いづみ工房 〜ビーズの箱〜

仕事、家事のかたわらビーズアクセサリーを作成したり、
お菓子をつくったり、昔ながらの食生活をちょっと大事にしたり。
そんなわたしの世界をつづったブログです。

 

あなたは 番目のお客様です。
本日 
キリ番をGetされた方たち 


【作品集】(新しい順に掲載しています) 画像をクリックすると記事へ飛びます
           

お気に入りショップ

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Mail Box

Twitter

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:づみ
>kerokeroさん
そうなんです
やたら手を出せません

会津は猿多そうですものね

千葉は生息しない場所なのに
どこから来たのか…
一匹だし
かわいそうな感じです
投稿者:kerokero
サルも凶暴みたいですからね〜

夫は、会津時代、車で営業に出かけた際に、
よくサルに出くわして、

「会社に連れて帰って、仕事手伝わせようかと思った」と言ってました。

投稿者:づみ
>たいゆうさん
猿は頭いいですからね
一度わかってしまうとやりつづけますよね

お供え物を食べてしまうのは日曜茶番劇ですよね
でも考え方をかえれば腐った状態で長い間供えるよりいいかもよ

よく僧侶だった祖父が食べ物を供えたら、痛む前に下げなさいと言われていました
祖父のお寺ではよく乞食が供え物を食べてしまってましたが、祖父は供養になるといってました
投稿者:たいゆう
数年前まで父が管理していた山の別荘に猿が数匹、出没していました。別荘前のお地蔵さんにお供え物をして帰宅すると翌日には必ず消えてる・・・・・とか、別荘となりの使われていない温室の屋根に飛び移った時にガラスが割れて、それを面白がって何度もやってたと言っていました。

http://silver.ap.teacup.com/thelittlehouse/
投稿者:づみ
>Rooさん
元々猿が生息しない地域です
どこから来たのか
飼っていた猿かもしれないですね

むやみに餌をあげなければ猿も学習しないはず

昨日は姿見なかったみたいです

投稿者:づみ
>KYOさん
お母様のところの近くには実験場があったんですか?
猿と人とうまく昔は共存していたんですよね
でも善意の気持ちであげていた餌が仇になっている地域もありますよね

猿が悪いわけじゃないのにね

一匹みたいで
なんかかわいそうな感じです
仲間のいるところに戻れたらいいけど
もしかしたらいじめられ群れから離れたのかも知れないですね
投稿者:Roo
え〜、お猿さんですか?
どこから来たんでしょうねぇ?

そういえば、奈良かどこかも隣の町か市から山を下ってくるって言ってました。
食べ物が山から段々なくなっていくのが原因なんでしょうけどねぇ・・・。
お気をつけ下さい。

http://blue.ap.teacup.com/kiwi
投稿者:KYO
母が住む地域には昔サルを使った実験所みたいなのがあって、もうとっくの昔に閉鎖されてしまったのですがそこから逃げ出して野生化したサルが今でも出没します。
誰かを襲ったりといったひどい悪さはしないので駆逐もされていないようですが、山に食べるものが無くなったら凶暴になるかもしれないですよね。
元はといえば、おサルさんが悪いわけじゃないんですけどね・・・

メニュー

   

   【旬菜里】農家からの新鮮野菜を直送します。

   

   セシール

   DHCオンラインショップ

 

 

 

 

 

 

 

 

    
人気blogランキング


   DJ Stream

   
画像検索サイト 写リンク


いづみ工房(Shop)
◆作品一覧
 New作品ブログ
 リング
 ネックレス
 ブレスレット
 ピアス
 ストラップ
 ペット
 その他
Profile
掲示板
ビーズ友達紹介
BeadsBook
ビーズ情報
◆レシピ
 基本パターン
 花モチーフ
Shopリンク集
BLog リンク集

◆BlogPeople
私を登録  by BlogPeople
◆トラックバック・ピープル
『ビーズ people』


お客様訪問数

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ