The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
K-rは赤い星雲も良く写ります。  天体写真(PENTAX K-r)

今日は金環日食な訳ですが、その前に。
18日夜〜19日朝にかけて入笠山天体観測所へ行きました。
その時の写真をとりあえず貼っておきます。

PENTAX K-r , ISO 800 , SAMYANG85mmF1.4(4.0) , PSP X

300sec X 2 composite
クリックすると元のサイズで表示します

300sec X4 composite
クリックすると元のサイズで表示します

271sec X 1 , SAMYANG14mmF2.8(4.0)
クリックすると元のサイズで表示します

明らかにK-5よりも赤い星雲が写りますね。
ちなみに、左下で輝いているカメラは友人のD800様です!
これの画像は素晴らしいの一言。すんごいカメラです。
思ったよりも軽かったです。

------------------- その後 --------------------

PhotoShop cs5 で暗黒星雲を強調処理してみました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 天体写真 PENTAX



2012/5/22  19:33

投稿者:eti_forest

skameさん今晩は。ようこそお越し下さいました。
skameさんは新潟ですか。私もルーツは新潟で、米山の麓から直江津にかけて親戚が
おります。小さい頃は柿崎の海で泳いでおりました。
私のブログで参考になるならば、いつでもおいで下さい。
K-rはK-5よりも明らかに赤い散光星雲が写ります。

私も昔はPENTAX 6X7を使っていましたので、時々懐かしくなります。
最近プロラボの質が低下しているとの話があり、友人は何度出しても現像で変な色
になってしまうとボヤいていました。現像所によると思いますが。

2012/5/21  22:56

投稿者:skame

こんばんは。
はじめまして。
おもに中判銀塩カメラで星景写真を撮っています。
去年の10月にペンタックスK−r(初めてのデジタル一眼)を手に入れました。
こちらのブログはいろいろと参考になるのでよく見ています。
冬の間は例年以上に天気が悪く(新潟です)春になってようやく星の写真を撮れるようなり、アストロトレーサーにも慣れてきました。
19日の夜に撮影に出かけましたが、135mmでの北アメリカ星雲が思った以上によく写り楽しくなってきました。本当のねらいはシグマフィッシュアイ15mmでの西天の黄道だったのですが、低空のもやで写りはいまひとつでした。
入笠山のような標高の高いところで撮った写真はやはりすごいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ