The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
縮小コリメート法(その40)_強風にも強い縮小コリメート法  縮小コリメート法

いや〜凄い風でした。
VISACの蓋が遥か彼方へ吹っ飛んで行ってしまいました。
GPVのお告げで3時には晴れる筈との目論みで一応待機。
2時半頃から晴れ始めたのでセットアップしたは良いが、あまりの
強風でしばらくは何もできず・・・

今回は裏山林道450mにて天頂ミラーを使わずに試写。
強風の合間に撮影するのでLPS-P2すら使わず、基本1カット30秒。
ピントは写野中心です。
ほぼ1時間で下記全部を撮り切っています。

M51 , ISO800 4X30s = 120sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

M101 , ISO800 4X30s + ISO200 1X125s = 245sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

NGC4565 , ISO800 , 2X30s = 60sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

M64 , ISO800 , 2X30s = 60sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

M27 , ISO200 , 30sec(薄明中)
クリックすると元のサイズで表示します

M27 , 17.7mmF2.3 , ISO1600 , 30sec (強・薄明中のオマケ)
トリミングはしていません。
クリックすると元のサイズで表示します

主点合致位置は昼間の風景で決め打ちです。
なのでもっと良くなる位置が有るハズですが、光害地にてLPS-P2も使わず、
フラット補正も無しでこれだけ均一な光量ならば文句なしです。
この位置でも、写野1/4端でLX7のLV画面にてピントを合わせれば十分に
イケそうな予感がします。

<共通データ>

撮影日時:2014/03/31 , 03:35:12〜04:37:32
撮影場所:飯能市郊外の林道
鏡筒:VC200L
アイピース:PHOTON32mm
カメラ:Panasonic DMC-LX7 , 4.7mmF1.4開放端で使用
赤道儀:90sノータッチ・トラッキング
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ