The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
安かろう悪かろう  撮影機材

8歳になる三男のクリスマスプレゼントに顕微鏡を買いました。
ビクセンのミクロショット700ってやつ。

粗悪品だった・・・

載物台はプラスチックでヒシャゲており、
鏡胴アームは鋳物が変形して斜めって取り付けられ、
前から見ると筒が右に傾いている。
接眼鏡を入れる筒にはスリ割りさえ入ってなくガタガタで、
顕微鏡を傾けると落ちます。こういう設計だから情けない。
これでも出荷検査PASSEDだってよ。

即、返品!

長男、次男にはNikonのファーブルを当時それぞれ買ったのだが、
これは製品としてしっかりしているし、良く見えた。
ただ、照明電池と照明が古すぎ、何とかしろよって感じでは
あった。三男は実体顕微鏡ではなく、普通の顕微鏡を欲しがった
ため、色々探したが今時は無いんですねえ、顕微鏡。
やっぱり、ファーブルをもう一台発注しましたよ。

-----------------------

ビクセンさん、こんなもの売ってちゃいかんぜよ。
これじゃあ学研の科学とあまり変わらないレベルだぞ。
値段相応だって? 冗談じゃあないよ、
子供が初めて興味を持った時に使う顕微鏡だぜ。
あと2万円高くても良いから、まともな顕微鏡を揃えて欲しいぞ。
昔はオリンパスで良いのがあって、私は父に買ってもらった。
今でも十分に使えるのだ。

日本の子供たちが、こんな安かろう悪かろうなものに触れて
育っていては、科学技術の発展は望めません。
子供には良いもの、本物を与えましょう。
0
タグ: 顕微鏡



2010/12/28  9:35

投稿者:demio

お〜!これは、高山村にある某天文台の65cmでしょうか?
この望遠鏡に個人のk-rを付けられるとは・・・
それにしても半端でない追尾精度ですね。
私も以前に講習を受けて、スライディングルーフの方の機材を使えるのですが利用時間が短くなってしまって御無沙汰しています。
早く以前のように一晩中利用できる体制になって欲しいのですが。

http://blogs.yahoo.co.jp/demio1948

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ