The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
撮影機材の改造・調整など  撮影機材

古い機材は改造天国です。イヤ、
改造しないと今時な使い方が出来ませんからね。
現在こんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

<最近やったことリスト>

・DEC.ドライバICのカレントダウン設定を50%→100%
 (カレントダウン無し)へ変更した。

・DEC.モータの終段ギアの首振り防止リングを作った。

・DEC.ウォーム軸オーバーホール。与圧を下げてモリブデングリス
 を塗布し、回転しやすくした。

・DEC.ウォームホイルオーバーホール。与圧調整、モリブデン塗布。

・RA.ウォーム軸オーバーホール。与圧調整、モリブデン塗布。

・RA.ウォームホイルオーバーホール。与圧調整、モリブデン塗布。

・ガイド鏡を鏡筒バンドへ移設。

・ダイヤルゲージステーを追加製作。

・筒内ドローチューブを9mm切断 → ケラレは無くなった。

・カメラ回転機構をテーパー溝に旋盤加工した。
 これにより、セットビス締め付け時に必ずドローチューブステー
 側に押し付けられるようになり、スケアリング安定性が向上。

・ドローチューブのオーバーホール。
 ラックピニオンにローテンプグリス塗布、ガタ取りポンチ。

・フィルタホイール用 AC No,3 ホルダを、フィルタホイールに
 M2 X 6 個止めとした。

・SSProV2 に S->T 変換リングを M2 X 3 個止めとした。
 ( Tネジがバカったので)

ガイド鏡用のステーは元々ファインダー用です。
これが筒に付いているとヨレが出て上手くありません。
ダイヤルゲージのステーをここにM6タップで固定していた
ため、気温変化で20μm程度の不確実さがありました。
ガイド鏡ステーを鏡筒バンドに移設し、ダイヤルゲージの
ステーは専用設計にして鏡筒へ6箇所で固定としました。
クリックすると元のサイズで表示します

ロープロファイルで6箇所固定なので、格段に安定しています。
クリックすると元のサイズで表示します

90S赤道儀は赤緯軸にモータが付いていないので自作しましたが、
モータをケチったのでろくな結果になっていません。
巨大バックラッシュは言うに及ばず、なんと終段ギアが0.3mmくらい
首振り運動をするのです。新古で¥780円だったから仕方ないか。
でも、この状態では赤緯軸のガイドが上手く行く筈がありません。
終段ギアの首振り防止リングを作って組み付けました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

真鍮ギアのボス部精度もたいして良くないので一般公差です。
それでも0.3mmに比べれば1/6程度に減っている筈ですね。
あまりピッタリだと低温でかじっちゃいますから。
クリックすると元のサイズで表示します

でも一番の問題はユニポーラステッピングモータをバイポーラ駆動
ドライバICで動かしていることなんです。
構造上コイル電圧が半分となってトルクもガタ落ち。
良いのは低消費電力だと言うことだけです。ハンドボックスで使う
には全く問題が無いのですが、AG信号からの制御だと修正
パルスが短すぎて上手く動いてくれない。
1/16マイクロステップ駆動にしてあるため、停止時の保持トルク
からチョンチョン押しの修正信号対応が上手く行かないようです。
今回停止時の自動カレントダウン設定を50%→100%
(カレントダウン無し)にしましたが、そもそも定格の半分以下の力
しか出ていないようです。モータも全く熱くなって来ません。

イロイロいじったのでテスト撮影をしてみました。
月齢13.2ですが、Hα NarrowBand ならまったく問題なく撮れます。

NGC281 , 5X20min , 100min Total(放ったらかし撮影にて)
クリックすると元のサイズで表示します

----------------------

<撮影データ>

撮影日時:2012/11/27〜28
撮影地:飯能市郊外の林道(標高450m)
星空指数:30点(月齢13.2快晴->ベタ曇りへ)
気温:3℃

冷却CCD:ORION StarShoot MonoV(SONY ICX285AL)
撮像鏡筒:MIZAR 10cmF6 Newtonian -> F5.21(fl=521mm)
       (自作フラットナー・レデューサー使用)
フィルタ:ORION Hα NarrowBand Filter 1.25"
ダーク画像:無し
フラット画像:無し
フラット用ダーク画:無し

赤道儀:TS-90S
ガイド:5cm fl=250mm + SSAG + PHD
画像処理:MaxIm DL Essentials Edition , cs5

----------------------

テスト撮影なので撮影中は一切手動修正を加えていません。
やっぱり赤緯は最大2pixel程暴れています。
そのため、星像が肥大してシャープさがありません。
これでは満足な放ったらかし撮影はムリですねえ〜(-_-;)

APS-C機なら実用になるでしょう。
今回のSSMonoVは、面積比で6.21倍も拡大撮影されている計算。
かなり頑張っても、なんだか星像がデカイんです。
当然と言えば当然なのですが。

総計100分やっていますが、最後の2カットはなんとベタ曇りで
5分以上露光していました。速い雲が一気に湧いて月すら見え
なくなったり、また晴れたりの繰り返し。
面白いことに、チョットガイド星を検出できると修正していた
ようで、撮影自体は失敗していませんでした。
他の3カットと比べて明らかに露光不足でザラついています。
よって、実質80分相当くらいなんじゃないかと思います。
Hα NarrowBand でなかったら完全に撃沈でした。
1



2012/12/2  17:20

投稿者:eti_forest

demioさん今晩は。
まともな写真にしようと思い始めると光軸調整に行き当たりますよね。
demioさんのお写真はいつも綺麗で光軸もバッチリ合っているように思うの
ですが、まだ途上なのでしょうか。私の場合はそれ以前の状態であり、
古い装置のテコ入れを楽しんでいるレベルです。
でも、冷却CCDで長時間をやるようになり、出来た絵を見てガッカリすることが
多くなりました。そんな時は”テスト撮影”などと書いてみたり・・・
そろそろ、光軸もピントもちゃんとしなければダメだなあと思います。

2012/12/1  22:57

投稿者:demio

こんばんは。
着々と機材整備が進んでいるご様子。
ワンオフの部品が加工できる環境はうらやましいです。

私の場合は新月期に向けて庭先で光軸調整がせいぜい。
でも、この光軸調整が曲者で泥沼状態に陥っています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ