The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
復活のアトラクス_スーパーピラー偏  撮影機材

30cmF4クラスを載せるには、このくらいやった方が良いでしょう(^^♪
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アトラクスがちっこく見えますよ。
ピラー重量は45Kgぐらいじゃないでしょうか。
このピラーはですね、8年前に山から伐り出して来た88年生のヒノキ丸太です。
背割りを入れて8年間陰干ししたビンテージ物です。
だから、もう暴れないし強度もイイ感じに上がっています。φ220mm!

黒くて丸いのは5Kgのバーベル錘。
28mmバー用なので穴径が30mm弱でした。
アトラクスの台座はφ30mmのおへそにM12のタップが切ってあります。
ほぼピッタリですが、少しだけリーマーで仕上げないとなりません。
鋳物の文字が出っ張っていて邪魔なので、これはフライスで削ります。

足は90mm角、長さ1mの防腐処理角材です。
レベラーねじはM12で、裏からスリーブナットを入れてあります。
グラインダーで先っちょ丸め加工をしてあります。
Z金物ワッシャーとナットで固定もバッチリです。

何をするにも三脚すら無いのでは効率が悪すぎます。
と言うことで、始めにスーパーピラーを作った次第です。

あ、

玄関から・・・出せない(V)o¥o(V)
1



2014/4/23  21:40

投稿者:eti_forest (☆男)

demioさん今晩は。
木製とは言ってもヒノキピラー部が20Kg、バーベル錘X2個=10Kg、足部=15Kgで
45Kgだろうと思っています。まだ測ってはいません。
アトラが約20Kg、ウェイト6枚で15Kg、鏡筒側25Kgとすると、総重量が105Kgに
なります。これだけ末広がりに重ければ、多少の風にも強いのではないか?
と思っています。急ピッチで実用化する予定です。
県民の森か、きのこ茶屋Pでお会いできる日を楽しみにしています。

と、

自分にプレッシャーを掛けてみる。

2014/4/23  20:55

投稿者:demio

木製で45kgとは凄いです。
これで移動用ですか?
何分割かにして運ぶのでしょうか?
それとも台車に乗せて・・・
何れにせよ今後の進展が楽しみです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ