The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
フラットナー・レデューサーを作ってみる。  撮影機材

国際光器に発注してあるMPCCが5箇月たっても来ない。
問い合わせたらバーダーが外注しているMPCCのレンズ屋が
会社をたたんだので、同じ性能が出せないとのこと。
まだ時間がかかるらしいよ。

じゃあ代わりのモノは無いかと調べてみたら、
ケンコーのAC-クローズアップレンズである程度代用が効く
らしいことが判った。ACはアクロマートの略で、まあ、
一応は色消しってわけね。調べたところAC-No,2(FL=500mm)
が良いらしいのだが、デジタル用にコーティングなどを施した
PRO1シリーズというものがあり、これにはAC-No,3しか存在して
いない。AC-No,3はFL=330mm。 うーん、ピントが合うかなあ?

で、やはりゴーストなどが心配だったのでAC-No,3を買ってみた。
ドバシのポイントを使って\0.-でした。
本当は\2,960.-ぐらいのモノ。

計算式はコレ。(画像は全てN-03C携帯)
クリックすると元のサイズで表示します

PRO1 Digital クローズアップレンズNo,3(FL=330mm , コバ黒塗り)、
上記式でd=50mmの時、FL=521mm , F=5.21 , X0.87レデューサに
なりそうな感じ。K-5のフランジバック=45.46mmに合わせて設計
したのがコレ。(鏡筒はひのきん族10cmF6)
クリックすると元のサイズで表示します

なんとかドローチューブ最短ギリギリでピントが来そう。
LPS-P2分の5mmがキツイというレベル。
ORION StarShoot Pro Ver2.0とMono V冷却CCD+Nautilus
FilterWheelで使うには、どうしてももう一つ専用品を作る必要が
あります。この週末はK-5+LPS-P2用を作りました。

旋盤でφ60のアルミ材から削り出し。
クリックすると元のサイズで表示します

TリングフランジはM2X6本止め。
クリックすると元のサイズで表示します

SSProV2とMonoV用の材料も切り出しておいた。
右下の薄いのは接眼部に接続する共通Tリング(M42,P0.75)
クリックすると元のサイズで表示します

AC-No,3はこんな感じで入ります。LPS-P2もココに重ねます。
クリックすると元のサイズで表示します

M42,P1.0のSマウントスクリューにKマウントアダプタを付けたところ。
反対側はドローチューブへ接続するTマウントM42,P0.75です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

できた!
クリックすると元のサイズで表示します

これでK-5 + LPS-P2 + フラットナー・レデューサーになった。
・・・ハズ
今週中には試写して評価出来ると思いますが、今月はやること一杯
で遠征してる場合ではないのです。裏山も無理かも。

--------------------------------------------------

最近GPVも外してばかりですね。
昨晩は雨の予報でしたが素晴らしく晴れていた。
そんでもって、今日もこんなに良い天気だった。
クリックすると元のサイズで表示します

我が家のカメ池に映る空も青い。
クリックすると元のサイズで表示します

カメの甲羅も乾くってもんです。平和な週末だった。
クリックすると元のサイズで表示します

おまえさんは・・・チョット平和過ぎないかい?
クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ