時事ブログ「グースの勿忘草」

 ↑上のタイトルをクリックするとTOPページに飛びます。右系左系を問わずコメント、トラックバック大歓迎です。URLの提示など出典を明示していただければ引用は自由です。また、「○○ならば○○という結論になる」というような理論、考え方といったものに著作権はありませんから、同意できる部分は自己責任で、ご自分の意見として使っていただいてOK。

 


「時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また、理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、そのときこそ正義の女神はそのはかりの均衡を保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するであろう」
 ラダー・ビノド・パール判事の判決文より。
ランキング支援クリック受付中


カウンター(接続IP数)

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

別館・更新情報

朝日新聞

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:melmel
民主党が政権を獲りたいなら
自民党よりも右寄り・保守的になればよろしい。
そうして、自民党には不満があるが野党が売国党しかない、と諦めている層を取り込むのです。
左巻きの指示など共産党にでもくれてやればよろしい。
投稿者:勉強中
この場合の自衛権ってのは自国に属するモノが攻撃を受けた場合それを守る権利<要は反撃する権利です。集団自衛は日米どっちかが攻撃されたら相互に助け合えますよってことです。
投稿者:竹島
北朝鮮擁護の立場を取り、シンガンスの釈放嘆願書にも署名した、韓直人氏はまるでどこかの国の人。彼の言うことなんかを聞いていたら、国民の生命も財産もひとたまりもありません。
投稿者:クマのプータロー
おはつです。

根本的なことで申し訳ないんですが、「国連」への加盟そのものが集団的自衛権の行使にはならないんですか?
多国間で協力する枠組みとしては究極のものだと思うのですが・・・。

「自衛権」という言葉に神経質になりすぎて、本質がなんなのか見失っているように思います。
すべての国際協定は、安全保障と強く結びつきます。外交も防衛も同じ国際政治なのだという原点に日本は帰れないのでしょうか?
投稿者:ガルバルディΘ
鳩ポッポいうところの「保守」って、「=(55年体制)守旧」という意味以外の何物でもありませんな。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ