The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
縮小コリメート法(その23)  縮小コリメート法

今回のお題は、

縮小コリメート撮影法でラヴジョイ彗星を撮る!

です。
11月30日〜12月1日にかけて入笠山へ出撃して来ました。
スタッドレス+チェーン必須のアイスバーンですよ。
氷点下6.5度まで下がりましたよ。標高1800mは(V)o¥o(V)

しかし、

どうやら確立されたと言って良さそうな縮小コリメート撮影法でラブジョイ彗星を
撮りたくなってしまった。林道は通行止め、谷落ちしてもJAFは来てくれない
というおっかね〜条件を押して観測所へ上がりました。

じゃ行くよ、よーく見ておくれ!
FC-125とLX7で撮ったラヴジョイ彗星の雄姿。
クリックすると元のサイズで表示します

1カット30秒×8=240秒な訳ですよ。
美しいですね〜♪ 今見ないとイカンですよコレハ。
彗星はやっぱり高い所で見たいですね!
その1枚カットはこれ。
クリックすると元のサイズで表示します

うーん、周辺まで点像です。
NLV25mmのアイレンズとLX7のレンズ間距離は3.1mmとしました。
正しい主点合致位置は1.7mmですが、FC-125はフラットナー無しのF8です。
この位置では周辺星像が回転方向に流れてしまいました。
3.1mmの位置にて6X30ファインダーでNLV25mmを覗いてFC-125のピントを
出しました。(写野端から1/4程度の位置にて)
LX7側は2m〜∞マークの間ならほぼOKですが、私の個体は
やや2mに近い所が最適位置であると判断しています。

じゃ次行くよ。
せっかく完璧な星空の下に来たのだから彗星だけじゃあ勿体ない。
もちろん、光害対策フィルター無しで撮りました。

M33
クリックすると元のサイズで表示します

M51
クリックすると元のサイズで表示します

M101
クリックすると元のサイズで表示します

M78
クリックすると元のサイズで表示します

M42
クリックすると元のサイズで表示します

M42(これはマナスル山荘新館のTOA-130で1カットもの!)
クリックすると元のサイズで表示します

いや〜F8前後のフローライト鏡筒、良いですねえ〜。
これだけポンポン撮れると時間にも余裕が生まれます。
いつもやっているNarrowBand撮影とは真逆の撮影方法ですよ。
M33なんか、たったの8分ですから。
それで8枚もコンポジットしてるんですよ。

LX7は1.7型MOS素子のコンデジです。
12bitであることが惜しまれます。
せめて14itあればハイライト飽和が4倍の耐性になるのですが・・・
ま、そのうちに出て来るでしょう。

最高の星空

LX7 4.7mmF1.4(2.8) , ISO400 , 250secX1枚
クリックすると元のサイズで表示します
0



2013/12/4  20:45

投稿者:eti_forest (☆男)

demioさん今晩は。
三峰でdemioさんが撮られたM33を昨日拝見いたしまして、
ニョロ〜〜、やっぱ凄いわ〜と思っていたところです。
このところ縮小コリメートばかりやっているので、☆が三角形になっちゃうのなんか
怖くなくなっておりました。(笑)
それにしても30日は沢山おでましで・・・(^^♪

そうですね、メシエマラソンなんかでは有効でしょうね。
撮影するアイピースと観望するアイピースを同焦点にしておき、
ササッと交換してパシャッと撮影し、こんな感じに見えるよ〜なんて
良いかもしれません。そもそもコンポジットするようなコンセプトでは
なかったのですが、そこは性分が出ちゃいました。

お山の道は雪と言うよりも氷でアイスバーンでした。
もう春まで溶けることは無いと思います。
圧雪なら楽勝なんですが、この時期が一番危ないかもしれません。
お互い気を付けましょう。

2013/12/4  19:27

投稿者:demio

こんばんは。
もうスタッドレス+チェーンですか。
冬季のお山はアクセスが厳しいですね。
これからは除雪されている観望場所を探さねば。
やはり暗い空で撮ったラヴジョイは素晴らしいですね。
M33なぞは光害フィルターなしとは言えハイスピード露光での画像とは思えません。
メシエマラソンやカタログを作る場合は強力なアイテムになりますね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ