時事ブログ「グースの勿忘草」

 ↑上のタイトルをクリックするとTOPページに飛びます。右系左系を問わずコメント、トラックバック大歓迎です。URLの提示など出典を明示していただければ引用は自由です。また、「○○ならば○○という結論になる」というような理論、考え方といったものに著作権はありませんから、同意できる部分は自己責任で、ご自分の意見として使っていただいてOK。

 


「時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また、理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、そのときこそ正義の女神はそのはかりの均衡を保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するであろう」
 ラダー・ビノド・パール判事の判決文より。
ランキング支援クリック受付中


カウンター(接続IP数)

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

別館・更新情報

朝日新聞

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:中畑
G2さんの反論コメントを楽しみに待っていたのに、残念です。
志が高いかどうかは知りませんが、何事にも常識と節度を理解する事が大切ですね。
投稿者:エピクロス
傭兵としてイラクで殺害された方の時と対応が違いますね、朝日さん。                退避勧告が出ている国に行くってことは      「下手すりゃ死にますよ」 ということなんですが・・
投稿者:海外より
海外に行けば自己責任の世界です。
自分で責任が取れないのであれば指示に従うのが当然のことであり、外務省から出ていた「退避勧告」を無視してでも現地に赴き誘拐され、政府に多大な迷惑をかけたわけですからそれをまずきちんと認識するべきでしょう。
2003年に私は台湾にいました。
SARSが流行った頃です。
SARSにかかる、かからないは自己責任です。
自己防衛はきちんとすべきなのです。
投稿者:586
>G2氏
志を持つのは、自分で自分のしたことの責任を取れるようになってからにしていただきたいと思うばかりです。

大体、売名行為・自殺行為としか思えないあのような行為を「志が高い」というのは、些か筋違いのような気も致しますが。今井氏と同年代の人間として、あの行いが「志が高い」とは到底思えません。
投稿者:ぞっとする
今井君を罵倒する感性こそがいたって正常なのであって、その罵倒を封殺する行為こそ恐ろしい。共産主義がばっこする社会にはしたくないものだ。
投稿者:たく
朝日を批判する者を批判していれば何かをしているという勘違いも困ったモンだなwww

朝日はよほどネットが憎いとみえるな。匿名=悪、だからネット=悪という論法を展開するんだろう。

部数激減、国民は笛吹けど踊らずじゃあ必死にもなるわな。
投稿者:平均
>G2さん
お優しいのは結構ですが、なぜ責められたのか、そういう経緯を全く無視して、責める側のみを一方的に批判するのは全然公平な視点ではないですね。

そもそもこのエントリーではそういうことを言っている訳ではないのに、今井君の擁護に論点を摩り替えるのは感心できません。
投稿者:G2
朝日が立派なメディアだなんて思っていませんが、
朝日を批判していれば何かをしているという勘違い
も、困ったものです(笑)
今井くんは確かに甘かったけれど、同世代の少年少
女より高い志を持ったわけです。それを大の大人が
罵った。とても誉められた話ではありません。
多くの海外メディアから批判されましたよね。最後
には、アメリカのパウエル長官まで今井君を庇いま
した。
少年の失敗を罵倒できるほど、自分が18才の時に立
派な生き方をしていたいのか。困難に挑戦して生き
てきた人間ほど、他人の失敗には寛容です。特に年
下に対してね。

http://mypeace.exblog.jp/
投稿者:jjjacs
朝日はネットの初期では逆の立場で同じようなことが沢山あったことを完全に無視している。
実際、サヨクが論破され続けたため立場の逆転が起こり現在の状況になった。
現在の視点だけでは正しい分析はできない。
って言うか、朝日は保守を悪役にしたいだけだから、ネット上の政治論争の変移を説明するつもりは更々無いんだろうが。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ