The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
StarShoot Pro Ver,2.0によるIC1805とM78付近  天体写真(冷却CCD)

ORION StarShoot Pro Ver,2.0ワンショット冷却CCDで気合を入れて
撮影してみました。APS-Cサイズで600万画素ですが、モニターで
見ている限りは十分な解像感です。
色が深いのもCCDの特徴。

IC1805 4X20min , 80min Taotal
クリックすると元のサイズで表示します

M78付近 5X20min , 100min Total
クリックすると元のサイズで表示します

ワンショットカラー冷却CCDは感度が低く、1カットの撮像時間が
長いので気を使いますが、K-5Usなどのデジイチと比べると色が
とても深いことが分かります。結構イイかもしれない。

---------------------------------------------------

<撮影データ>

撮影日時:2012年11月14〜15日 22:47:58〜02:57:20
撮影地:埼玉県民の森P
星空指数:90点
気温:2℃

冷却CCD:ORION StarShoot Pro V2.0
       (SONY SuperHAD ICX413AQ)
撮像鏡筒:MIZAR 10cmF6 Newtonian -> F5.48
       (自作フラットナー・レデューサー使用)
フィルタ:LPS-P2

露出時間:***
ダーク画像:2X20min
フラット画像:3枚
フラット用ダーク画像:3枚

赤道儀:TS-90S
ガイド:5cm fl=250mm + SSAG + PHD

CCD制御&RAW現像:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:CS5

処理プロセス:MaxImDLにてFITSでダーク減算、フラット補正、
         カラー化処理、コンポジットまでを行い、出力を
         Tiff_16bitでcs5へ。ここでPhotoshop的画像処理
         を行い、最終的にJPEGに落とした。

----------------------------------------------------
0



2012/11/17  18:53

投稿者:eti_forest

demioさん今晩は。
今回はちょっと、ギトギトにしすぎました。
ワンショット冷却CCDの色の深さは大したもので、バーナードループなどは
まだまだ出て来ます。それから、光害残存地域では16ビット処理のダイナミックレンジ
が有難く、K-5Usでは確実に白飛びする場面でも絵が出て来ます。
ふと気が付くと県民の森や裏山ばかりで撮影している自分がいます。
遠征しなくて良いからです。
K-5Usで良い写真を撮るには最低限、三峰ヘリポートまで行かなくてはなりません。
demioさんは県民の森で素晴らしいお写真を撮られておいでですが、
やはり原版は白く(または青く)カブっているのでしょうか?

フルサイズのイメージサークルを満足する撮像鏡筒を持っていませんので、
なんとか踏み止まっていますが、EOS 6Dなど、魅力的なものが出て来ました。
しばらくは、手持ち機材に手を入れながら楽しみたいと思います。

2012/11/16  19:09

投稿者:demio

これは鮮やかな仕上がりですね。
特にM78の青とバナードの赤の対比が目を引きます。
14日は良い条件だったようですね。
私も明晩は友人と赤城山に行く予定ですが天候が怪しいし
しし座流星群もあるので一般車のライト攻撃も心配です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ