The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
フラットナー・レデューサーをSSMonoVで試す。  天体写真(冷却CCD)

フラットナー・レデューサーを付けたので、ピント位置をフィルタごと
に測定しなおしました。

L:6 X 10min , RGB:各6 X 5min(2X2ビニング), 150min Total
クリックすると元のサイズで表示します

LフィルタにSkyGlowFilterが付いていたので発色が変です。
緑が出ていない感じ。光害の輝線をカットしてあるので
カラーバランスが崩れてしまったようです。
無理やり調整してあります。
LフィルタをIRカットに交換してリベンジだねコレハ。

----------------------

<撮影データ>

撮影日時:2012/10/26
撮影地:きのこ茶屋P
星空指数:40点(快晴 , 月明あり)
気温:7℃

冷却CCD:ORION StarShoot MonoV(SONY ICX285AL)
撮像鏡筒:MIZAR 10cmF6 Newtonian -> F5.21(fl=521mm)
       (自作フラットナー・レデューサー使用)
フィルタ:ORION L:SkyGlowFilter , RGB 1.25"
ダーク画像:3枚(2X2)
フラット画像:3枚(2X2)
フラット用ダーク画像:3枚(2X2)

赤道儀:TS-90S
ガイド:5cm fl=250mm + SSAG + PHD
画像処理:MaxIm DL Essentials Edition , CS5

-----------------------
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ