっても良さそうなのに…特に星雲の写真などは全然ありません。

 たぶんデジタル一眼レフでは一般撮影はしないので、純粋に星雲などが写るなら、買ってみても良いかなと考えています。


2015/1/17  10:54

投稿者:☆男

つづき

また、Kマウントはフィルム時代のレンズでも付きますし、
ボディー内手振れ補正なので古いレンズでも手振れ補正が効きます。
私の作例を見れば、どれだけ撮れるかの参考にはなると思います。
冷却CCDを使えば素晴らしい天体写真が撮れる訳ではありません。
むしろ、現在のデジイチの方が立派な写真が撮れるくらいです。

では何故冷却CCDを使うのか?
それはダイナミックレンジが広いからです。
この点だけは現在のデジイチ素子はまだ追い付いていません。
有る程度デジイチで撮れるようになると、星の色が全部白飛びしていることに
気付くようになります。モクモクを出そうと長時間露光すると、
ますます輝星の色が白一色になって行くんです。
画素が細かすぎ、光を溜めこむバケツが小さい訳です。
CCDでも9μm程度の画素であれば16bitのA-Dコンバーターと相性が良く、
65535諧調に近い色がでますが、デジイチは14bitなので16384諧調しか出せません。
長秒時露光を行うと、輝星はおおよそ30000カウント程度となります。
デジイチでは全部白です。
PCではRGB各色8bitで256諧調しかなく、1670万色で画像を作っています。
だからと言って、カメラ側も8bitで十分かと言うととんでもない。
RGB各色が256諧調しか無かったら殆どの場合で白飛びします。

なので、

α7sのようにフルサイズで1200万画素なんていう機種には興味が集中するんですね。
これで16bit A-D変換なら速攻で買っちゃいますが、なんと、
α7s、バルブ時は12bit処理になってしまうのです。
もう、この段階で完全にアウト!!!4096諧調では星は表現出来ません。

と言うことで、

お勧めはK-5Usです。
K-3は画素が多すぎるし高感度でノイジーです。
K-3Uの登場に期待していますが、私的にはKマウントフルサイズ機を待ち臨んでおり、
昨年の夏に一旦全部のKマウントカメラとレンズを手放した所です。
昨年末か今年の春にフル機が出るとの予想をしていました。
ハズレましたが・・・・

2015/1/17  10:50

投稿者:☆男

saekiさんようこそ!

PENTAXのデジイチで撮るとこんな感じで撮れます。
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/280.html
無改造なのでメーカーサポートも一般撮影も問題なし。
アストロトレーサーという飛び道具もあり、むかし星を撮っていた天文ファン
が復活しても違和感なく使えるのが良い所です。
一方、CanonやNikonはIRカットフィルターを改装しないと赤い星雲は写り難い。
フジは元々赤系も結構出ます。
Canonの良い所はPCとの連携や天文関連のサポートの多さ、EOSマウントが
大口径で35mmサイズ素子でもケラレないと言うことがあります。

分子雲モクモクを出すには明るい光学系+高度な画像処理テクニックを要します。
Kissデジなどでもご立派な作品を仕上げているかたもいらっしゃいます。
波長から言ってしまえばどんなデジイチでも写る筈ですが、
そうは問屋が卸さないのがモクモクの世界のようです。
星マスクなどの画像処理を極めれば、海外オヤジのようなモクモクに辿り着く
ことも出来る筈です。(私も辿り着いていません)

つづく

2015/1/17  1:28

投稿者:saeki

 はじめまして、某価格掲示板でK5Uの天体画像を見てやってきました。
 天体用の冷却カメラはすばらしいですね。最近はK5は使われていないのですか?

 K5は一般デジカメなので、やはりとても淡いものを写そうと思ったら、専用の天体カメラやCANONやNIKONの方が写るのでしょうか?
 ペンタックスのデジカメで天体写真をやっているサイトなどがないので(検索すると望遠鏡ばかり出てきます)本当の実力が知りたいです。
 モクモクした分子の雲? などを撮ってみたいのですが、K5(今ならK3)でも写るでしょうか?

 本編とは関係ないネタですみません。
 ペンタックスのマニュアルフィルムカメラとレンズは数本持っています。

2015/1/16  18:14

投稿者:☆男

KENさんようこそ!

K-5Usは良いカメラです。
私の書き込みが参考になって嬉しく思います。

それでは早速天文沼へご招待致しましょう。
冬場の奥秩父は林道を含め、バイクでは無理があります。
そこで、名栗湖(有間ダム)堰堤をお勧めしておきます。
雪でも降らない限り大丈夫ですが、厳冬期でも若者が夜な夜なたむろして
気分は良くありません。テントも張れないし視界も狭い。
でも県民の森よりは暗いと思っています。
標高も330mしかないため、夏場はモヤモヤの水蒸気で使えません。

で、


明日17日(土)は有間ダム堰堤でラヴジョイ彗星を撮影する予定です。
大きくて美しい彗星ですがマスコミは殆ど騒いでいません。
K-5Us + M50mmF2.0->F4 + アストロトレーサー , ISO1600 , 60sec
これで沼に落ちることが出来るでしょう。
彗星は一期一会な存在。
宜しかったらご一緒に如何でしょうか?
赤いマツダMPVが居たら私です。
それでは。

2015/1/15  22:43

投稿者:KEN

はじめまして!
去年から始めたキャンプツーリングで見た満天の星空が、幼いころに天文ガイドを見ては溜め息を付いていた自分を思い出させ、最近少しずつ天文沼にはまりつつあるKENと申します

カメラは冬のボーナスで安くなったK-5USを(価格.com、大変参考になりました)、後はお決まりのアストロトレーサーと、レンズは、オールドレンズのM 50mm F2.0、M 135mm F3.5、M 200mm F4の3本をヤフオクで格安で揃え、少しずつ撮り始めています

いつも☆男さんの写真を見ては溜め息をついていますが、飯能でも綺麗に写りますね
自分は、さいたま市の桜区のため、秩父あたりに行きたいなとは思っているのですが、いかんせん移動手段がバイクしかない為、秩父高原牧場ぐらいしか行ったことがありません

いずれはポータブル赤道儀、もしくは小型の赤道儀ぐらいは積んで出掛けたいと思っているのですが、この時期バイクで山奥は厳しく思案中です
飯能周辺で、この時期バイクで行けそうなオススメ撮影スポットはありますか?

初めてのコメント、こんな質問で申し訳ありませんが教えていただければ幸いです

2015/1/15  21:11

投稿者:☆男

demioさん今晩は。

30.5cmF4は明るいのでオフアキテストでは今の所ガイド星が無いということは
有りませんでした。その分ピント位置がシビアで、抜き差しでは難儀します。
ヘリコイドが欲しいですね。
QHY5L-UMは高感度でコスパ最高ですが、飯能の空ではSNが下がってロストする
ことが結構あります。Loadstar2の方が高性能ではないかと思っていますが、
こちらは使ったことが無いので何とも言えません。
今まではSSAGでしたから、これと比べたら3倍は星が写る感じです。
SSAGは8cmF5ですらがいど星が無いことがありましたが、QHY5L-UMでは
ウジャウジャ写って来ます。
Loadstar系も試したいですが、QHYを2個買ってシステムごとに付けっ放しが
最適解かな?とも思います。
それより、ORIONの小型冷却CCDが安くてオフアキガイドカメラに最適ではないか?
と思っています。


2015/1/15  15:42

投稿者:demio

焦点距離が長くなるとオフアキの威力を実感しますね。
F4鏡でしたらガイド星にも困らないのでは。
QHY5Lの感度はどんな感じなのでしょうか?
値段も手ごろなのでチョット気になっています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ