時事ブログ「グースの勿忘草」

 ↑上のタイトルをクリックするとTOPページに飛びます。右系左系を問わずコメント、トラックバック大歓迎です。URLの提示など出典を明示していただければ引用は自由です。また、「○○ならば○○という結論になる」というような理論、考え方といったものに著作権はありませんから、同意できる部分は自己責任で、ご自分の意見として使っていただいてOK。

 


「時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また、理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、そのときこそ正義の女神はそのはかりの均衡を保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するであろう」
 ラダー・ビノド・パール判事の判決文より。
ランキング支援クリック受付中


カウンター(接続IP数)

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

別館・更新情報

朝日新聞

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:納税者19号
ほんと いつも いつも 困ったもんだね!?

チョーニチ新聞 は ぁ 。
投稿者:ジェニュイン
世論誘導や情報操作ができなくなって必死だな朝日
結局本心は国民の言論統制・言論弾圧かよ
民主主義を思いっきり否定してどうすんのよ
どうりで親中・親韓なワケだ
投稿者:煬帝
既に慣れ切ってしまってる自分がいる。
朝日新聞には何も期待してないよ。
あ、一つだけ。
「早く潰れろ」
投稿者:きさらぎ賞
こういう風に記事を検証され、矛盾やレトリックを暴かれ、公に発表されるのが極左新聞にとっては本当に困るだろうな、なんせ大好きな「扇動」が最近全く出来てないし。
投稿者:ほしのあき、また豊胸した!Aカップの豊胸前、Fカップの豊胸後!
ほしのあき、また豊胸した!Aカップの豊胸前、Fカップの豊胸後!

http://asusu0310.269g.net/article/1790535.html
投稿者:あれあれ
度の過ぎたメールなんかは確かに「言論の暴力」だけど、つくる会教科書採択の時に同じかそれ以上の暴力行為をしていたのは、アサピーをはじめとする左派集団だったと記憶しておりますが…

他者を批判しても、自らを省みない。
それが朝日クオリティ。
投稿者:ほうじ茶
朝日は日本の新聞とは思えない売国新聞社だから、売国左翼記者たち共々、本社と北京に、支社を中国各地と韓国に移転してください。
マンガ嫌朝日とか出版されないかなぁw
投稿者:d
大笑いした記事です
この記事は実は中国韓国まるで関係ありませんw

ナショナリズムと書いていますがこれは純粋に中韓への不満と、今までの隠蔽ミスリードのマスコミに向けられた批判が基本となっています

ネットで情報の共有化が進み朝日がどう書こうとアッという間に化けの皮を剥されてしまい
今ではどんどん発行部数も落ちている
相手は匿名なものだから抑制も効かない
朝日からすればこれほど怖い相手はいない。

で、ナショナリズムにかこつけて朝日批判のネットを規制しろ!と政治家に泣きついているわけですよw

今頃、マスコミ大嫌いな麻生さん高笑いしていることでしょうねw
投稿者:cubic
>きしむ感情の歯車を回す「ポスト小泉」の英知が試される

 歯車ぜんぜんきしんでいませんけど?小泉首相も先の予算委員会で中国との関係を質され、「かつてないほど中国との交流は活発であると認識している」と述べていました。この事は統計により明らかです。
 また、感情の歯車とは、だれとだれの関係を指すのかよくわからない。先に述べたように中国と日本の民間交流はうまくいっている。民間交流の事でなければ政府間のことを言っているのか?たしかにうまくいっているとは言い難い。だが、感情的対立などはない。それがあると思っているのは朝日のヘボ記者だけだ。自分の思い込みを一般論みたいに言うのは感心しない。
 中曽根氏がいみじくも指摘しているように「中国は反日ナショナリズムで国を治めている」のである。国民に反日を煽り続ける事で、なんとか国家としての体裁を保っている。さもないと、国家のまとまりがとれず、収拾できない事態となる。中国の反日は統治に必要欠くべからざるものになっている。日本の首相や外務大臣はその辺をわきまえているから、大人の対応をして、いちいち反論せず、行動によって意思を表明している。決して感情的になっているのではない。
 「感情の歯車」??最後の結論部分だけみても、その意味不明ぶりから分るように、現状認識という点で常識から程遠い。この記事は、主観のみによって作られた幼稚な作文の域をでていない。
 
投稿者:佐々木
2ちゃんで見たときは、
「いくら何でもこんな釣りに筆禍ル物か」と思ったのだけれど・・・
朝日がどれくらい斜めをいくか読めなかった俺はまだまだ修行が足りない・・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ