The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
外は寒みイ〜にゃあ  

あ〜極楽極楽くう〜
今年も終わったにゃ〜

クリックすると元のサイズで表示します
↑妻から携帯メール添付で来た画像なので粗いです♪

あとはとーちゃんが年賀状を作ればいいんだって・・・(V)o¥o(V)

----------

今年も当ブログを読んで下さって有難うございました。
こんな偏った内容ですが、お付き合いを頂いて感謝しております。
年末に山へ行かれる方は、くれぐれもお気を付け下さい。
それでは良いお年を!
2



2013/12/30  2:14

投稿者:eti_forest (☆男)

犬王さん、今年は縮小コリメート撮影法の仲間が増えて楽しかったです。
今のところ長焦点屈折やF6程度のニュートン反射+フラットナーで
良い結果が出ています。どうやら元々の像面がフラットな方が良いようです。
(当たり前か?)
ですから、C-8ではNLV25mm(50°)辺りが限界で、60°のアイピースではほぼアウト
でした。セレストロン純正のX0.63レデューサ・コレクタを入れると悪化しました。

縮小コリメート撮影法の用途を考えると、大口径ニュートンドブで観望し、
メモ代わりにササっと撮るのが良さそうですね。
FC-125やTOA-130と言った高性能屈折でも、アイピースやLX7レンズとの相性に
よっては必ずしも良像とはなりませんでした。
しかしながら、一番ダメそうだったC-8でも視野50度のアイピースであれば
大丈夫だったことから、無理に広写野を狙わなければどの鏡筒でも円形写野で
撮れる可能性が高いことも判りました。

そのような意味で、笠井のSV32mmはLX7の37mmフィルタねじ直結で撮れて便利
でしたし、国際光器のPHOTON25mm(60°)はVixen DG-NLV DXアダプターに
ギリギリ入って無改造ベタ付けで撮れてラッキーでした。
Vixen NLV25mm(50°)はC-8 , C-14 , FC-125 , TOA-130 , FL-90S , A80M ,
10cmF6 Newtonian , RFT80で好結果を残しており万能です。

ハイペリオン24mmはC-14で結構使え、PENTAX XW20mm(70°)は高価ですが
25cmF5.6 Newtonian + MPCCで好結果を出しています。
買えるのであればXW20mmが一番適しているかもしれませんね。
でも70°もあるとLX7の広角端でも円形写野とはならず、四隅がRになる感じです。
好みの問題もありますが、私は円形写野がなんとなく好きです。

XW20mmを買ったら、XW20mm最高!って言うんだろうな・・・やっぱし♪
と言うことで、良いお年をお迎えください。

2013/12/29  3:59

投稿者:犬王

寛いだ猫ちゃんたちには癒されますねぇ。

今年はこのブログを発見し、縮小コリメートという新しいジャンルへ挑戦させていただきました。

これからも貴重な記事を楽しみに拝読させていただきます。

来年もよろしく御願い致します。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ