The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
復活のアトラクス_VC200Lを載せてみた  撮影機材

VC200Lを載せてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

VC200Lはレデューサを付けるとオフアキが入らないようです。
いつも1800mmF9ではたまらないので、無理にオフアキを入れることも
無いかと思いました。バランスウェイトも軽減できるので8cmF5アクロ
をこんな感じで付けてみました。SuperStarならこんなに大きなガイド鏡
は不要なのですが、まあ、何処に向けてもガイド星が見つかるのは
精神衛生上良いのでは?と思います。

レデューサを付けてオフアキを使うには、冷却CCD+12mm以下の薄型オフアキ
が必要です。デジイチでは無理。
APSCワンショットカラーのStarShoot V2.0なら楽勝で使えますが、
当面は外付けガイド鏡でやってみます。

私のモノクロ冷却CCDは2/3インチと小さいため、VC200Lではチョット焦点距離
が長すぎます。10cmF6ニュートン鏡筒での撮像環境は既に確立されているため、
これを使い続けることにしました。

復活のアトラクスは90S赤道儀システムと比べると、相当にデカイです。
クリックすると元のサイズで表示します

90SシステムでひたすらL画像を撮っている最中はヒマです。
NarrowBandの場合は更にヒマです。
そこで、その時間を使ってVC200L + K-5Usでも撮影しようと思っています。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ