時事ブログ「グースの勿忘草」

 ↑上のタイトルをクリックするとTOPページに飛びます。右系左系を問わずコメント、トラックバック大歓迎です。URLの提示など出典を明示していただければ引用は自由です。また、「○○ならば○○という結論になる」というような理論、考え方といったものに著作権はありませんから、同意できる部分は自己責任で、ご自分の意見として使っていただいてOK。

 


「時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また、理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、そのときこそ正義の女神はそのはかりの均衡を保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するであろう」
 ラダー・ビノド・パール判事の判決文より。
ランキング支援クリック受付中


カウンター(接続IP数)

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

別館・更新情報

朝日新聞

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Kuantan
あほくさ。最高にくだらない記事ですね。「みるきくはなす」ってまだやってたんですね。
朝日の読者って、田舎の公務員とか教師とかが多く、馴れ合い体質なんですね。自分たちの暗黙の合意を確認するために読んでるようなのが多いと思う。
ブログって、コメントを受け付けるかどうかは自由ですよね。この弁護士も荒らされたくなかったら、コメント受け付けないか、取捨選択できるような設定にすればよかっただけじゃないですか。
いろんな異なった立場のブログが存在する自由はあるのだから、コメント拒否することは言論の自由とは関係がない。つまり、ブログのコメント欄はブログオーナーの著作権の及ぶ範囲であって、完全にブログオーナーの責任なんですね。
私は、どちらかといえば右よりなのですが、「タイが嫌い」というブログをやっています。それで、頭の悪い田舎右翼の中には、「タイは親日」だと妄想していて「タイ批判するのは朝鮮だ」とか決め付けて執拗に荒らしてくるのがるので、基本的にコメントを受け付けないようにしています。あまりくだらないコメントには相手をするのも馬鹿らしいし、好き嫌いで立場が違うものは議論しても仕方がないです。インターネットにアクセスできないところを旅行していることも多いので、その間に何を書かれているかもわからない。コメント欄に関しても管理者としての責任は生じるので、表示しないようにしています。私はコメントを受け付けないけど、私のブログを不快に思う人たちがたくさんいるのは重々承知しています。
この弁護士はなぜそれをしなかったか(コメントを拒否する設定にせず、あえてコメントを受け付け続けながら愚痴を言っているのか)。
ようするに、左翼にありがちなことですが、左向きのことを言っておけばみんなが自分を支持してくれるはずだという根拠のない確信があったのでしょう。自分の考えは「民主的」なものだから、それに異を唱えるのは右翼であり危険な思想に違いない。そういうものの存在自体が許せない。それで、不特定多数者からコメントをうけつけておきながら、荒らされたと朝日新聞になきついているわけです。朝日新聞も同じですが、彼らは、ある意味すごく日本的で田舎町的な、公民館的なれあい左翼なんですね。

http://iscariot.cocolog-nifty.com
投稿者:佐助
その昔、朝日は就職ランキングの上位に居座り続けていた。社員はきっと全員頭がいいかも・・・。
だから、こちらの弱みにつけこまれて騙されないように、よく注意しなければならない。
「俺よりいい暮らしをしている奴は許せない」とか「税金は払いたくない」とか考えている心の貧しい人間(普通の人)にはつけこまれるスキが多い。
投稿者:助信
この朝日の記事は、人権擁護法案を成立させるための闘争の一環。自分が被害者になって、世論的に反対者の意見を無視させようという企てでだろう。(レッテル貼りと言うんですか?)
小倉秀夫氏の写真はいい感じです。視線が人間性を物語ってます「軽蔑」というタイトルが浮かびました。
投稿者:@堀江
表現に自由を認めるならば、右翼でも左翼でもいいのではないか。左翼には表現の自由を認めて、右翼には表現の自由を認めないのか
投稿者:但馬屋
エントリーの内容がまともであれば、支持や援護のコメントが出てくるはず(当然匿名で)。まともでないから反対コメントが殺到し、きちんと説明できないから潰れていくだけ。管理人様のおっしゃるとおり、もし、問題となったエントリーが正しくて、間違った大多数のコメントに潰されたというなら、朝日新聞はそのエントリーの内容をこそオープンにして援護すべきでしょう。記事の最後に「あれはもはや、議論とは言えない」とありますが、議論もせず(大多数の)異質な意見を加害者のごとく印象操作する(しかも匿名で)朝日新聞に今更ながらあきれかえりますね。
投稿者:ASA
朝日新聞は新聞の名を語っているが、実質的に公器ではなく、左翼宣伝機関であるので、物事を客観視をすることができない。したがって批判を受け入れることができない。正しいと信じている自分たちの意見を批判するものは、全て、「右翼」としてしか見ることができない。
まともな新聞なら、意見を述べることよりも、先ず第1に、事実の把握が大事でしょう。自分たちの価値観に基づく予断と偏見で物事を見てはいけないのです。そしてその事実に基づいて意見(社説)を述べたものなら、傾聴に値します。
しかしながら、自分たちの価値観に基づく予断と偏見で物事を見ているので、事実を把握できない。したがって事実認識ができない。
当然、まともな意見(社説)を書けない、と言うことになります。
まあ、自分たちの価値観に基づく予断と偏見で物事を見ることなど、とても出来ないでしょうから、先ず、謙虚に批判を聞き入れると言うところから始めるべきでしょう。
投稿者:Neet
あれ・・・
名前欄が名無しでもHNあっても匿名ということに変わりないと思うが・・・
朝日はほんと馬(ry
投稿者:ネット市民
このblogはネット上でもっとも秀逸なblogのひとつだと思います。
今後も期待しています。
投稿者:たく
ホント朝日って逝ってるなw。異なる意見を認めずレッテル貼りしているのはお前らだろうが。全体主義国家によくある使い古された手だろ。

まあ、朝日なんてもはや嘲笑の対象でしかないのだが。あっ、ネタ元としての価値はまだあったか。
投稿者:たかし
レッテルはるのじゃなくて、理論だしてほしい。
大新聞なんだから。

ネットの力を馬鹿にしすぎ。新聞ももう終わりという
ことですね・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ