時事ブログ「グースの勿忘草」

 ↑上のタイトルをクリックするとTOPページに飛びます。右系左系を問わずコメント、トラックバック大歓迎です。URLの提示など出典を明示していただければ引用は自由です。また、「○○ならば○○という結論になる」というような理論、考え方といったものに著作権はありませんから、同意できる部分は自己責任で、ご自分の意見として使っていただいてOK。

 


「時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また、理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、そのときこそ正義の女神はそのはかりの均衡を保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するであろう」
 ラダー・ビノド・パール判事の判決文より。
ランキング支援クリック受付中


カウンター(接続IP数)

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

別館・更新情報

朝日新聞

カレンダー

2020年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:グース
まったりいきますんでよろしくお願いします。
投稿者:基準点
グースさん、お帰り!
戦列復帰を歓迎します。
皇国史観研究会のブログには日経社長の訪中について、中国側の記事では確認できるのに、日経にはどこにも出ていないことを指摘しています。
釣魚台で特別待遇を受けたようなのにどこにもその自慢が出てこないことが胡散臭いことこの上なしですね。
流行のハニートラップスペシャルバージョンでもご馳走になったのでしょうか?
私は、中国経済が赤信号の点滅になりそうな気配がしている今、中国進出をあおった日経としては何としても中国を支えなくてはならず、日本を中国の属国化することで日経の生き残りを図ろうとする売国的行為と見ています。中華民国経済新聞と改名を勧めたい。
投稿者:極右評論
このような問題を論理的に解明する、あなた様の手法に期待します。
戦線復帰大歓迎です。共に戦いましょう。


http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
投稿者:通りがかり
63.4.28 〔■〕 


■には「B」(丸の中に3)が入ると言われています。
富田長官の習慣だそうです。

なので、問題になった富田メモは、4頁目、

その前の頁は、3頁目ということではとのことです。

3頁目に丸1と丸2が使われている。
これが、話をちょっとだけややこしくしていますね。

気になるのが、1,2頁目です。
投稿者:納税者19号
待ってました! 日本人の品格向上のために今後とも宜しくお願いします!!
投稿者:ゆうゆ
お帰りなさい。毎日毎日保守点検(?!)していました。富田メモはまだまだ検証が必要です。不確実なメモがマスコミ・悪徳政治家(屋?)に悪用されないよう、そしてメモがひとり歩きしこのまま事実化され南京大虐殺・従軍慰安婦問題のようにならないようにするためにも検証をお願いします。インターネットをやっていない人々はマスコミの報道が正しいと思い込んでいる人が多いと思います。
投稿者:うお
お帰りなさい、グースさん。
待ちかねておりました。
続編を楽しみにしております。
投稿者:painless
お帰りなさい
天皇陛下のお言葉ではない、と信じている一人です
はっきりと理詰めで証明してください、期待しています
長いお休みでしたねえ
ボクシングでは唖然として開いた口が塞がりません
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ