The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
量子テレポーテーションのカギはナメクジにあり!!  

突然ですが、もう我慢できないので書きます。

我が家には10年以上前からナメクジが突然に現れるスポットがあります。

それは、台所の薪ストーブ脇、半径1m以内と決まっています。

年間を通して出現します。冬季、薪ストーブを使っていてもです。

尚、薪は室内には置いていませんし、出現するのは大概は朝です。

朝食を作っていいる最中、家人がドタバタ歩き回っている最中に

出現することが多いです。

一度出現すると、2〜3日連続して毎日2〜4匹が出て来ます。

出るというより、ポンッ!!って、忽然と”出現”するのです。

何しろ這った形跡が無い!! あのテカテカ光ったスジが何処にもない!!

時々は踏んでしまいます。

これは、非常〜にイヤです。

朝の忙しい時間に、耐え難くイヤです。

いま居なかったよなあ〜

1回の出現で3匹として、年間で軽く10回〜15回は出ます。

3匹×15回×14年=630匹!!!

どう考えても異常でしょう?

いつも同じ種類のナメクジで、3cm〜5cmの個体です。

何もナメクジでなくても良いだろうと思います。

ダンゴムシとか、ヤスデとかが出ても不思議ではありませんが、

イヤ、そもそも家の中にそんなもんがしょっちゅう出る程ボロい

家でもありませんよ。

量子テレポーテーションを研究する時が来たようです。

ナメクジはテレポーテーションが出来る!!

もう、私の中では確信になりつつあります。

我が家には歴代、ねこが数匹居りました。今はいませんが・・・

彼らの殆どが、その台所エリアを見つめて固まることがありました。

ねえ、

何か見えるの?

ねえってばあ〜、

何か居るの??

そのような場所です。

思うに、

私が捕獲して処分したナメクジは、  実は、

何処か知らない空間の、同じ個体であり、

私が処分した瞬間に、その個体も消え失せてしまうという・・・

正に、量子テレポーテーションそのものの様相を呈しているのではないか?

実は、

昔からある”神隠し”も、数例はそのようなことが原因ではないだろうか?

----------------

ふざけている訳ではありませんし、私は正気です。

我が家のナメクジ・テレポーテーション現象は真実なのです。

人生を掛けて研究する価値があると確信します。

もう、ノーベル賞どころの騒ぎじゃない!!

前澤さんでも堀江さんでも孫さんでもマスクさんでもゲイツさんでもいい。

私と、このナメクジの量子テレポーテーション研究に1000億円ぐらい

突っ込んで下さい。研究者を集めてもの凄い、真実を解明してみたい。

日本国政府でもいいです。5000億円以上必要かも。

とにかく、もう不思議でならない。

人類の飛躍的進歩は、量子テレポーテーションが切り開くのではないか?

全ての常識が変わってしまいますね・・・凄いことだわ・・・
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ