The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
M82の赤いところ  天体写真(冷却CMOS)

M82の赤いところをHα加算でチョロッと出してみました。

M82_LRGBHa_G120_-10deg_2bin_100min Total
L=28x60s_R=10x60s_G=10x60s_B=9x60s_Ha=10x180s+1x600s
クリックすると元のサイズで表示します

中心部等倍切出し
クリックすると元のサイズで表示します

解像感が出て良い感じです。
M82ってこんなに青かったかなあ〜?
 |
 +−>2022/04/12 家でRGBフラットを取り直して再処理しました。


2022/04/12 追記

普通のLRGB画像も貼っておきます。

M82_LRGB_G120_-10deg_2bin_57min Total
L=28x60s_R=10x60s_G=10x60s_B=9x60s
クリックすると元のサイズで表示します

今回の釣果はこれでおしまいです。

------------------------------------------
撮影日時:2022/04/06-07
撮影場所:上野村 標高510m
天候:どんより晴れ、微風、夜露あり
気温:10℃ → 7℃
星空指数:60
シーイング:5/5

撮像鏡筒:300FN, 30.5cm , F4 , fl=1220mm
カメラ1:ZWO-ASI183MM_Pro (Sony IMX183CLK-J Back Side Illuminated CMOS 1inch)
FilterWheel:Orion Nautilus 1.25"X7
コマコレクター:SkyWatcher_CCF4

Gain:120
binning:2X2
冷却温度:-10℃
露光:60s基本
Dark:10
Flat:10
ファイルフォーマット:Fits

赤道儀:SkyMaxエルボ改_E-ZEUSU仕様
ガイド:50mmF4ガイドスコープ + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.6.11(MultiStarGuide正式サポート最新版)
極軸合わせ:SharpCap4.0_ProのPolar Align機能(なんと12"角まで追い込めた Excellent!!)
        電子ビューファインダーのSSAG+25mmF1.4を流用。

ASCOM Platform 6.6
撮像ソフト:N.I.N.A(32bit)
プラネソフト:Cartes du Ciel、SN10
現像ソフト:SI7
微調整:PhotoShopCC_2022
撮像用PC:Lenovo_E560_Win10_Pro_64bit , USB_3.0A(Powerd)

ガイド&FilterWheel用PCもE560 , USB_3.0_Gen1
------------------------------------------
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ