The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
縮小コリメート法 (その22)  縮小コリメート法

VixenのSUPER-POLARIS-FL-90Sというフローライト鏡筒で撮影してみました。
D=90mmF9 , FL=810mmという鏡筒です。
いろいろ調べたり実験した結果、NLV25mmとLX7のレンズ間距離は1.7mmが最良点
であることが判明。従って、前回11mm切断して短縮したDG-NLV DXアダプターを
更に3mm詰める加工を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します

アイピースをねじ1本で固定するために光軸がずれてしまうイヤな構造です。
ズレないように見口のプラ部分に紙を多重に巻いてピッタリと入るように
小細工を行いました。また、DG-NLV DXアダプターは汎用性が高い半面、
やたらと3点固定ネジが多くて間違いやすいです。
そのため、カメラ回転に使う1箇所のみを残してセットビスで固定しました。

DG-NLV DXアダプターの調整ネジはピッチ0.7mmです。
4mm厚の固定リングを入れた状態でアイレンズ←→LX7前玉距離が1mmです。
そこで、1回転、2回転・・・6回転まで試写したところ、1回転目が一番良像
となりました。つまり1.7mmの位置です。

ピント合わせは6X30ファインダーをアイピースに押し当て、γCygを写野中心付近
に置いて行いました。
クリックすると元のサイズで表示します

このピント位置のまま撮影したh,χです。
合成F=1.69 , ISO320 , 60secX1
クリックすると元のサイズで表示します

凄いですねえ〜、周辺まで点像ですよ。
フローライトなので色収差もありません。
この星像ならば十分に実用域に達していると思います。

但し、

アイレンズに1.7mmまで近付けているといことは、LX7の前玉に十分な光量が
入射していないことを意味します。つまり、中央集光、周辺減光となります。
このh,χはcs5で新規レイヤーを作って円形レベル補正1回で補正してあります。
素直な光量ムラなので、フラットを適用しなくても作例程度にはなりました。

ところが、M31やバラ星雲など、写野一杯に広がるような対象は苦手です。
周辺の淡い所が出ないのです。そこで、
周辺星像がダメダメになることを覚悟でレンズ間距離を5.2mmまで広げたところ、
全面に十分な光量が入って来て画像も明るく周辺減光もほぼ無くなりました。
その条件で撮ったのが以下の作例です。

撮影地:飯能市郊外で庭撮り。

バラ星雲 ISO800 , 60secX9
クリックすると元のサイズで表示します

M31 ISO800 , 60secX4
クリックすると元のサイズで表示します

M33 ISO800 , 60secX4
クリックすると元のサイズで表示します

M1 ISO800 , 60secX4
クリックすると元のサイズで表示します

M42 ISO800 , 60secX2 + 30secX2 + 15secX2 , 3m30s Total
クリックすると元のサイズで表示します

次回はh,χと同じ正規の位置で撮ってみたいと思います。

              つづく
0



2015/10/27  21:55

投稿者:☆男(hoshiotoko)

あきさん

こんばんは。
Lavenduraアイピースのテストはまだ出来ていません。
手持ち機材だとC-8になるのですが、観望→チョイ撮り用鏡筒としては最適かな
と思っています。試写したらアップしますね!

2015/10/27  9:47

投稿者:あき

ご無沙汰しています。
ほぼ1年ぶりですが、宜しくお願いします。
その後、ボーグ76EDとビクセンLV25の組み合わせで、いろいろ試して周辺はともかく、中心部はLX7の赤色に感度が高い特性もあり楽しめました。
最近の貴殿の記事の中で、ラベンダーアイピースの事が出ていましたが、その成果はいかがでしょうか? 30ミリのほうに興味があります。見かけ視界は広くないので、あまり投資効果がなければ、と躊躇しています。

2014/11/17  1:01

投稿者:eti_forest (☆男)

あきさんへ

友人の鏡筒は25cmF5ニュートンです。
なので75SDHFとXW20mmと言う組合せではやっていないです。
でも私の経験では屈折鏡筒はどれもなんとか落とし所があり、
シュミカセに比べて素直な特性だと思っています。
試した屈折鏡筒はRFT80 , A80M , FL-90S , FC-125 , TOA130です。
どれもNLV25mm(50°)なら周辺まで許容範囲に入りました。
Photon25mm(60°)だとスマイスレンズの影響もあって相手を選びます。
最近は無理に広写野を狙わず、50°のプローセル型が一番良いと思っております。
NLV25mmは反射系とも相性が良く、C-8 , VC-200L , 25cmF6ニュートン ,
10cmF6ニュートンで満足できる星像が得られています。
ちなみに、
ナグラーなどの超高級・広視野アイピースではまともな星像にならなかった・・・とは、友人Hの25cmF5のデータです。
まずは50°のプローセル型で突き詰めては如何でしょうか?
XL21mmは65°なので周辺画像を満足するのは大変だと思います。
良像範囲が広がったとのことですから、もしかしたら50°相当の円内は点像
になっていませんか?思い切って周辺は諦めると言うのもアリですよ。
XWシリーズは70°ですが、XLシリーズよりも周辺像も改善されているとのこと
ですから、悩みは尽きませんねえ〜(^^♪


2014/11/15  22:34

投稿者:あき

ご無沙汰しています。
その後 ペンタのXL21を入手し、105SDHFと相性よかろうとチャレンジしたのですが、良蔵範囲は広がったのですが、やはり周辺はグルグルです。 なかなかこのページの作例のようにはいきません。 ☆男さんのお仲間の方のXW20は75SDHFとの組み合わせでは周辺までピントバッチリなのでしょうか? 悩みがつきない・・・  

2014/10/11  0:57

投稿者:☆男

あきさんへ

天文沼暦40年の私のブログに来てしまったのが運の尽き。
沼は底無しですよ〜。
途中で辞めたいなんて言ったって、
だめよ〜、ダメダメ!

2014/10/11  0:02

投稿者:あき

☆男様
有益なコメントありがとうございます。
一度あわせた主点とズーム比を途中で色々変えるのは御法度との事、よくわかりました。しばらくLX7は開放ではなくf6.9(35ミリ換算で35ミリ)で使ってみます。
鏡筒が変わるとまたアイピースとの相性を調べねばなりませんね。
だんだん泥沼にはまってきたぞ! でも月の出ているときでも自宅でチェックできるので悩むのも楽しいです。 30ミリくらいでアイレリーフ20ミリくらいのアイピースも欲しくなってきました。ペンタのXL28どこかにリーズナブルな値段ででないかな?


2014/10/9  13:07

投稿者:☆男

あきさん

SDHF105mmでしたねm(__)m

2014/10/9  13:03

投稿者:☆男

あきさん今日は。

昨日は私もチョットだけ皆既中の月を見ました。
LX7は広角端〜ズームアップするとレンズが一旦引っ込み、
再度出て来るという動きをしますね。私のもそうです。
F1.6で使えるなら十分に明るいと思いますから、その組合せではF1.6がベスト
だと思えば良いのではないでしょうか。縮小コリメート撮影法ではズーム可変
はご法度かつ、鬼門となります。F1.6で良かったなら、F1.6固定で使うべきです。
何しろ合成F1.4とかF1.6という、望遠鏡としてはあり得ない明るい光学系に
なる訳ですから、光軸には非常に敏感ですし、レンズ間距離の僅かな違いで
雲泥の差になるんです。なのでユニバーサルアダプターや、Vixenのフリップミラー
のようにぐにゃぐにゃ、ガタガタなアダプターはイカンのです。
アイピースをM3ネジで横から1本止めするような安易な固定方法では、
簡単に光軸がずれ、写野の光量分布が醜いことになります。
アイピースに紙を巻いて偏らないようにするなどの小細工が有効です。

また、
私も初めのころは出来るだけ大きな写野を確保しようと2インチアイピース
や60〜70度のアイピースを試して来ましたが、そもそもそんなに広範囲で
良像を叩き出す望遠鏡自体が殆どないのです。
私が使った範囲では60度のPhton25mmが屈折鏡筒との相性も良く、広い写野を
確保できました。価格も安いです。(国際光器)
一番相性が無かったのがVixenのNLV25mmで、写野円は小さいですが
宇宙船の窓から覗いているように見えますし、案外気に行っています。
無理に広写野を狙わないことです。
SDHF75mmなら、PENTAX XW20mmが最適かもしれませんね!
このアイピースは高価ですが、友人のテストではダントツとのことです。


2014/10/9  0:08

投稿者:あき

☆男様こんばんは。
今日の月食、当地も晴天で、月食観察はそこそこにして、縮小コリメート主点あわせを再トライしました。ファインダーで無限遠を出しました。 フリップミラーにボーグのSD−1をつけて中にアイピースLV25を入れSD-1のスライドする外筒にバーニヤを貼り、0.5ミリづつずらしながら試写しました。 結果 私の主鏡筒SDHF(ボーグ1.4テレコン使用)では、LX-7の広角4.7ミリでは、レンズ間を2ミリ程度にしても 円形写野が小さくまた周辺減光も大きく、使い物になりませんでした。 35ミリF1.6でやっと写野周辺までほぼ点像になりました。この時レンズ間は多分3.8ミリです。
☆男さんと異なる結果なのは、アイピースと鏡筒が違うからなんでしょうね。
あと 私のLX−7は、広角端からズームすると 鏡胴が多少縮み、レンズ間距離が変わります。ですから ズームするたびに再調整せねばならない、ということになるのでしょうか?
以上 報告でした。

2014/10/1  22:57

投稿者:☆男

あきさん

アダプターの中でアイピースを固定する際”カメラレンズ側に寄せて固定”
でどうでしょうか(^^♪
ご報告お待ちしております!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ