The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
縮小コリメート法(その42)_全画面点像で撮ってはみたものの  縮小コリメート法

それでは昨日の続きで、A=1.0mm(全画面均一ピント位置)で実写です。

M1 , ISO800_2X60s + ISO400_2X60s = 240sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

M81,M82 , ISO1600_4X60 = 240sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

確かに周辺まで点像に近くなってはいますが、
光量ムラがありすぎて画像処理が大変です。ここまで到達するのにも
時間がかかっています。労多くして実り少なし・・・本末転倒ですね。

処理をやっていても、画像自体がこんなレベルですから気合も入りません。
縮小コリメート撮影で画像処理負荷が重いなんてナンセンスです。
コンポジットもせいぜい4枚まで。出来れば1カット完結としたいですね。
ましてフラット画像まで撮る気力は湧いて来ません。
この辺りは個人差があると思われますが、私はやはりこっちの方が好きです。

          ↓

M106 , ISO1600_4X60 = 240sec Total ( A=3.8mm 全画面均一光量位置)
クリックすると元のサイズで表示します

これは殆ど画像処理らしきことをやっていませんし、シェーディング補正も無しです。
何よりも撮影現場で均一フラットな画像がポンポン撮れるので精神衛生上も良いです。
ハンドリングの良さも最高で、縮小コリメート撮影法ここに極まれり!
って感じです。

全画面点像位置の場合、合成F1.4の光学系の難しさが顕著に現れます。
少しでもカメラが傾いていれば星像が伸びますし、中央集光スポットが右へ左へ
動き回って精神衛生上宜しくありません。”スケアリング”なんて単語が
頭をよぎります。ちっともお気楽ではありませんでした。
こんな撮影は、もうやらないでしょうね。

もうやらないだろうから、記念にM82をズームして気合撮り(爆)。

M82 , 11.8mmF2.0 , 合成F=3.33 , 合成焦点距離666mm , ISO1600_4X125s = 500sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

ぴんたんさんのFlatAideを使わせて頂きました。
元画像はコレ↓ですから・・・
クリックすると元のサイズで表示します

まあ、これはコレで凄いっちゃースゴイ。
LX7で合成焦点距離666mmと言うことは、35mm換算で4.55倍で3030mmと言うことです。
焦点距離3030mmF3.33相当の光学系を90s赤道儀でノータッチトラッキングですよ。
でも、たぶん、もうやりません。

ここ数日で思ったことは、やはり空が暗い所へ出掛けて行って☆を見たい!
と言うことです。M106を20cmで見ると結構大きいのでビックリしますが、
悲しいかな、この夜空では感動ってもんがありません。
いつもは冷却CCDで気合撮り遠征ばかりですが、これは☆を楽しんでいると
言うより、機材やデータの仕上がり具合を楽しんでいる感じですね。

だから、

縮小コリメート撮影法やPanasonic DMC-LX7と言ったお気楽ツールが魅力的に
思えた訳です。LX7は、ハッキリ言って☆がスゲー写るコンデジです。
手の平に載ります。アイピースにチョン付け出来ます。
赤いのも結構写ります。250秒も露光でき、ダークも勝手に減算してくれます。

でも、

ここまでの道のりは長かったなあ〜!

そろそろまとめましょうかね、縮小コリメート撮影法。

<共通データ>

撮影日時:2014/04/01〜02 , 21:18:16〜01:59:32
撮影場所:飯能市郊外の林道
シーイング:5/5
鏡筒:VC200L
アイピース:PHOTON32mm + LPS-P2
カメラ:Panasonic DMC-LX7 , 4.7mmF1.4開放端で使用
赤道儀:90sノータッチ・トラッキング
0



2017/2/28  4:02

投稿者:くろちゃん

お返事ありがとうございます。
今回の撮影はスマホのケースにエンビのパイプをグルーガンで接着して作りました。
一応エンビのパイプには三点ネジを取り付けて多少の位置を調整できるようにしています。
本当に手作り感満載のガジェットになってしまったのでその辺りをきちんと作ればもう少しよいものがと思います。
あとはステライメージとかを所有していないので、コンポジットなどの処理が出来ていないので処理していませんが、編集を組み合わせたり、アイピースや鏡筒の組み合わせ次第ではさらによい作品が出来ると思います。

ちなみに今回の機種変にあわせて色々スマホをさわってみたのですが、最近のはプロモードやマニュアル撮影と称してrawデータや露出時間の変光が出来るものが増えた気がします。
調べてみた限りですと、最新のXperiaで1秒、GALAXYで10秒などといった感じです。
スマホのカメラは基本的に明るいレンズですので、GALAXYなら銀河も撮影出来るかもとは思います。
GALAXYのような大衆向け機種で出来るようになれば本当のお気楽撮影ですね(笑)

とりあえずお金をあまり持っていない自分がこれから試してみたいことは仲良くさせていただいている人がユーハン工業の赤道儀に40センチの鏡筒をのせているのでそちらをお借りして撮影してみること(アイピースが自前のが使えて赤道儀の精度がかなりよいので、追尾、導入もしっかりしたものが出来そうなため)と、美星天文台の公募観測に応募して1メートル鏡筒でコリメート(こちらはアイピースが専用?でかなりでかいのでケースを新たに作る必要がある)をやってみたいですね。後者の方は操作資格は持っていますが、ケースの問題があるのですぐには難しいかもしれませんが、前者は
近いうちにお願いしてみようと思います。

自前の鏡筒も新調したいと考えているので、その辺りも含めてこれから色々試してみようと思います(^-^)

2017/2/27  20:40

投稿者:☆男(hoshiotoko)

くろちゃん今晩は。

とうとうisaiってので撮ったのですね!
掲示板も拝見しました。スマホなんですねえコレ。
今時の観望会では、皆さん必ずと言って良いほどスマホで撮ってみようと
試みます。自分のスマホに画像を残したいのですね。
縮小コリメート法はかなりマニアックな領域だと思うようになりました。
まず、
カメラを決め打ちしないとまともな画像が撮れません。
この時点で、観望会用お気楽撮影機材ではなくなります。
次に、
皆さん、ご自分のスマホで撮れたことに感動なさいます。
備え付けのカメラを使わせて頂き、後から画像データを貰うという運用は、
あり得ない程非現実的な現状があります。
なので、
isaiってのは非常に面白いアプローチだと思います。
これからはスマホで縮小コリメート撮影ですかね?!
考え方を変えなければ・・・
良い画像が撮れたら見せて下さいね(^^♪

2017/2/26  22:41

投稿者:くろちゃん

お久しぶりです。
ついにisaiの最新機種をてにいれたので早速コリメートしてみました。
ショボい機材で課題は山積みですが、なんとか撮影出来ました(^-^)
ここには画像がのせられないので掲示板に書き込んでおきました。
よかったらまた見てみてください。
それにしてもスマホで銀河とは素晴らしい世の中になりました(^-^)

2015/5/17  13:25

投稿者:☆男(hoshiotoko)

くろちゃん今日は。

au の isaivividってのが出るんですね!
isai FLってので日本エレキテル連合がコラボっていたのが去年でした。
おっと、
時は流れてスマホのカメラでも、とうとうそこまで行くのですか。
あの薄さ、小ささでも焦点距離4mmとかあるんですねスマホって。
結構良く写りますが、200万画素くらいでイイよとも思います。
各社ミラーレスを脅かしたスマホ、こんどは縮小コリメーターを
楽しませてくれるのでしょうか。
これがスタンダードになると、普通の人はますますスマホで十分だと感じるでしょう。
公共天文台などでもスマホ対応が急がれますね。
楽しみです!

2015/5/17  6:28

投稿者:くろちゃん

お久しぶりです。お元気にされてますか?
またまた気になる機材(カメラ?)がでるみたいなのでちょっと書き込んでみました。
auの夏モデルでisaivividとかいうスマホが出るのですが、Fが1.8でスマホのカメラなのにシャッタースピード30秒まで設定出来るみたいです。感度も最大2700まで設定出来るみたいですし、いよいよ天の川の撮影が出来るスマホの発売かと少しテンションが上がっています。この機種の発表前にスマホを変えたばかりなので機種変とまではいけませんが、ゆくゆくは60とか180秒位まで設定出来るスマホが出るのではと期待しております。
最近のスマホのカメラはFが1.◯の機種も増えてきていますし、これでシャッタースピードがのびれば最高のお手軽コリメートが出来る時代がやって来るかもしれませんね。
まぁ、ノイズののりがどれくらいになるかも問題ですが…。

2014/10/11  1:53

投稿者:☆男

くろちゃん今晩は。

いきなり750mmの直焦点撮影が成功するとは
思えません。見えない天体を写野に入れるだけで
1時間以上かかることもあるでしょう。
先ずは天体の位置を覚えないとスムースな撮影
は出来ません。もちろん、自動導入オプションに
頼ればその限りでは無いですが、cg4は観望プラスα
の赤道儀ですから、観望と短時間露光専用にした
方が良いですね。初めから自動導入機能やオートガイド
ポートを備えた撮影用機材を後に導入することを
お勧めします。

じゃあ〜今の機材では無理なのか?
と言うと、そんなことはないです。例えば、
X5でISO12800で60秒露光し、これを8カット
コンポジットすればかなりマトモに見えます。
X2では出来ないですが。
また、
15cmF5ニュートン反射は縮小コリメート撮影法に最適
です。友人は25cmF5ニュートン反射鏡筒で最高の
結果を出しています。アストロアーツのギャラリーを
検索すれば沢山出てきますよ。

2014/10/10  23:02

投稿者:くろちゃん

お返事ありがとうございます。
知恵袋の質問もご覧くださったようでまことに恐縮です。
実はあの質問の後セレストロンのCG4という赤道儀とSE150Nを買ってしまい今では一軸モーターで直焦点ライフを楽しんでおります。子持ちやスバル、M101、M78、ミラクズゴーストなどを撮影しました。
しかしながら長時間露出は避けられないもので、どうしてもガイド無しでは3分以上は星が流れがちになってしまいます汗
結果LX7の記事はやっぱり試してみたくて仕方ないのですが、一つ気になることがあります。明るい対象なら良いのですが暗くてファインダーで確認できない対象はどの様に導入したらよいのでしょうか?
今は赤道儀のメモリで合わせていますが、どうもメモリの精度がイマイチで導入に苦労しています。コリメートだと更に視野が狭くなり導入に苦労しそうな気がしています。

2014/10/2  23:42

投稿者:☆男

<つづき>

モノには順序と言うものがありますから、まずはLX7を買っちゃいましょう。
そしてハヤブサVでとにかく撮りまくってみて下さい。綺麗な星空の下で・・・
解らないことは私に聞けば何でも教えちゃいますよ〜(^^♪
大丈夫です。
今の機材は目で見て楽しむには”それなりに”感動がある筈です。
今のカメラは明るい35o程度のレンズを付ければ十分に現役で星が撮れます。
今の赤道儀はLX7でワイド端(24mm相当)〜テレ端(70mm相当)で十分使えます。
LX7のテレ端(35oカメラ換算で70mm相当)で撮るとこうなります↓
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/249.html
どうです?
北アメリカ星雲もペリカン星雲もハッキリ写っているでしょう?

このレベルには直ぐに到達出来ますよ。
それには天体用画像処理のコツも多少覚えなければなりません。
でも、その過程は楽しいモノですよね。
天体撮影に興味を持ったことは素晴らしいこと。
自分の機材で系外銀河が写せた時の感動は素晴らしいこと。
いじわるで下らないアドバイスとも言えない助言はサッパリ忘れてしまうこと。
じゃあ頑張ってみて!

2014/10/2  23:40

投稿者:☆男


くろちゃん今晩は。

まずは私のブログの一番最初のページをご覧ください。
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/3.html
ここにM31アンドロメダ銀河を300mmF5.8のキットレンズで撮影した画像が載って
います。PENTAX K-xのダブルズームキットのレンズです。
どうです?
くろちゃんがこれを撮れたら嬉しいと思いませんか?
実はM31はとても大きな銀河なため、広角レンズで撮ってもハッキリ写ります。
例えばコレ↓
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/391.html
一番下の”最高の星空”はLX7の広角端4.7mmF4 250秒露出で撮ったものです。
ここにはM31,M33,二重星団,カシオペア座など様々な天体がハッキリ写っています。
LX7で撮っているんですよ。コンデジです。
今、くろちゃんが買うべきは新品のLX7の一択ですよ!

ハヤブサVは星空撮影架台と呼ばれていた昔のポータブル赤道儀ですね。
私はイマドキの超小型ポータブル赤道儀よりも遥かに玄人好みで良いモノだと
思います。これを作っている人は良く分かっていらっしゃる。
これならばAPSCデジイチでも楽勝で50mmレンズを2分ぐらいガイドできますよ。
でも、くろちゃんが持っている75-300mmは無理ですね。
これは原理的に手動で動かして星を点像に留めることが出来ないということです。
ましてや、短焦点反射望遠鏡での直焦点撮影はマニアの領域。
スキー初心者がチャンピオンコースのてっぺんでびびちゃうのと同じで、無理!

<つづく>

2014/10/2  18:44

投稿者:くろちゃん

山登り好きの人ではないです
知恵袋で激安銀河撮影の質問をしてここを紹介され、拝見させていただいてる次第です。
結局赤道儀とモーターを買って直焦点をやってる次第です。
ただ、ガイドはしてないので、やはり縮小コリメートには興味がありまして。
新しいのが発売されてLX7がやすくなればと期待してたり。友達がLX7を持ってまして後継機がでたら買い直すと話していたので安く譲って貰えないかと(笑)
もし手にしたら是非ともここを参考に楽しんでみようと思います!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ