The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
2013年天体写真こと始め  天体写真(冷却CCD)

年末年始は自分の時間が全く取れない上、年に一度力尽きて
不調になるのは例年のことです。年初めの新月期を見事に
外してしまい、今頃になっての初撮りです。m(__)m

昨晩、仕事場から15分の有間ダムに行って撮影してきました。
今年はこれからスタートです。

IC1805ハート星雲の中心部 (Hα 5nm NarrowBand Filter )
6X15min , 90min Total
クリックすると元のサイズで表示します

IC1805 SAO合成 ( Hubble Palette )
S2:5X15min , Hα:6X15min , OV:4X15min , 225min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M65,M66,NGC3268 しし座のトリオ銀河
L:6X10min , RGB:各2X10min , 120min Total
クリックすると元のサイズで表示します

<撮影データ>

撮影日時:2013/1/19〜20
撮影地:有間ダム(名栗湖)
星空指数:80点(ほぼ快晴)
気温-2℃

冷却CCD:ORION StarShoot MonoV(SONY ICX285AL)
撮像鏡筒:MIZAR 10cmF6 Newtonian -> F5.21(fl=521mm)
       (自作フラットナー・レデューサー使用)
フィルタ:ORION LRGB FilterSet 1.25"
      ORION S2,Hα,OV NarrowBandFilter (5nm)
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画:***

赤道儀:TS-90S
ガイド:5cm fl=250mm + SSAG + PHD
画像処理:MaxIm DL Essentials Edition , cs5

------------------------------------

土曜日の有間ダムはひっきりなしに車が入って来ます。
厳冬期だから来ないだろうと思っていたのですが、甘かった。
露光中にヘッドライト直撃を20回は受けたと思いますが、
大きなフードに高緯度天体の撮影だったので無影響でした。
でも落ち着いて撮影できない場所なので、しまいには開き直り
ました。たった15分で行ける、一番近い撮影地です。
普段の日なら、冬季限定で使えるかもしれないと思いました。
いつもの裏山林道は、残雪と凍結で封印されていました。

しかしなんですよ、
やはり高詳細モノクロ冷却CCDは良く写りますね。
ハート星雲はStarShootPro V2.0でも撮影したことがありますが、
ナローバンドのモノクロCCDは、別世界だと思います。
しかもコレ、なんと、まだダークもフラットも引いていないんです!
2/3型素子なので100%光量領域にスッポリ入ってしまうし、
6.45μm角の高詳細画素なのでディティール描写もなかなかイケます。
今回はガイドもピントも決まり、シーイングも結構良かったので
150%切り出しでもかなり分解しています。
クリックすると元のサイズで表示します

10cmのニュートン反射としては、多分限界レベルだと思います。
このCCDは系外星雲が良く写ります。トリオ銀河は3分で十分かな?
と思える程でした。また、今回RGBのビニングを行っていません。
ビニングすると、どうも彩度が上がらずに不自然になってしまう
のです。この辺りは定量的にガイドラインを作らないとダメみたい
です。
2



2013/1/21  12:34

投稿者:eti_forest

マサカリクサオさん今日は。
最近ますますマニアックな記事ばかりですみません。
今年は林業ネタも大量に更新して行く予定ですが、別ブログにするかも
しれません。去年集めた10トンの薪があまり減らず、未だに薪棚がひとつも
空きません。こうやって余裕ぶっこいて毎年痛い目を見ている訳ですが、
今年も宜しくお願いします。なんだそりゃ?


2013/1/21  8:17

投稿者:マサカリクサオ

最近ほとんど 話の詳細について行けませんが
☆の写真を楽しみに毎回拝見しています。
今年もよろしくおねがいします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ