The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
オフセットした斜鏡は光軸合わせが難しい  撮影機材

卍スパイダー化に伴って、斜鏡を1.75mm接眼と反対側へ
オフセットしましたが、光軸合わせが大変になったので
書き留めておきます。

1.スパイダーを鏡筒の中心に配置する。
  この時、斜鏡はオフセットしているので無視。

2.斜鏡オフセット量の√2倍を斜鏡中心からずらしてマーク
  しておく。この時、斜鏡の真のセンターにもマークする。

3.√2倍ずらした点がドローチューブの中心に来るように、
  センタリングアイピースを使って合わせる。
  この作業は主鏡を外した状態で行うと紛らわしくない。
  この時、接眼部から覗いて斜鏡が丸くドローチューブの
  中心に来る程度に合わせておく。

  √2倍の点がドローチューブの中心に来ていることが
  ポイントである。この位置が定まらないと、
  主鏡と斜鏡をイジクリ倒して何処でも光軸が合っている
  ように”見える”調整もできてしまい、ハマる。
  ただ、良く見ると光軸は合っていてもドローチューブ
  の中心を通っていないので分かる。

4.主鏡をセルにベタ付けする。
  但し、主鏡はセル中心=鏡筒中心になるようにしておく。
  この時点ではセンタリングアイピースの穴が大きくずれている。

5.斜鏡スパイダー角度調整用の3本ねじで主鏡のセンターと
  斜鏡の√2倍点、センタリングアイピースの穴を合わせる。
  この時、斜鏡のセンターボルトを動かしてはいけない。

  これでドローチューブ中心、斜鏡の√2倍点、主鏡中心が合った
  ことになるが、主鏡に写ったセンタリングアイピースの穴は
  相当にズレている。

6.主鏡セルの調整ねじのみを使い、センタリングアイピースの穴
  と斜鏡の√2倍点、主鏡中心点を合わせ込む。
  この作業は比較的簡単に追い込める。

7.主鏡セルだけでどうしても追い込めない場合は、斜鏡も微調整
  する。ほんの少し動かせば全ての軸が一致する筈である。

  ここまでの作業で十分に実用的なレベルで合っています。
  
8.ドローチューブから覗くと、主鏡に写った斜鏡はオフセット
  させた分だけ接眼部と反対側に偏芯して写っている。
   |
   +−>ここがポイントで、間違っても斜鏡と主鏡が同心円
      になるような調整をやってはいけない。
      そのばあい斜鏡が傾き、何時になっても光軸調整が
      完了しないドツボにハマります。

はじめからレーザで光軸調整ができるのは、上記を8まで完了
させた系のみです。撮影現場で確認するなどの場合です。
上記をやらずにいきなりレーザーでやると、何処でも”光軸”
が合っているようなポイントが見つかります。
接眼部に対して傾いていようが、鏡筒と並行で無かろうが、です。
今回はレーザを使っていません。

以上の調整を再度行い、本日撮影したのがこの画像です。(庭撮)

テスト星:アークトゥールス , 0.1等星
望遠鏡:10cmF5.23フラットナー・レデューサ付
フィルタ:LPS-P2
カメラ:PENTAX K-5Us
感度:ISO1600
露光時間:30sec
トリミング:なし(APS-Cの写野)
クリックすると元のサイズで表示します

露光時間:60sec
光量分布が設計通りになっているかを確認するために強調処理。
クリックすると元のサイズで表示します

LPS-P2のゴーストが出ましたが無視!

5月7日の試写時点
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/317.html
よりも、もう一段追い込めています。

北斗七星の二重星ミザールの等倍切出し画像です。
露光時間は3カットとも60secです。

ISO100
クリックすると元のサイズで表示します

ISO800
クリックすると元のサイズで表示します

ISO1600
クリックすると元のサイズで表示します

3本スパイダーとガサツなセル周りを改善したことで、余計な
光芒が無くなり、微恒星の締りが向上したように見えます。
早く暗い空で撮ってみたいものです。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ