The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
森の恵み  森林

小腹が減った。
シイタケでも取ってくるか・・・

今日のおやつはコレ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

うーん、いっぱいになっちゃった。
目の前のスギ林でシイタケを栽培しています。自家用です。
晩秋と春の2回、美味しいシイタケが沢山取れます。
私は秋物が大好き。
チョット目を離したら、こんなに大きくなってしまった。
おやつにしては量が多いか。
林内は5℃。晩秋モノには虫が入っていないのです。
春物でここまで大きいと、たいがいは虫ちゃんがウジャウジャいて
やな感じ。
友人に教えて頂いた”アルペンザルツ”をサラサラとふりかけます。
クリックすると元のサイズで表示します

”旨い!”
としか言いようがありません。
クリックすると元のサイズで表示します

このスギ林は僅か300坪程度しかありませんが、5年前までは
極悪ヒョロスギ林だった。
クリックすると元のサイズで表示します

そこを強度間伐し、今ではとても気持ちの良い森になった。
これは強度間伐直後です。
クリックすると元のサイズで表示します

伐倒したスギは、殆ど使ってしまいました。
枝葉の部分は薪ストーブのスターターとして、樹皮はマルチとして、
ヒョロ丸太は薪に、太い丸太はイスや机、丸太のウッドデッキ、
東屋へと利用しました。まったく無駄というものがありません。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、今年は夜な夜なイノシシが出ています。
このスギ林にも、ボコボコと大穴が一夜にして沢山出来ます。
これは何かと言うと、ヤマイモを掘った後なんです。
軽く50〜60cmの深さがあります。相当苦労している筈ですが、
得られるのはヤマイモ1本だよ。ご苦労さん・・・
そう思いながら埋めて回ります。(-_-;)

昼間は近所のジジババがガサゴソやっています。
何やってるの?と聞くと、ムカゴがいっぱいあるんで取っていると。
イノシシとあんまし変わらないなあ。
5年前はタダの石ころ疎林だった。   今は豊かだ。
北斜面なのでアブラチャンが大量に入り込み、ウドも出ている。
林床にはシャガが満開となる。夏の草刈は、そのままその場に寝か
せる。こうすることで良い土が出来る。良い水を作ってくれる。
5年目。突然ヤマイモがワイワイと生えて来た。自然は正直だね。

冬イチゴも出ています。コイツは雪の中でも赤いのです。
食べられます。
クリックすると元のサイズで表示します

沢沿いには、秋草に代わって苔が沢山出てきます。
タンポポを、飲み込もうとしています。
クリックすると元のサイズで表示します

これは、
クリックすると元のサイズで表示します
これは、
クリックすると元のサイズで表示します
これは、
クリックすると元のサイズで表示します
108年スギの、
クリックすると元のサイズで表示します
足元に生えた、 こけ。
クリックすると元のサイズで表示します

小さな命も、精一杯赤くなって、
クリックすると元のサイズで表示します

今年はイロハモミジの実生が多い。うちの足元にも。
クリックすると元のサイズで表示します

この赤が落ちると、、、本当の、冬。



まだ、あと一回。食べられそうだな。
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 森の恵み 林業 間伐



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ