The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
オフアキの威力炸裂!ありがたや〜  天体写真(冷却CCD)

昨晩の埼玉県民の森駐車場は4名だけでした。
21時20分に月齢19.5の月が出てくるし、そもそも晴れる可能性は低かった
訳ですが、VISACの自作オフアキのテストぐらいは出来るだろうと思い、
出撃しました。

・薄明終了から快晴→即、ベタ曇り→20時40〜1時30までは撮影可能でした。
 2時40分撤収。

まずは結果から、(ノートPCからの投稿なので画像の色がオカシイかも)

2014/09/16 画像を差し替えました。
液晶の表示能力が無いと本当に画像処理は出来ませんね。
デスクトップマシンで再処理をしてみると痛感します。

IC5067 , 6X10min=60min total , SSProV2.0
クリックすると元のサイズで表示します

Hα , 3X10min=30min Total , SSMonoV(薄雲越し撮影)
クリックすると元のサイズで表示します

驚いたことに1カットも失敗がありませんでした。
外付けガイド鏡でも8割は成功していましたが、今回は100%成功です。
QHY5-UMは1/3inchで撮像面が小さいですが、チップの4倍程度スライド
出来るようにしたので余裕でガイド星が見つかりました。
ただし、今回はVC200Lレデューサー2を付けて1278mmかつ、はくちょう座
方向ですからねえ〜。春の銀河で1800mmの時にどうなるかですよね。

---------------------------------------------------

撮影日時:2014年9月14日〜15日
撮影地:埼玉県民の森駐車場(標高830m)
星空指数:30点(薄雲、千切れ雲多く長時間露光不可)
気温:16℃ -> 11℃
湿度:夜露ビッショリ状態
シーイング:2/5、透明度も悪い

冷却CCD:ORION StarShootProVer,2.0(SONY ICX413AQ)
       ORION StarShoot MonoV(SONY ICX285AL)
撮像鏡筒:VC200L + レデューサ2 , 1278mm , F6.4
フィルタ:ORION 1.25inch Hα Filter
     LPS-P2

撮像時間:5min , 10min
ダーク画像:5min用2枚、10min用2枚
フラット画像:現地フラットツールにより5secX10枚
フラット用ダーク画像:***

赤道儀:ニューアトラクス改 + ひのきスーパーピラー
ガイド:自作オフアキ + QHY5L-UM + PHD

CCD制御:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:SI7

----------------------------------------------------

<以下、備忘録 兼 ドキュメント>

・RMS1.32程度である。(水蒸気いっぱい!)
 水蒸気が減ったら0.9程度になった。

・オフアキの星像がイビツでいやだ。

・QHYのピント調節機構が欲しい。

・PHDが暴れるのは風よりも水蒸気っぽい。
 風速2m程度でもブレていない。

・それにしてもガイドミスが1カットも出ない!

・輝星のゴーストが出ないねえ。

・輝星の光条が少なめだねえ。

・現地フラットを撮ったが、フラットもザラザラではまずいと
 思われるため、10枚撮った。

・SSProV2でIC5067を撮り終わった所で月が出た。
 薄いガスも出始めた。

・SSProV2の転送速度は"5"でノートラブルだった。

・23時頃から夜露が降りて来た。

・PHD露光は2秒で大丈夫だった。
 何処でもガイド星が見つかったが、はくちょう座だからね。

・SSProV2のIC5067は、西側が少し重い状態で撮ってしまった。
 本当はテスト撮影の予定だったが、晴れて来たのでそのままTWで撮った。
 赤経クランプも増し締めする前の状態で始めてしまった。
 なのに、一枚も失敗していなかった!

-------------------

・SSMonoVに交換。

・TEに変更し、赤経クランプを増し締めし、東側を少し重くした。

・PHDパラメータを見直し、RMS=0.84程度になった。
 RA agr=100 -> 80 , Min mo=0.3 -> 0.5 , Mx RA=500 -> 200 , Mx Dec=200 -> 200

・Hα撮影開始の0:20辺りから透明度が上がり始めた。
 月齢19.5を背負っての撮影である。
  |
  +−>すぐに透明度が落ち、月明かりで真っ白状態になった。

-------------------

<SI7 画像処理手順>

・ダーク画像を加算平均、バイリニアでコンポジットする。

・フラット画像を加算平均、バイリニアでコンポジットする。

・RAW画像を読み込む。(元画像)

・ダーク&フラット処理

・ホット・クールピクセル処理

・***calとして保存。(素材画像)

・σ1.3表示させてベイヤー・RGB変換し、Colorホルダーにセーブ。

・LRGB合成の場合は、コンポジット前にデジタル現像をしろと書いてある。
 ベイヤー画像の場合は?
 そもそも、多数枚の画像ごとに微調整やデジタル現像を行うのは非現実的だ。
 RGBはRGBでコンポジット後にデジタル現像、L画像はL画像で行いコンポジット
 するのが正しい処理であろう。ならば、ベイヤー・RGB変換後の画像も
 コンポジットしてからデジタル現像するのがスジだろうな。

・300s画像6枚と600s画像6枚を一括コンポジットする。
 表示を加算平均とし、加算平均(σクリッピング)、バイキュービックで
 コンポジットする。

・このコンポジットされたカラー画像はFits32ビット処理であるが、16bit階調である。
 デジタル現像しても良いし、中間調からあぶり出しても良い。
 星マスクを適用すれば尚良し。

・中間調にした時、ハイライトは20853であった。
 ここからあぶり出し、輝星像が適当になった所で星マスクを作る。

・600sX6だけよりも、300X6+600X6の方が結果が良かった。
 尚、600X6はデジ現を行った。

・そもそもVISAC F6.4にSSProV2.0で1カット600sではアンダーすぎる・・・
 やはり1200sは必要だ。うーん、1カット20分はキツイなあ〜。

・ここまでの処理はThinkPad SL510とSI7のみで行っている。
 画像の色がサッパリ分からない。

               以上
1
タグ: 天体写真



2014/9/16  22:41

投稿者:eti_forest (☆男)

あまぶんさん

これまた魅力的な出物とCCDカメラですね。完全に沼ですねえ。
ビットランは国産で高いだろうから見ていませんでした。
こんな値段で存在していたとは・・・
こんな値段ってどんなだよって話ですが。

VISACが予想以上に広範囲で点像を叩き出すので、APSCでは物足りなくなって
来ました。むしろ厚いスパイダーを有効に生かすには大画面素子が必要
なんだと思い始めています。チッコイCCDでは光芒で星が四角くなっちゃいます。
強い処理をやらなければ見れますが、Fが暗いのでどうしても露光不足です。

明るさは正義ですね!
調整頑張って下さい。
あのイプはあ〜、おそらく瞬殺でしょうね。(V)o¥o(V)

2014/9/16  21:52

投稿者:あまぶん

☆男さん、こんばんは。

天気はね〜。都合と暗夜が全然かみ合わなかったですね。今度の週末も×。

>手強そうですね・・・

私何か間違ってるのか?、先人の方々のを参考にしたり、独自の方法も加えてみたりしてるのですが。追い込みがまだ足りないようです。

K-3は、イプチェッカー?(測定器代わり?)、にしてしまってるようで申し訳ないようなもったいないような。(他に付けて使ったのは、先日お月様くらい。)

イメージサークルを生かすには36.5mm角CCDがよさそうですが、36.5mm角CCDくらいの画素ピッチでは星が四角形に成るのを気にかけてる方もいらっしゃるような。

私は、2段ペルチェなのがちょっと気になりますが、KAI-29050 G2 900,000円(税別)ってのが気になってます。(カメラ本体だけじゃ写せないですが。)でも光軸が追い込めないのでは宝の持ち腐れになってしまいそうなので、踏みとどまってます。(他の物も更新の必要がありそうだし。)

満月オフいいですね、でも次の次の満月からで(笑)。平日だし。


M54のリング作っておきませんか?・・・、新古品?だって(屋外未使用ってどういうこと?。)

誘惑のリンク。http://www.sanki-opt.co.jp/sale.html

2014/9/16  18:04

投稿者:eti_forest (☆男)

この夏は秩父方面が全く晴れず、カビが生えそうでしたね。
これからの季節、栃本方面はシーズンインでしょうか。
イプの場合は暗い所へ行かないと本領発揮できませんからね。
それにしてもF2.8は手強そうですね・・・

あまぶんさんのK-3はお元気でしょうか。
私は現在デジイチを一台も持っていない訳ですが、K-3Uとか出たらヤバそうです。
私のワンショットは古いSONY素子(ICX413AQ)ですから、流石に現在のデジイチ
には敵わないなあと感じています。K-5Usはホント、良いカメラでした。
私がイプを買ったら、KAF09000やKAF16803などの36.5mm角CCDへ行っちゃいそうで
踏み止まっています。(爆)
そんな沼にハマっている場合ではないので買いません(買えません)が。

秋になったら栃本で満月オフでもやりましょう。
その場合、私はナローバンドで撮っちゃうのかなあ〜?やっぱし。
イプでナローだとサッサと写って良さげですよね〜。
一式如何でしょう?
お月さん関係なくなって忙しくなりますが・・・

2014/9/15  22:10

投稿者:あまぶん

☆男さん、こんばんは。

流石です、厳しい状況でもしっかり物にされるとは。

こちらは、30秒10コマ 一セットの繰り返しだけなのにヒイヒイ、何度も絶望感がでした。次には何とか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ