The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
2012年の天体写真総括  天体写真(PENTAX K-5Us)

2012年はかなり気合を入れて撮影して来ました。
カメラも冷却CCDを2台とK-5Usを導入し、自作フラットナー
・レデューサーを作って32年前の機材に渇を入れ、現代の高性能機
に立ち向かって来ました。(そこまで買えないってー話ですが(^^♪

今年の自適天体写真・オブ・ザ・イヤーは何と言ってもコレです!

実に素晴らしい!K-5Usで撮ったバラ星雲。
クリックすると元のサイズで表示します

2012年10月19日の発売当日の夜に栃本広場で撮影したファースト
ライトがコレ。イヤー感動しまくりましたよ。
ローパスフィルタ無し、IRカットフィルタの透過波長特性が50nm
程度近赤外寄り、真の防塵防滴、マイナス10℃動作保障などなど。
名ばかりのデジイチは道を空けなさい!って感じだよね。

更に、自的にはこの星像の良さ。
32年前のミザール10cmF6反射望遠鏡にフラットナー・レデューサー
を入れたらアラ不思議。四隅までバッチリ点像になっちまいました。
実はコマ収差が僅少なF6だから出来たのであって、これがF4だった
らこんなナメたフラットナー・レデューサじゃ歯が立たなかった。
結果的に10cmF5.23となった訳で、これはFSQ106やε180EDと同じ
程度の焦点距離。周辺減光も四隅で70%の光量を確保出来ており
、一般的なイメージサークルの定義ではφ30mm程度と言って良い
と思う。つまり、APS-Cならフルカバー出来るわけ。
事実、このバラ星雲はダーク減算もフラット補正もやっていない。

今までデジイチでの撮影は基本、お気楽撮影でした。
でもK-5Usが出たことで、まじめにダーク減算とフラット補正を
やらにゃ〜イカンと思った次第です。

 さて、お次はコレ。
K-5Usは無改造APS-Cデジイチの解像度番長だ!
クリックすると元のサイズで表示します

10cmF5.23で撮影し、約2倍にトリミングしています。
HDR撮影ですがこの解像感、たまりませんね〜(^^♪
それから発色の素直さ。ワンショット冷却CCD危うしでやんすよ。

M31
やはり発売当日に栃本広場で撮影。まあ、特に言うこと無しです。
クリックすると元のサイズで表示します

K-5Usの締めはコレ。
なんちゃってフラット補正を行い、ε180EDに対抗してみました。
クリックすると元のサイズで表示します

---------------------------------------------------

続いてK-5LSに行きましょう。
実はローパス有りのK-5でも、天体写真における解像感はK-5Us
とあまり変わりませんでした。シンチレーションやガイド誤差
による星像の膨らみがありますからね。
K-5Usが来る直前に栃本広場で撮影したものを何点か載せます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そう言えばコレもK-5LSで撮影しました。
クリックすると元のサイズで表示します

--------------------------------------------------

続いてはK-30。
これまた2012年6月29日の発売当日に新潟県は魚沼スカイライン
まで飛んで行って撮影した1カット。
K-30+アストロトレーサー・ファーストライト!
どう?なかなかにワイルドだろ〜?
クリックすると元のサイズで表示します

これは三峰ヘリポート駐車場から。
これもアストロトレーサーによる1カット。(流星あり)
クリックすると元のサイズで表示します

何度通ったことか。
クリックすると元のサイズで表示します

---------------------------------------------------

デジイチ最後はK-rです。
K-rでの撮影はコレが最後となりました。
K-5Usを買うため、K-30共々中野のペコちゃんへ旅立ちました。

K-r + SAMYANG85mmF1.4(4.0) , 入笠山天体観測所にて
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

K-r + SAMYANG14mmF2.8(4.0) , 左下のカメラは友人のD800E様。
クリックすると元のサイズで表示します

う〜ん、今思ってもK-rは良く写るカメラだった・・・
SAMYANGレンズの素晴らしさも際立つ。
何故にPENTAXには無い?

---------------------------------------------------

冷却CCDへ行ってみよう!
天体写真機材は金が掛かる。主流の機材を揃えれば150万程度。
まあ車趣味に比べればまだ安いが、上を見ればキリが無い。
冷却CCDは現在の天体撮影では王道だが、やはり敷居は高い。
K-5Usでこれだけ撮影できると、もはや冷却CCDは必要ないの
ではないか?そう思っていたがさにあらず。
長時間露光耐性、専用ソフト、ダーク&フラット、16bit諧調、
フィルターワークなど、デジイチの”流用”とは違った世界がある。
Another Worldだね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

特にSAO合成は凄い。Hubble Paletteってやつね。
これらは10cmF6で飯能市郊外の林道、標高450mで撮影したもの。
透明度さえ良ければ、遠征する必要がないのも有難い。
今年はこれのルーチンワークを確立出来ただけでも意味があった。

これを撮影したのは米ORION社の
StarShoot MonoV + NarrowBandFilter。ジズコから買える、
国内最安のモノクロ冷却CCDである。2/3型SONY ICX285ALは
量子効率も良くノイズが非常に少ない。撮像鏡筒の光量100%領域
に完全にスッポリと入るため、周辺減光は皆無。
32年前のミザール10cmF6でコレが撮れちゃうんである!
説明しなけりゃ、どこぞの天文台で撮りましたって絵だよね。
やればやっただけの効果が出るのがモノクロ冷却CCDの世界。
面白い。

Hα_NarrowBandで撮るとこうなる訳です。
クリックすると元のサイズで表示します

普通はLRGB合成ですね。これも飯能市郊外の裏山林道にて。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

-----------------------------------------------------

最後はワンショット・カラー冷却CCDカメラです。
これも米ORION社の製品で、日本ではジズコ扱い。
StarShootPro Ver2.0 DeepSky Cooled CCD Camera である。
14万円程度で買え、これまた国内最安なんである。
僅か600万画素のベイヤー配列カラーCCDに価値があるのか?
この素子もSONY製でICX413AQというもの。PENTAX istDや
Nikon D70に使われていたのと同じらしい。

M78付近(埼玉県民の森駐車場にて)
クリックすると元のサイズで表示します

フラットナー・レデューサを作ってから撮影したのはM78とIC1805
、NGC2024しか無いのだが、まず感じたことが”色の深さ”である。
特に恒星の色。K-5などのデジイチはもとより、LRGB合成した
モノクロ冷却CCDよりも深い色表現が出来ているように思う。
LRGB合成はその原理上、色が飛びやすいのは承知の上。
感度は低いけど、それでもこのM78は20分 X 5カットの100分。
冷却CCDでの撮像時間からすれば短い方ですね。
1カットの露光時間を長くしなければならないのは仕方ない。

600万画素と言っても、PCモニタでは当然縮小表示だし、
プリントもA4までならボロも出ない。案外良いかもしれません。

NGC2024(飯能市郊外の裏山林道、標高450mにて)
クリックすると元のサイズで表示します

LPS-P2を使っているのでゴーストが出ちゃいましたが、
MaxImDLによるダーク減算とフラット補正を正しく行っています。
光害残存地で撮影したのにフラットな絵になっています。
強調しても大丈夫。流石に専用ソフトでRAWから処理すると強い
ですね。同じことをデジイチでやると、フラットにはなっても
恒星の色抜けが起こるような気がします。

冷却CCDは光害残存地でもまともに撮影が出来ますが、
デジイチでは遠征しないと無理。
どうもこの辺りが結論のようです。
特にワンショット・カラー冷却CCDは、噛めば噛むほど味が出る
スルメのような気配がします。LRGBやNarrowBandはやはり手間。
K-5Usで撮るなら遠征覚悟です。
そんな隙間にワンショット・カラー冷却CCDがハマりそうですね。

---------------------------------------------------

これはK-5Usでのフラット用画像です。
これでも周辺で70%の光量を確保できています。
クリックすると元のサイズで表示します

APS-Cのエリアですから、2/3型のSSMonoVではスッポリ100%光量
エリアに入ります。この撮像鏡筒を最も効率良く使い倒すには、
KAF8300系冷却CCD(17X13mm程度)が一番適している事が分か
ります。フラット補正は確かにフラットにはなりますが、
光量十分な中心画像をスポイルしている気がするんですよね。

この素子ならば現在のフィルタがそのまま使えるし、光量の90%
は有効利用出来そうだし、最近は1100万画素のワンショットなんて
のも出て来たし・・・

あ、2013年にPENTAXからフルサイズ機が出ても買いませんよ、
たぶん。だって撮像鏡筒のイメージサークル小さすぎだしね。

ってな訳で今年は楽しかった。
当面の課題はDECガイドの安定駆動とスパイダー光状の改善です。
イメージサークルの有効活用を考えながら、今年の活動も終い
です。拙いブログにご訪問下さいました皆様、どうも有難う。
来年も良い年になりますように。

4
タグ: 天体写真 PENTAX



2013/1/15  11:07

投稿者:eti_forest

demioさん、本年も宜しくお願い申し上げますm(__)m
さて冷却CCDですが、昨日ジズコの森川さんにメールで聞いたところ、
ORION Parsec8300M は生産中止、ジズコではMaxImDL ソフトの販売やサポート
はしない・・・との回答でした。
ORION は米国外への直接発送を行っていないので代理店のジズコ頼りなのですが、
どうもパットしない回答でした。米AmazonもORION製品は米国、カナダ限定のようで、
個人輸入は無理そうです。輸入代行業者に頼めば別でしょうが。

StarShootMonoVの問題点は下記の通り。

・冷却温度をモニター、制御出来ない。
・ORION社のLRGBフィルタセットで購入したにもかかわらず、フィルタ厚が数百μm
 異なっており、フィルタごとにピント合わせ必要であった。よって、
 ダイヤルゲージが必須。
・MaxImDLに関してジズコではノータッチである。サポートも質問も受け付けない。

という具合でして、StarShootMonoVは冷却CCDの練習用カメラという位置付けかも
しれません。使いこなせばICX285ALですからそれなりに高性能です。
今だったらStarLightExpress の SXVR-H694(Snoy ICX694ALG)が魅力的ですね。
三基光学館の宮崎店長の所が親切そうです。QSIも扱っているし、MaxImDLも買えます。
ジズコの森川さんもParsec8300M の後継が出たら連絡をくれることになっていますが、
ソフトの販売&サポート一切なしはチトきついですね。

私はしばらくSSMonoVで練習したら、H694ALGへ行こうかと思っています。
価格差がありますが、demioさんなら初めからH694クラスが宜しいかと思います。
SSMonoVは踏み台かな?と思っています。その分安いし、
MaxImDL Esentials Edition と専用ドライバも付いてくるし、悪いモノではないです。
NautirusFilterWheel も使いやすくて良いのですが、LRGB、NarrowBand共に
フィルタ厚がバラバラなのはいただけません。
やりたくなかったですが、全てマイクロメータで実測しましたので間違いないです。

私の感覚ではSSMonoVで撮像したものと、K-5Usで撮影して拡大したモノが
同じ程度の仕上がりになっているように思えます。NarrowBandは別世界ですが、
系外星雲だと?です。
H694ALGならSSMonoVよりも広写野・高詳細ですから最適なのではないでしょうか?
っと、背中を押してみます(^^♪

2013/1/15  10:14

投稿者:demio

こんにちは。
遅レスですが、今年もよろしくお願いたします。

2012年はまさしく怒濤の勢いだったご様子。
デジカメ、冷却CCDの各々特性を生かした活用が肝だと感じました。
特に冷却CCDを導入された経過は非常に興味深く拝見していました。
と言うのは系外銀河を撮影時にチップサイズの小さい高感度CCDの必要性を感じたからです。
特にStarShoot MonoVはSony製CCDだしリーズナブルなところに魅かれています。
昨今の円安で値上がりしないうちに購入すべきか検討中です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ