The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
驚きのLeica VARIO-SUMMILUX F1.4開放画像  撮影機材

なんだ晴れてやがる。
”やがる”なんである。遠征できないのだ。
今日来たLUMIX LX7とPanhead EQ PH-1を持って歩いて2分の
公園に行ってブッタマゲタ! まずはコレみてちょ。
ISO400 , 8X20sec , 160sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

空が明るいので相当硬調にしたため、四隅が暗くなってい
ますが、9月16日の作例を見てもらえば分かる通り許容範囲です。

ISO400 , 8X10sec , 80sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

斜め線のムラムラはJPEG 8bitシェーディング処理の失敗であり、
カメラが出してきたものではありません。

広角端F1.4開放なんです!

撮影地は飯能市郊外だからね。
コンデジだからね、コレ。
1.7型MOS撮像素子だらね、コレ。

う〜ん、流石はLeica VARIO-SUMMILUXの名を冠するだけの
ことはある。四隅まで許容範囲じゃありませんか。F1.4で。
で、☆屋として非常〜に有難い機能を紹介しよう。
それは、

・MF−AF-AFマクロの切り替えがスライドスイッチ。
・MF時にはスライドバーが出て、無限遠表示も目安として出る。
 で、昼間に遠くのモノで無限遠を合わせておくと、
 なんと、その位置をカメラが覚えていてくれるんである!

 電源をOFF-ONしても、バッテリーを抜いても忘れないんである。
 これは有難く凄いぞ。
 正確には無限遠の位置を覚えるのではなく、MFで設定した位置を
 覚えるのである。電源を入れなおすと、
 ”前回電源をOFFした時のMF設定位置に戻しています”
 とメッセージが出て戻るのだ。凄いでしょう〜(^O^)/

 つまり、星でピントを合わせるなんてことをしなくていいわけよ。
 ま、ズームを動かしたり、MFをいじっちゃうとダメだけどね。

 LX7 Love (V)o¥o(V)


0
タグ: LUMIX



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ