The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
レデューサー効果は確認できた。  撮影機材

フラットナー・レデューサーをK-5に付けるとこうなります。
LPS-P2とAC-No,3も入っています。
クリックすると元のサイズで表示します

これを10cmF6鏡筒に付けて試写したのがこの写真。
左:直焦点撮影  右:LPS-P2 + AC-No,3あり
クリックすると元のサイズで表示します

まずは、ちゃんとピンが来て良かった。
cs5で不透明度50%で重ねてみると・・・
クリックすると元のサイズで表示します

おお!設計通りX0.87倍のレデューサーになっているよ。
(たぶん、 おそらく、 きっと、 0.87倍なのである。)
これで10cmF6(600mm)→522mmF5.22になるのは確実となった。
約13%明るく広くなったので、M31がAPSCでも余裕で入るでしょう。

さて、肝心のフラットナー効果ですが・・・
この絵ではサッパリ判りません。当然ですね。
まあ、見る限りAC-No,3を入れたことで周辺が妙な事にはなって
いないようです。あとは星で確認するしかありません。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ