The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
VISACのオフアキ完成  撮影機材

アルマイトが上がって来たので早速組み立てました。

VC200Lレデューサー2に付けたところ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

夕方に2Km先の山を見たところ、冷却CCDもQHY5-UMもこの位置で
ピントが合いました。☆ではあと2mm程ドローチューブが繰り込まれた
位置でピンが来ますから、QHYは少し引き抜く方向に動かす必要がありそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

設計では光軸中心から96mmの位置にQHYが配置される予定ですが、
山撮りでは94.2mmとなっています。おそらく、☆では1.8mm下がって96mmに
なるでしょう!たぶん。
まあ、設計通りだと言って良いのではないでしょうか。

残念ながら外は大雨!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ