The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
縮小コリメート法(その33)  縮小コリメート法

VISAC最強神話ここに始まる

薄雲でハッキリしないが晴れていたのでVC200Lの実写テストを強行!
但し画像処理は最小限です。

まず、

フリップミラーの付け根(2インチスリーブ固定部)のガタガタにより、
撮影ごとに光軸が激しく動いています。
光軸センターに無いと中央集光せずに写野の端っこが明るくなったりします。
また、片側だけ周辺部で星が伸びて写ります。
  |
  +−>しかしながら、光軸が合っていると・・・

このように写ります。
M66 , ISO800 , 4X60S = 240sec Total (右端はM66)
クリックすると元のサイズで表示します

以下は光軸がアチコチ動き回った結果、一部で星が伸びています。

M37 , ISO1600 , 60sec 1カット画
クリックすると元のサイズで表示します

M81 , ISO800 , 4X60S = 240sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

M82 , ISO400 , 4X60S = 240sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

M51 , ISO800 , 4X60S = 240sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

本日の結果より、VISACは光軸が合っていれば最強の縮小コリメーターと
言えるのではないでしょうか。スバラシイ!

もう一つの可能性としてこんなこともやってみました。

NGC2392 エスキモー星雲 等倍切出し, 14X30S = 420sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

エスキモー星雲の視直径は木星と同じ42"角程度です。
わずか7分の総露光ですが、結構イイ感じではないでしょうか。
だって、コンデジ LX7 で撮ったお気楽撮影なのですから!

<共通データ>

---------------------------------------------------

撮影日時:2014年3月21日
撮影地:飯能市郊外で庭撮り(標高200m)
星空指数:30点
シーイング:4/5
気温:5℃

カメラ:Panasonic DMC-LX7
撮像鏡筒:Vixen VC200L
縮小コリメート用アイピース:PHOTN25mm ( 60°)
フィルタ:ORION SkyGlowFilter 1.25"

ダーク画像:カメラが毎カットごとに自動取得
フラット画像:無し
フラット用ダーク画像:無し

赤道儀:TS-90S
ガイド:ノータッチトラッキング

画像処理:cs5 , SI7
----------------------------------------------------

----- 2014/03/22 追記 -----

PHOTN25mmの真の写野は↓のようになっています。
クリックすると元のサイズで表示します

今回の実写では主点位置が合っていないようです。
VC200L + PHOTON25mmは初めての組合わせのため、星像を見て決めましたが、
間違っているようです。昨年A80M + PHOTN25mmで撮った1枚画を貼っておきます。

M27 , A80M + PHOTON25mm + LX7 , 4.7mmF1.4 , ISO800 , 125sec1カットのみ
クリックすると元のサイズで表示します

こういう感じで写らないとウソだと思います。
0



2014/3/23  10:34

投稿者:eti_forest (☆男)

demioさん

いつもdemioさんの1800mm銀河を拝見しております。
ガイドも仕上げも素晴らしく、当初から参考にさせて頂いております。m(__)m
当面は縮小コリメートに使用し、demioさんとは違うアプローチでVC200Lを
楽しみたいと思います。いろいろアドバイスをお伺いするかもしれません。

しかしVixen

VC200Lは撮影専用鏡筒だと思うのですがねえ〜・・・今一歩オシイところです。

2014/3/23  10:14

投稿者:demio

VC200L導入おめでとうございます。
これで頼もしいVC仲間が増えました。
ご指摘のようにフィリップミラー取付のガタはいただけませんね。
眼視での使用しか考えていない気がします。
私も系外銀河で使っていますが、先日主鏡洗浄してからは光軸調整で悩んでいます。
カセグレン鏡はかなりシビアな調整が必要なようです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ